昆布の賞味期限切れはいつまで使える?白い粉はカビ?日持ちする保存法も紹介!

昆布の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、昆布の賞味期限を〈乾燥昆布・生昆布〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。昆布の日持ちする保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 昆布の白い粉はカビ?
  2. 白い粉は甘味成分の「マンニット」 
  3. 昆布の賞味期限はどのくらい?
  4. ①乾燥昆布の賞味期限(1年〜3年)
  5. ②生昆布の賞味期限(約1〜2日)
  6. 昆布の賞味期限切れはいつまで使える?
  7. 賞味期限の定義
  8. 乾燥昆布はカビや風味の劣化がなければ使える
  9. 昆布の日持ちする保存方法は?
  10. ①乾燥昆布の保存方法
  11. ②生昆布の保存方法
  12. 昆布だしの賞味期限や保存方法は?
  13. ①冷蔵保存する場合
  14. ②冷凍保存する場合
  15. 昆布の賞味期限に注意しよう

昆布の白い粉はカビ?

昆布の表面につく白い粉の正体はカビなのでしょうか?食べても平気なものなのか白い粉について説明します。

白い粉は甘味成分の「マンニット」 

昆布の表面につく白い粉は「マンニット」という糖の甘味成分のひとつです。昆布にもともと含まれる成分で、昆布の中の水分が乾燥する時に一緒に甘味成分が出てくることで白い粉になります。また、長期間保管していると湿度によって水分を吸収してしまうので、それが再び乾燥を繰り返すことによってマンニットが表面に出てきます。

カビとマンニットは見た目ではどちらも白いので見分け方が難しいですが、白い部分の臭いを嗅いでカビ特有の臭いがなければマンニットですので安心して食べて下さい。

マンニットは甘味成分ですので、だしをとる時は洗い流したりせずそのまま使えます。溶け出したうまみ成分によって、だしが濁る場合がありますが問題ありません。マンニットを落とさずに昆布表面の汚れだけを取りたい場合は、固く絞った布巾で軽く拭くといいでしょう。

昆布の賞味期限はどのくらい?

昆布は長期間保存する場合が多いですが、賞味期限について知っていますか?乾燥昆布と生昆布の賞味期限をそれぞれ解説します。

①乾燥昆布の賞味期限(1年〜3年)

乾燥昆布は長期間保存できるので、賞味期限を1年と記載しているものが多いです。袋詰めから1年以内であれば、風味の劣化などもなく食べることができます。ですが、昆布は賞味期限の1年よりも寝かせると美味しくなるとも言われています。記載は1年となっていますが、適切な保存方法で保管していれば少なくとも3年は劣化せずおいしく食べられるそうです。

②生昆布の賞味期限(約1〜2日)

生昆布は乾燥させていないためあまり日持ちしません。数日しか日持ちがしないため、食べきってしまうのが良いですが、すぐに食べきれない分は冷凍保存がおすすめです。また、生昆布を乾燥させて自家製の乾燥昆布にしてしまうという方法もあります。

昆布の賞味期限切れはいつまで使える?

賞味期限が切れた昆布はいつまで使って大丈夫なのか、賞味期限の定義とともに説明します。

賞味期限の定義

食品にはそれぞれ「食品期限表示の設定のためのガイドライン」に基づいた賞味期限や消費期限が設定されています。賞味期限と消費期限は、未開封の状態で適切な保存状態で「品質が変わらずに美味しく食べられる期限(賞味期限)」と「安全に食べられる期限(消費期限)」です。(※1、2)

水分やpHなどを調べる理化学試験、菌の有無を調べる微生物試験、食味や食感を調べる官能評価という科学的な検査が行われます。その検査の結果、問題のない最大の日持ち期間に安全係数(おおよそ0.7~0.8)をかけた日数が実際に表示される賞味期限、消費期限です。(※3)

消費者が安全に食べることができるように最大の日持ち期間よりもゆとりを持って定められているため、期限より1〜2日程度すぎても問題なく食べられることが多いです。

乾燥昆布はカビや風味の劣化がなければ使える

賞味期限の定義から、表記されている賞味期限が1年の乾燥昆布は、正しく保存されていれば1〜2ヶ月過ぎても品質に問題なく使えることがわかりました。

また、昆布は寝かせることでおいしくなるとも言われています。羅臼昆布や利尻昆布などは、「囲い」という昆布を寝かせる作業を数年行うことで繊維が柔らかくなり、だしが出やすくなるそうです。

市販の昆布もカビが発生したり、風味が劣化しないよう適切な保存をしていれば1年を過ぎても長期間保存し使うことができます。

昆布の日持ちする保存方法は?

昆布を日持ちさせる保存方法はどんな方法があるのか、ポイントを絞って紹介します。

①乾燥昆布の保存方法

乾燥昆布を保存する際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

・無臭の保存容器を用意する
・昆布の塩分で錆びる恐れがあるため金属製の容器は避ける
・温度や湿度の変化が少ない冷暗所で保存


昆布は、匂いを吸収しやすいため、匂いのないガラスやプラスチックの容器、またはジッパー付きの保存袋などに入れしっかり封をして保存しましょう。

冷蔵庫は他の食品の匂いや湿気を吸ってしまったり、出し入れによる温度変化で湿気が発生することがあるので、入れる必要はありません。湿気や水分が気になる人は容器に昆布と一緒に乾燥材も入れて戸棚などの冷暗所に置いておくと湿気の多い時期でも安心です。

②生昆布の保存方法

生昆布はそのままでは日持ちがしないので、食べきれない分は早めに冷凍保存しましょう。まず生昆布をよく洗い水気を切ります。食べやすい大きさに切り、プラスチックの保存容器やフリーザーバッグなどに入れて空気をしっかりと抜き冷凍庫で保管します。冷凍保存した場合は約1か月を目安に食べきりましょう。

昆布だしの賞味期限や保存方法は?

昆布だしの作り置きをする場合の賞味期限や保存方法について紹介します。

①冷蔵保存する場合

昆布だしは冷蔵ならおよそ2~3日ほど保存できます。お茶を入れる冷水筒やきれいなペットボトルなどに入れておくと使いやすく便利です。その際は、冷蔵庫に入れる前に荒熱をしっかりとること、だしをとった昆布を取り出すことを忘れずにしておきましょう。

はじめから作り置きしておく予定であれば、数時間~一晩、冷水筒やペットボトルに水と昆布を入れ、そのまま冷蔵庫に保存しておき、好みのタイミングで昆布を取り出す水出しの方法がおすすめです。水出しの昆布だしは煮出した時に比べてあっさりとしていますので料理によって使い分けるのも良いでしょう。

②冷凍保存する場合

冷凍保存であれば、2~3週間保存できます。製氷機に入れて凍らせておくと解凍しなくてもそのまま料理に使えるので便利です。冷凍のまま使う時はだしをとる時に少し濃いめに煮出しておくと良いでしょう。

製氷機で凍らせている間、冷凍庫内で空気に触れて他の食品の匂いを吸ってしまうので、凍ったことが確認できたら早めに密閉容器やフリーザーバッグなどに移し替えるよう注意してください。

昆布の賞味期限に注意しよう

昆布は紹介したように長期保存がきいて作り置きもできる便利な食材です。賞味期限は切れていても十分使うことができますが、カビとマンニットの見分けは見た目ではわかりづらいので注意が必要です。適切な保存方法で昆布を美味しく食べましょう。

関連する記事

×