金時の意味・由来とは?宇治金時など名前に「金時」がつく食べ物を紹介!

金時とはどんな意味があるのでしょうか?総じて赤いもの意味します。金時の名前を見たことのある人も多いでしょう。今回は、金時の意味・由来や〈芋・豆〉など「金時」がつく食べ物を紹介します。金時がきんぴらごぼうに関係しているのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 金時ってどんな意味がある?
  2. 金時とはどんな意味?由来は?
  3. 金時は総じて赤いものを指す
  4. 金時の意味は金太郎に由来する
  5. 金時がつく食べ物とは?何がある?
  6. ①金時豆
  7. ②金時人参
  8. ③金時芋
  9. ④金時餅
  10. ⑤宇治金時
  11. ⑥金時草
  12. 金時はきんぴらごぼうにも関係している?
  13. きんぴらごぼうは金時の息子である金平に由来している
  14. 金時には意外な意味・由来がある

金時ってどんな意味がある?

スーパーに陳列されている商品の中には、金時の表記がされたものを見かけることがあります。金時の意味はあまり知られておらず、詳しく説明できる人は少数でしょう。今回は金時の詳しい由来や意味のほか、金時の言葉がつく食べ物を紹介します。

金時とはどんな意味?由来は?

金時の名前がつく商品には様々な種類がありますが、意味や由来はどれも共通しています。以下では、スーパーでもよく見かける金時の意味や由来を詳しく紹介します。

金時は総じて赤いものを指す

金時と呼ばれるものは基本的に赤いものを指す名称で、食べ物だけでなく赤みを帯びた顔をした人に対しても使います。ただし、現在では金時は食べ物に対して使われる場合が多いです。金時は、特定の野菜の別名や略称として使われることもあります。

金時の意味は金太郎に由来する

金時の意味は、金太郎に由来する説が有力です。金太郎は平安時代に源頼光の家臣であった坂田金時の幼名で、数多の伝説を残した人物としても知られています。金時は幼少期から赤ら顔が特徴的であったことから、金時が赤いものを指す言葉として使われるようになったとされています。

金時がつく食べ物とは?何がある?

金時がつく主な食べ物は、以下の通りです。

・金時豆
・金時人参
・金時芋
・金時餅
・宇治金時
・金時草


日本には金時がつく食べ物には、人参や芋などの野菜のほか餅や宇治金時などのお菓子系などがあります。次項では金時のつく代表的な食べ物についてさらに詳しく紹介するので、味や産地などの特徴について知りたい人は参考にしてください。

①金時豆

金時豆はインゲン豆の一種で、大粒の豆を煮豆や甘納豆にして食べるのが一般的です。日本のインゲン豆のほとんどが北海道で生産されており、特に金時豆の生産量については1位を誇っています。一方で小豆はササゲの仲間で金時豆とは小豆違いのため、混同しないように注意しましょう。

②金時人参

金時人参は京人参とも呼ばれる人参の仲間で、正月前にスーパーで並ぶことが多い品種です。鮮やかな色合いが特徴的で、正月に食べられる煮しめや紅白なますに使われることが多いです。金時人参の別名は京人参ですが、京都での生産量よりも香川県の沿岸部での生産が盛んに行われています。

③金時芋

関連する記事

×