生麩の食べ方は?そのままでも美味しい?活用レシピ15選も紹介!

生麩の食べ方はそのままでも良いのでしょうか?美味しく食べられるのか気になりますよね。今回は、生麩の食べ方はそのままでも美味しい味付けのおすすめを紹介します。生麩の<焼く・茹でる・煮物>などの活用レシピ15選も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生麩の食べ方は?そのままでも美味しい?
  2. 生麩はそのままでも美味しく味わえる
  3. ただし生麩は味付け・調理して食べるのが一般的
  4. 生麩のそのまま食べる時におすすめの味付けは?
  5. 生麩の味付け【お刺身編】
  6. 生麩の味付け【デザート編】
  7. 生麩の食べ方は焼く・茹でるのもおすすめ!活用レシピ15選を紹介!
  8. ①生麩の田楽
  9. ②生麩の煮物
  10. ③生麩の揚げ出し風おつまみ
  11. ④生麩と三つ葉のお吸い物
  12. ⑤生麩の肉巻き
  13. ⑥生麩入りトマトパスタ
  14. ⑦生麩の串カツ
  15. ⑧生麩とレンコンの甘辛炒め
  16. ⑨焼くだけ生麩
  17. ⑩生麩のオニオングラタンスープ風
  18. ⑪生麩のわらび餅風
  19. ⑫生麩の唐揚げ
  20. ⑬生麩のチーズカナッペ
  21. ⑭生麩の天ぷら
  22. ⑮生麩のステーキ
  23. 生麩の食べ方はそのままでも美味しい

生麩の食べ方は?そのままでも美味しい?

生麩はもちもちとした食感が特徴的なお麩の一種ですが、どのように食べるのが正しいのでしょうか。ここでは生麩の食べ方について、そのまま食べられるかどうかについても触れながら解説します。

生麩はそのままでも美味しく味わえる

生麩は小麦粉と食塩水を練ることで出てくる小麦グルテンを蒸して作ったもので、加熱されているのでそのまま食べることもできます。そのまま食べるともちもちとした食感で、噛むたびに素材の旨味が口の中に広がるのが特徴です。特によもぎなどを生地に練りこんである生麩であれば、そのまま食べることで風味豊かな味わいを楽しめるでしょう。

ただし生麩は味付け・調理して食べるのが一般的

生麩はそのまま食べても美味しいですが、一般的には味付けしたり調理したりして楽しまれています。味付けや調理を施すことで生麩の良さがより一層引き出され、味わいや食感にも色々なバリエーションが生まれるでしょう。

生麩のそのまま食べる時におすすめの味付けは?

生麩をそのまま食べる際におすすめの味付けとしてはどのようなものがあるでしょうか。ここでは生麩の美味しい味付けの仕方を、お刺身の場合とデザートの場合に分けて紹介します。

生麩の味付け【お刺身編】

生麩をお刺身のように味わう場合には、以下の調味料で味付けするのがおすすめの食べ方です。

・塩
・わさび
・醤油

生麩は薄めにスライスして刺身のようにする食べ方もおすすめで、その場合には素材の味を邪魔しない塩や醤油を付けて食べると美味しいです。また、香りの良いわさびも生麩の美味しさを引き立てるので、少量付けて味わってみると良いでしょう。

生麩の味付け【デザート編】

生麩は甘い味付けをしてデザートのように味わうのもおすすめで、以下のような食材がよく合います。

・あんこ
・アイスクリーム
・きなこ

生麩はお餅に近い食感なので、あんこやきなこを添えて食べると和菓子のように楽しむことができます。そのほかにもアイスクリームとも良く合い、特に抹茶アイスのような和風のアイスは相性抜群です。

関連する記事

×