パフェの語源とは?名前の由来はパーフェクト?定義やフランス語の表記も紹介!

多くの人達から愛されているパフェですが、パフェの語源・名前の由来を知っていますか?今回は、パフェの語源・名前の由来に加え、定義やサンデーとの違いも紹介します。パフェの日本・フランス間の違いも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パフェとは?定義ある?
  2. パフェの定義
  3. パフェとサンデーの定義の違い
  4. パフェの語源・名前の由来は?
  5. パフェの語源・名前の由来はフランス語のパルフェ(parfait)
  6. パフェは日本とフランスで違いある?
  7. パフェの語源・由来はフランス語だった!

パフェとは?定義ある?

パフェに似たデザートの1つに、「サンデー」があります。パフェもサンデーもグラスにアイスクリームやトッピングが施されているという点は同じです。この2つに明確な定義はあるのでしょうか。

パフェの定義

パフェの定義は、アイスクリームやフルーツ、ゼリー、シリアルなどを層の様に積み重ねて盛られたものになります。仕上げにチョコレートソースやホイップクリーム、ナッツなどをトッピングすることもあります。背の高いグラス製の器を使用することが多く、上品なデザートです。

パフェとサンデーの定義の違い

一方、サンデーの定義は、アイスクリームにフルーツソースをかけるなどシンプルなデコレーションが施されたものになります。パフェとサンデーの定義は、盛り付け方の特徴によって違いがあるようです。

ちなみにサンデーは、アメリカで誕生したデザートです。日曜日(Sunday)に愉しむデザートとして、沢山のアイスやフルーツが乗った贅沢なパフェよりも、シンプルなサンデーの方がよく売れたことからサンデーと呼ばれたとも言われています。

パフェの語源・名前の由来は?

パフェには、アイスクリームや季節のフルーツ、ゼリー等が使われており、その見た目や味は様々です。またグラスの器に背高く盛られており、その美しい姿から、完璧なデザートと言うイメージを持つ人が多いかもしれません。ところで、パフェの語源や名前の由来は何でしょうか。以下で解説していきますので参考にしてください。

パフェの語源・名前の由来はフランス語のパルフェ(parfait)

日本のパフェの語源は、フランス語のパルフェ(parfait)です。英語でパルフェを「パーフェイ」と発音し、日本で「パフェ」と呼ぶようになったそうです。英語のパーフェクト(perfect)と同じく、フランス語のパルフェは、「完璧な(デザート)」と言う意味を持ちます。

(*パフェの語源について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

パフェって英語じゃないの?なんて言う?発音の仕方〜名前の由来まで紹介!

パフェは日本とフランスで違いある?

実は、日本のパフェとフランスのパフェには違いがあります。日本でパフェと言えば、アイスクリームやフルーツがグラスの器に盛られていることが基本的です。では一体、フランスのパルフェと日本のパフェには何の違いがあるのでしょうか。

実は、フランスでパルフェと言えば、アイスクリームにソースやフルーツを添えてお皿の上に盛られているデザートを指すのです。シガレットと呼ばれる薄く焼いたクッキー生地を巻いたものやゴーフルを添えることもあります。基本的には同じ材料ですが、盛り付ける食器に違いがあります。フランスでは、この形が「完璧なデザート」として親しまれています。

パフェの語源・由来はフランス語だった!

日本のパフェの語源は、フランス語のパルフェだったのです。パーフェクトが語源であると言われていることも、あながち間違っていないのかもしれません。見た目は違いますが、パフェもパルフェも多くの人から愛されているパーフェクトなデザートと言えるでしょう。

関連する記事

×