マイプロテインに虫が混入…現在は改善した?原因やその後を口コミで紹介!

マイプロテインに虫が混入した事件の原因を知っていますか?2021年現在の状況やなぜ起きたのか気になりますよね。今回は、〈プロテインバー・オートミール〉などマイプロテインの虫混入事件の原因や、返金対応など公式のその後の対応を、現在の状況とともに紹介します。マイプロテインの虫混入事件に対する海外の反応や今後は大丈夫なのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マイプロテインで虫の混入事件があったって本当?【動画】
  2. マイプロテインのプロテインバー・オートミールで混入が発覚
  3. ちなみにホエイプロテインなど粉末で虫の混入は確認されていない
  4. マイプロテインで虫が混入した原因は?なぜ起きたの?
  5. ①包装資材の不具合
  6. ②輸送時の高温状態
  7. ③海外と日本の食品審査基準の違い
  8. マイプロテイン公式の虫混入事件に対するその後の対応は?
  9. ①人体へのリスクはない旨を発表【1回目の声明】
  10. ②原因究明後に返金対応を実施【2回目の声明】
  11. マイプロテインのその後は?2021年現在の状況は大丈夫?
  12. 虫の混入などは確認されていない
  13. マイプロテインを使い続けたい場合に気をつけることはある?
  14. ①商品が到着後にすぐに中身を確認する
  15. ②高温多湿を避けて保存する
  16. ③開封後は密閉容器に移す
  17. ④チョコレートなど夏場に品質が悪化しやすい商品は避ける
  18. マイプロテインの品質が気になる方向けに代わりの商品を紹介!
  19. ①森永inバープロテインSuper
  20. ②UHA味覚糖SIXPACKプロテインバー
  21. ③ONEバークッキークリーム味
  22. マイプロテインで虫の混入事件が起きた経緯を抑えよう

マイプロテインで虫の混入事件があったって本当?【動画】

筋トレや健康に気を遣う人にとって欠かせないプロテインですが、マイプロテインはコストパフォーマンスや味の良さから日本でも人気のプロテインを多く扱っています。しかし、マイプロテインの中に虫が混入したことがSNSで取り上げられ、大きな問題になりました。今回は、マイプロテインの混入事件の詳細を紹介します。

マイプロテインのプロテインバー・オートミールで混入が発覚

マイプロテインの商品の中で虫の混入が発生したのはプロテインバーとオートミールからで、以下の虫の種類が発見されました。

・コナダニ
・チャタテムシ
・シバンムシ

マイプロテインは多くのプロテイン商品を出しており、プロテインバーも人気の商品の1つです。虫の混入が問題となったのはカーボクラッシャーと言う商品で、白い粉のような虫が生きたまま大量に混入した状態で見つかっています。

上記の動画でも小さな白い虫がプロテインバーの上をはっているのが確認でき、一見しただけでは気づかないため、食べてしまった人もいる可能性があります。虫の混入発生から問題の経緯に至るまでツイッターの口コミによって一気に拡散され、他のユーザーからも虫の混入の報告が相次いだことから品質を疑う声が大きく、問題となりました。

ちなみにホエイプロテインなど粉末で虫の混入は確認されていない

マイプロテインの商品の中で虫の混入発生が問題になったのは、プロテインバーからであり、粉末のプロテインでの虫の混入発生は確認されていません。ただし、虫自体も小さく粉末状のプロテインでは見つからなかった可能性もあり、粉末のプロテインの品質を疑いプロテインを全て黒い板の上などに出して確認する人もいました。

マイプロテインで虫が混入した原因は?なぜ起きたの?

出典:https://twitter.com/musclefitness86/status/1005354739419119616/photo/1

プロテインバーに虫が混入した商品は約3000箱と言われており、相当数であることがわかります。虫が混入したのはいくつかの原因が重なり、大きな問題となったようです。ここでは公式サイトの生命を引用しながら、虫が混入した原因を説明していきます。

①包装資材の不具合

マイプロテインの調査により、カーボクラッシャーに付着していた虫は包装資材の不具合であることがわかりました。プロテインバーはイギリスで製造され、アジア圏の中継地点としてシンガポールに委託倉庫を持っています。

プロテインバーを一度に運ぶための木製のパレットを調査したところ虫が大量発生おり、何らかの理由で包装資材の不具合で、そこから入り込んだのではという見解をしていました。しかし、プロテインバー以外にオートミールやその他の錠剤のサプリメントからも虫が発見されるケースがあり、商品全体の品質に懐疑的な意見もあるようです。

これらの調査結果によると、一部製品の包装シールの不具合と輸送中の高温状態が重なったことから、引き起こされた問題だと判断しております。製品の輸送時に、少量のコナダニがシールに侵入し、その後、委託倉庫の温度条件により、製品の保管時に増殖4したのではないかと現在のところ考えております。

マイプロテインーカーボクラッシャーに関するご報告

②輸送時の高温状態

プロテインバーが輸送されていた時期は高温状態になっており、虫が孵化しやすい環境になっていた可能性があります。シンガポールで付着した虫は高温多湿の環境で孵化しやすく、夏場なら日本でも孵化する可能性が高いようです。

また、シンガポールが拠点になってから、箱がボロボロの状態になって届くといった声もありました。このことから、より包装資材に穴が開きやすく、商品が高温多湿の環境に晒されやすかったと言えます。

調査の結果、一部のカーボクラッシャーのパッケージにコナダニやチャタテムシが侵入していたことが判明しました。この調査結果は、製品をイギリスからシンガポールに輸送する際に発生したことを強く示唆しております。

マイプロテインーカーボクラッシャーに関するご報告

③海外と日本の食品審査基準の違い

海外と日本の食品審査基準には大きな違いがあり、高温多湿の日本では虫やカビの発生が多いことから厳しい審査基準を設けています。しかし、マイプロテインの本社があるイギリスをはじめとした海外では、冷涼な気候のため虫やカビの発生はそれほど起きることはありません。

気候上製造過程で付いた虫が孵化することはなく、さらに虫自体が悪いものではないという認識であるようです。また他の食品であっても、日本で食品を作るうえで必須となる虫の卵を殺す機械も使っていないことも多くあります。そのため今回の問題でも、海外の反応はそれほど大きなものにはなっておらず、気にしていない人も多いようです。

カーボクラッシャーは、英国内にあるNutrition Groupによって製造されております。マイプロテインは、このNutrition Groupの製造施設を監査し、問題は製造過程で発生していないことを確認しております。通常56℃を超える製造工程では生き延びることができないためです。これをさらに裏付けるために、第三者の専門家は、ダニの成長には75%以上尾の湿度が必要であり、コナダニは湿度60%以下では生き残れないこと、また英国の湿度はこれ以下であることを指摘しております。

マイプロテインーカーボクラッシャーに関するご報告

マイプロテイン公式の虫混入事件に対するその後の対応は?

出典:https://twitter.com/OriginnBenntoo/status/1236949023119949824/photo/1

マイプロテイン公式の虫が混入した事件に対するその後の対応を見てみましょう。マイプロテインは虫の混入事件が発生したときに、2回の声明を出しています。一度の謝罪では済まなかった理由は何でしょうか。2つの謝罪の内容を詳しく説明します。

①人体へのリスクはない旨を発表【1回目の声明】

マイプロテインは、1度目の声明で以下のような声明を出しています。

・虫が発生したのは輸送の段階で付いたもので製造過程では発生していない
・品質管理は徹底しているので製造過程で発生することはない
・虫が発生しても人体へのリスクはない
・混入の可能性のある人には個別に連絡をする


こうしてみると非常に不誠実な対応であり、マイプロテインのツイッターも炎上してしまいます。人体へのリスクはないとしていましたが、食べると経口ダニアレルギーが発生してしまい、一生付き合っていかなければいけない可能性もあるようです。炎上の流れを受けて、マイプロテイン側はアカウントを特定の人しか閲覧できないように、鍵をかけてしまいました。

さらにこの問題に関しての説明は、公式サイトのわかりにくい場所に表示されていること、ツイッター以外の公式アカウントでは何も触れていなことも問題となります。このことから、さらにユーザーに不信感を与えることとなってしまいます。

②原因究明後に返金対応を実施【2回目の声明】

マイプロテインは炎上後に、再び以下のような声明を出しました。

・外部機関である機関に調査を依頼
・異物混入の報告は4名の顧客から
・製造施設監査は問題はなかった
・シンガポールの倉庫のパレットの数枚が虫に侵食されていた
・アジア圏の該当顧客には全額返金
・クレジット付与も個別に対応


マイプロテインを製造しているイギリスでは、プロテインバーについていた虫は湿度が低く生き残れません。また、製造するうえで非常に高い高温となることも製造過程でつくことはないという理由となっています。この流れで返品は受け付けないまま、全額返金という形で対応することとなりました。

また、品質の改善として輸送中は冷蔵したうえで輸送すること、外部からの侵入がないように包装の材質の見直しなども声明に上げています。

マイプロテインのその後は?2021年現在の状況は大丈夫?

出典:https://twitter.com/aki51919670/status/1126804360959221760/photo/1

マイプロテインの、その後はどうなっているでしょうか。現在日本でもマイプロテインを使い続けている人は多くいます。ここでは2021年現在のマイプロテインの、虫の混入などの問題は大丈夫かどうか紹介します。

虫の混入などは確認されていない

マイプロテインの商品に虫が混入したと問題が発生してから、購入してから確認する人が多くなりましたが、現在は虫の混入は確認されていないようです。現在マイプロテインは包装資材を虫が発生した時のものは使用しておらず、プラスチック製の穴の開きにくいものに切り替えています。

マイプロテインを使い続けたい場合に気をつけることはある?

出典:https://twitter.com/tokyonuenue/status/1308048863509446661/photo/3

マイプロテインは、たんぱく質やその他の栄養含有量が優れており、日本でも筋トレやダイエットをしている人にはいまだ人気の商品です。日本と海外の衛生管理面の違いでの問題であることから、他の海外のプロテインを使い続ける場合にも参考にしてください。

①商品が到着後にすぐに中身を確認する

マイプロテインの商品が届いたら、到着後にすぐに中身を確認するようにしましょう。プロテインバーに虫が発生していた問題が起きてから、マイプロテインはさまざまな改善を行っていますが、現在でも対応や品質に対し不安視する声や対応が少なくないようです。中身をすぐに確認することで、虫などの異物を混入を見つけても、対応や解決がスムーズに行えます。

②高温多湿を避けて保存する

マイプロテインに限らず、食品を高温多湿の場所に置いておけば虫やカビなどが繁殖しやすく食べられなくなってしまいます。プロテインバーの場合はチョコレートを使用していることも多く、高温多湿の環境下では溶ける原因にもなります。粉末プロテインの場合も同様に、購入後は乾燥した涼しい場所で保存しましょう。

③開封後は密閉容器に移す

どんなにマイプロテインが虫の混入を防ぐ改善をしていても、保存している状態が悪ければ虫は混入していしまうため、開封後は密封容器に移して使用しましょう。特に袋入りの商品は穴が開きやすく、虫が侵入しがちです。プロテインバーはチョコレートがついていることが多いため、溶けないように冷蔵庫で保存するのも良い方法と言えます。

④チョコレートなど夏場に品質が悪化しやすい商品は避ける

プロテインバーはチョコレートが使われていることが多いですが、夏場は品質が落ちてしまいやすいため避けた方が無難です。たしかにプロテインバーは美味しく手軽にたんぱく質を摂取できますが、夏はコンビニなどでその都度購入するか、粉末のプロテインと水を持ち歩くのがおすすめです。

マイプロテインの品質が気になる方向けに代わりの商品を紹介!

マイプロテインの品質が気になっている場合に代わりの商品は何かないのでしょうか。マイプロテインのカーボクラッシャーは、たんぱく質の含有量が約21g含まれているため、それに近いたんぱく質含有量のプロテインバーをいくつか紹介します。

①森永inバープロテインSuper

出典:https://item.rakuten.co.jp/ladies-online-shop/10017161/?iasid=07rpp_10095___ef-kx13dm01-bi1n-c873f5ad-1c12-47fe-aed4-ebe1cf6f4026

inプロテインsuperは、通常のinプロテインよりも多くプロテインバーが含まれています。コンビニや、スーパーでも見つけられるため、手軽に購入して食べることも可能です。日本製のため、品質や衛生面が行き届いた製造をしていることも、安心できる理由の一つと言えます。

森永 inバープロテインSuper クランチチョコ

②UHA味覚糖SIXPACKプロテインバー

出典:https://item.rakuten.co.jp/hikarisp/uha-90071-n-s/

こちらも品質の高い日本の企業から販売しているたんぱく質が20g入ったプロテインバーで、糖質が低いのが魅力です。やり方にもよりますが、プロテインバーはダイエット中の場合、糖質の調整がしにくくなるといった問題もあります。プロテインバーでは、できるだけたんぱく質だけを摂取したい場合にはおすすめの商品です。

UHA味覚糖 SIXPACKプロテインバー キャラメルピーナッツ

③ONEバークッキークリーム味

出典:https://item.rakuten.co.jp/spsouth/788434108386/

ワンバーはアメリカのプロテインバーであり、砂糖を1gしか使用していないことからこの名前が付けられています。たんぱく質量も20gと高たんぱくであり、日本のプロテインバーにはない味も多く種類も豊富です。通販でまとめて購入して保存しておけば、栄養補給に手軽に食べられます。

ワンバー ONEバー クッキークリーム味

マイプロテインで虫の混入事件が起きた経緯を抑えよう

マイプロテインで虫が混入した問題は、日本と海外の衛生管理面の価値観の違いからでした。海外では特に問題になっていないことを考えれば、輸入食品を今後購入するのはためらう人もいることでしょう。今回の問題の経緯を知っておき、食品を選ぶ時の判断材料にしてみてください。

関連する記事