焼きそば生麺の賞味期限切れはいつまで大丈夫?腐敗の見分け方や保存のポイントを紹介!

焼きそばの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、焼きそばの賞味期限を〈蒸し麺・ゆで麺〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。焼きそばの日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 焼きそば(生麺)の賞味期限はいつまで?
  2. ①蒸し麺の場合
  3. ②ゆで麺の場合
  4. 焼きそば(生麺)の賞味期限切れはいつまで食べられる?
  5. 賞味期限の定義
  6. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  7. 焼きそばの賞味期限が切れて腐るとどうなる?
  8. ①匂い
  9. ②見た目
  10. ③味
  11. 焼きそばの日持ちする保存方法は?
  12. 長期保存は冷凍がおすすめ
  13. 冷凍焼きそば麺の解凍方法
  14. 焼きそばのソース粉末はいつまで日持ちするの?
  15. 未開封であれば半年ほど日持ちする
  16. 焼きそば麺のアレンジレシピも紹介!
  17. ①オムそば
  18. ②海鮮堅焼きそば
  19. ③タコライス風焼きそば
  20. ④ざるラーメン
  21. ⑤ペペロンチーノ焼きそば
  22. 焼きそばの賞味期限に注意しよう

焼きそば(生麺)の賞味期限はいつまで?

焼きそばにはカップ麺の様に水分を飛ばしたタイプもありますが、生麺タイプもあります。生めんタイプの焼きそばの賞味期限は、どれほどあるのでしょうか。家庭でよく使用される蒸し麺タイプと、ゆで麺の場合に分けて紹介します。

①蒸し麺の場合

焼きそばの蒸し麺は噛み応えがあり、少々癖があるのが特徴です。蒸し麺の賞味期限はそれ程長くは無く、冷蔵保管した未開封の物でも3日程しか持たない物もあります。メーカーによっては2週間程日持ちするタイプもあるので、ストックしておきたい場合は賞味期限が長い物を選んで購入すると良いでしょう。

②ゆで麺の場合

ゆで麺は業務用として販売されていることが多く、ゆでることでかん水が流れるので柔らかく、癖が少ないといった特徴があります。ゆで麺の賞味期限は、製造後4~10日程となっていることが多い様です。

蒸し麺よりも期限が短めの傾向にあるので、日持ちさせたい場合は注意しましょう。こちらもメーカーによって長期保存できるタイプがあり、長い物だと4か月程常温保存出来る物もあります。

焼きそば(生麺)の賞味期限切れはいつまで食べられる?

続いて、賞味期限が切れてしまった焼きそばの生麺はいつまで食べられるかを見ていきましょう。まずは、賞味期限の定義から順番に紹介します。

賞味期限の定義

賞味期限は、正しく保存した場合に美味しく食べられる期間の事を指します。期限を設定する際には試作品による検査を行いますが、この検査結果に安全係数をかけたものが賞味期限として表示されます。安全係数はおよそ0.8なので、賞味期限が過ぎてもしばらくは食べても問題ありません。

また、賞味期限と似ているものに消費期限もあります。消費期限は消費期限とは違い、その食物を安全に食べられる期間の事を指しています。消費期限は傷みやすい物に表示されるので、期限が過ぎた物は食べない方が良いでしょう。(※1)

賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる

上記で紹介した様に、賞味期限は少し短めに設定されているので腐っていなければ食べることができる様です。蒸し麺などは腐ると見た目や匂いなど分かりやすい変化が現れるので、心配な際は食べる前によく確認しておきましょう。焼きそばの麺が腐った時の特徴については、以下で詳しく紹介します。(※2、3)

焼きそばの賞味期限が切れて腐るとどうなる?

ここからは、賞味期限切れの焼きそばが腐った時の特徴を紹介します。匂い・見た目・味に分けて紹介するので、腐っているかどうか食べる前に確認してみましょう。

①匂い

焼きそばの麺が腐ると、以下の様な匂いになります。

・すっぱい匂い
・納豆の様な発酵臭


通常の焼きそばの麺はそれ程匂いはありませんが、腐ると上記の様な明らかにおかしい匂いがします。鼻にツンと来るような匂いや、発酵臭などを感じたら腐っている可能性が高いので、料理に使用せず捨てた方が良いでしょう。

②見た目

関連する記事