クリームチーズの賞味期限はどれくらい?開封後・未開封の比較や保存で日持ちさせるコツなど紹介!

クリームチーズの賞味期限はどれくらいか知っていますか?今回は、クリームチーズの賞味期限を<開封後・未開封>別に比較して、期限切れでも食べられるのかなど紹介します。クリームチーズの日持ちする保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. クリームチーズの賞味期限はどれくらい?
  2. ①未開封の場合
  3. ②開封後の場合
  4. クリームチーズの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  5. 賞味期限の定義
  6. 品質に問題なければ食べられる
  7. クリームチーズの賞味期限が切れたらどうなる?腐る?
  8. ①賞味期限切れて1ヶ月後
  9. ②賞味期限切れて2〜3ヶ月後
  10. ③賞味期限切れて半年後
  11. ④賞味期限切れて1年以上
  12. クリームチーズの賞味期限を伸ばす保存方法は?
  13. ①冷蔵庫で保存する方法・期間
  14. ②冷凍保存する方法・期間
  15. クリームチーズの賞味期限に注意しよう

クリームチーズの賞味期限はどれくらい?

クリームチーズは滑らかな舌触りと程よい酸味で、老若男女から非常に人気の高いチーズです。他の種類のチーズと比較すると水分が多いため、パンに塗ったりケーキの材料に使われますが、どれくらい日持ちするのでしょうか?

①未開封の場合

メーカーによってやや異なりますが、クリームチーズの賞味期限は未開封の場合でだいたい4~8ヶ月程度で設定されています。クリームチーズは発酵食品のチーズの中でも熟成されないフレッシュチーズの一種で、水分量が多いため腐りやすく、他のチーズと比べると賞味期限も短めです。

②開封後の場合

クリームチーズは他のチーズよりも柔らかいので腐るのも早く日持ちもしないため、開封後は1週間以内で食べ切ることを推奨されます。クリームチーズは一度で使い切ることは少ないので、使うときに雑菌が混入したり、常温に放置すれば1週間以内であっても、傷み始める場合もあります。

開封して1週間以内であれば見た目の変化があっても、色の変わった部分を取り除き確認して食べるか、どうしても気になる場合は食べるのはやめましょう。

クリームチーズの賞味期限切れはいつまで食べられる?

冷蔵庫に入れたまま、使い忘れて賞味期限を過ぎてしまった場合、いつまで食べられるのでしょうか?賞味期限の意味や賞味期限を過ぎたときの安全性について見てみましょう。

賞味期限の定義

賞味期限とは、未開封で指定の方法で保存した場合に、品質が変わらず美味しく食べられる期限を指し、美味しさの判定はメーカーの検査員が判断します。一方、消費期限は賞味期限と同様の条件で、安全に食べられる期限を指します。

どちらも複数の検査を通して味の変化か安全が確認された日数に、安全係数という1未満の数字をかけることで、更に短い日数が設定されます。そのため、多少期限が過ぎても、すぐに腐り出す・品質が劇的に劣化することはないので、問題なく食べられることが多いです。(※1)

品質に問題なければ食べられる

クリームチーズの場合は、消費期限ではなく賞味期限が設定されています。そのため、期限が切れたからといってもすぐに腐る、すぐに食べられなくなるという可能性は低いです。見た目や味など、品質に異常が無ければ食べても問題ありません。(※2、3)

(※次の項目で実際に腐ったらどうなるのか紹介しているので、参考にしてみてください。)

クリームチーズの賞味期限が切れたらどうなる?腐る?

賞味期限切れのクリームチーズはどのように変化するのか、傷んでゆく過程を未開封のクリームチーズを冷蔵保存した場合の変化で確認してみましょう。

①賞味期限切れて1ヶ月後

賞味期限が切れて1ヶ月のクリームチーズです。

・臭いなどの変化なし
・見た目も変化なし
・味は賞味期限内のものと比較すると少し味が落ちる

関連する記事