プリンは何歳から?赤ちゃんに安全な与え方や市販商品のおすすめも紹介!

プリンは何歳からを食べられるか知っていますか?〈1歳・1歳半・2歳〉など乳児・赤ちゃんに与えてもいいか気になりますよね。今回は、プリンがいつから食べられるかを与える際の〈懸念点・注意点〉紹介します。プリンによるアレルギー症状・対処法や何歳から与えたかの口コミ紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. プリンは何歳から?赤ちゃん・乳児はいつから食べられる?
  2. 市販のプリンを赤ちゃん・乳児に与えるのは1歳が目安
  3. 手作りプリンは7〜8ヶ月以降が目安
  4. プリンを子供に与える際の懸念点は?
  5. ①卵・牛乳アレルギー
  6. ②糖分量
  7. ③コーンスターチ
  8. ④植物油脂
  9. プリンを子供に与える際の注意点は?
  10. プリンを1度に食べ過ぎない
  11. プリンを食べて卵・牛乳アレルギーだった場合の症状・対処法は?
  12. プリンを食べて卵・牛乳アレルギーだった場合の症状・対処法は?
  13. プリンは何歳から子供に与えた?【先輩ママの口コミ】
  14. 赤ちゃん・子供向きの安全なプリンを紹介!
  15. ①キユーピーベビーフード バナナプリン
  16. ②植物生まれのプッチンプリン
  17. ③【お砂糖不使用】NIPPONのプリン
  18. 赤ちゃん・乳児に向けの安全な手作りプリンのレシピは?
  19. ①シンプルなプリン
  20. ②かぼちゃプリン
  21. プリンは何歳から食べられるか把握しよう

プリンは何歳から?赤ちゃん・乳児はいつから食べられる?

プリンは柔らかく食べやすいので、離乳食に使いたいと思う人もいるかもしれません。卵や牛乳・砂糖で作られるプリンは、赤ちゃんや乳児は何歳から食べられるのでしょうか。今回は、プリンが何歳から食べられるのかを解説するので、食事を考える際の参考にしてください。

市販のプリンを赤ちゃん・乳児に与えるのは1歳が目安

以下のような市販のプリンを食べさせるのは、赤ちゃんや乳児が1歳を過ぎてからにしましょう。

・モロゾフ
・シャトレーゼ
・パステル
・プッチンプリン
・アンパンマンのプリン


モロゾフやシャトレーゼ・パステルなどのケーキ屋で買えるプリンや、プッチンプリンなどスーパーで買えるプリンは、大人が楽しむことを前提に作られています。使用される砂糖の量も多く、食品添加物も含まれているので、赤ちゃんが食べるのは不向きです。

市販のプリンは1歳半から2歳頃が目安ですが、アンパンマンのプリンは1歳から5歳までの子供を対象にして作られたプリンなので、離乳食完了期になる1歳頃から食べられます。

手作りプリンは7〜8ヶ月以降が目安

赤ちゃんにケーキ屋やスーパーで買える市販のプリンを与えるのは1歳頃が目安ですが、手作りのプリンは7~8ヶ月頃から食べさせることができます。手作りプリンの代表的な材料は砂糖・牛乳・卵の3種類で、余分な食品添加物は含んでいません。砂糖の量なども調節できるので、1歳未満の赤ちゃんに与えたい時は手作りするようにしましょう。

プリンを子供に与える際の懸念点は?

プリンを小さな子供に与えるのは、健康面が心配な人もいるかもしれません。ここでは、子供にプリンを食べさせる際の懸念点を詳しく解説します。

①卵・牛乳アレルギー

プリンに使われている卵や牛乳は、アレルギーを引き起こす原因物質となる食材なので、小さい子供に食べさせる時は注意が必要です。卵は離乳した赤ちゃんの食物アレルギーのなかでも、特に発症率の高い食材です。牛乳は卵の次にアレルギーの発症が多い食材なので、心配な場合は病院で検査を受けることをおすすめします。

また、初めて食べた時に何ともなくても2回目にアレルギー症状が出ることもあるので、少しずつ様子を見ながら与えるようにしてください。

②糖分量

糖分量の多いプリンを頻繁に赤ちゃんに食べさせると、虫歯や肥満のリスクが高まることも懸念すべき点のひとつです。

特に砂糖を焦がして作るカラメルソースは、子供や赤ちゃんには取り除いてから与えるようにしましょう。子供の味覚は3歳頃までに発達すると言われているため、濃い味付けや強い甘みに舌を慣れさせないようにするのが健康な成長を促すポイントです。

③コーンスターチ

市販のプリンはコーンスターチによって固められている製品があることも、注意するべき点のひとつです。また、カラメルのとろみづけにコーンスターチが使われている場合もあります。コーンスターチを使用したプリンは、とうもろこしアレルギーの子供は食べられません。

コーンスターチの原料に、遺伝子組み換えのとうもろこしを使用している可能性もあります。遺伝子組み換え作物による健康への悪影響は明確にはわかっていませんが、赤ちゃんに食べさせるのは控えた方が無難です。

④植物油脂

市販のプリンには口当たりを良くするために植物油脂が使われている場合もありますが、油脂は消化するのに胃腸に負担がかかるので、赤ちゃんには不向きな食材です。

植物油脂の中に含まれているトランス脂肪酸は、動脈硬化やコレステロール値の上昇などを引き起こす可能性も指摘されていて、欧米では摂取を規制している国もあります。日本では特に規制はされていませんが、心配な場合は赤ちゃんに与えるのは避けてください。

プリンを子供に与える際の注意点は?

関連する記事

×