業務スーパーの粉チーズ(パルメザン)はまずい?活用方法や売り場も紹介!

業務スーパーの粉チーズが売ってない・売り切れているほど人気があると知っていますか?今回は、業務スーパーの粉チーズ(パルメザン)の〈値段/価格・売り場〉など情報や〈まずい・美味しい〉など口コミを紹介します。業務スーパーの粉チーズの回収事件やアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 業務スーパーの粉チーズは売ってない・売り切れるほど人気?
  2. 業務スーパーの粉チーズの売り場はイタリアン食品コーナー
  3. ただし回収されたことがあり売ってない可能性もある
  4. 業務スーパーの粉チーズはコスパがいい?ドンキホーテと比較すると?
  5. 値段・価格など業務スーパーの粉チーズをドンキホーテと比較
  6. 業務スーパーの粉チーズの原材料やカロリーは?
  7. 業務スーパーの粉チーズの原材料
  8. 業務スーパーの粉チーズのカロリー・糖質など栄養成分
  9. 業務スーパーの粉チーズの味は?まずい?【口コミ・評判】
  10. 業務スーパーの粉チーズの味わい
  11. 口コミ①業務スーパーの粉チーズを美味しいと感じる人の口コミ
  12. 口コミ②業務スーパーの粉チーズをまずいと感じる人の口コミ
  13. 業務スーパーの粉チーズの保存方法は?
  14. ①密閉容器で常温保存がおすすめ
  15. ②粉チーズと乾燥剤を一緒に入れる
  16. 業務スーパーの粉チーズを使ったレシピを紹介!
  17. ①トマトの粉チーズがけ
  18. ②ミートソースパスタ
  19. ③ベーコンと粉チーズの入った卵かけごはん 
  20. ④甘口バターチキンカレー
  21. ⑤おかかと粉チーズのスノーボール
  22. ⑥豆腐のキッシュ
  23. 業務スーパーの粉チーズを試してみよう

業務スーパーの粉チーズは売ってない・売り切れるほど人気?

コスパが高いと評判の業務スーパーの粉チーズは、人気過ぎて売ってないのは本当でしょうか。ここでは業務スーパーの粉チーズはどの売り場においているのかや、売ってない理由と商品回収について紹介します。お得に安い粉チーズを使いたい人は参考にしてください。

業務スーパーの粉チーズの売り場はイタリアン食品コーナー

業務スーパーの粉チーズは、イタリアン食材があるコーナーに売っていることが多いです。しかし店舗によってはイタリアン食材コーナーに売ってないことがあり、冷蔵のチーズ売り場に陳列されている場合があります。一部の地域ではまだ売ってない可能性があるので、詳しい入荷状況を知りたい人は、業務スーパーの店員に聞いてみることをおすすめします。

ただし回収されたことがあり売ってない可能性もある

業務スーパーの粉チーズは、以前回収されたことがあるため売ってない可能性があります。消費者庁の回収情報には、以下のように回収対象商品と回収理由が掲載されています。

対象の特定情報

商品名 :イタリアン粉チーズ
名 称 :ナチュラルチーズ
内容量 :85g
形 態 :合成樹脂製容器
JANコード:8006207000234
賞味期限:2023.04.28

回収の理由:

 食品衛生法違反のおそれ
 一部商品においてカビの発生が確認されたため

業務スーパーの粉チーズは、パルメザンチーズより熟成期間が少し短いグラナパダーノと呼ばれる種類で、パルメザンよりも価格が安いのが特徴です。しかし過去に製品の容器内にカビの発生がみられたため、上記に該当する製品は2022年10月初旬に回収対象となり、一部の店舗では取り扱われていない可能性があります。

健康被害は今のところ確認されていないようですが、念のため購入前には容器の中を目視で確認すると安心です。

業務スーパーの粉チーズはコスパがいい?ドンキホーテと比較すると?

出典:https://twitter.com/niki_no_ouchi/status/1509516517507215365?s=20&t=bZi4CCB-FbtwFo5mN8IeTw

業務スーパーの粉チーズは、ドンキホーテの商品と比較するとどちらが安いのでしょうか。ここではコスパが高いと評判の粉チーズの価格を業務スーパーとドンキホーテで比較し、賞味期限や100gあたりの値段などを紹介します。

値段・価格など業務スーパーの粉チーズをドンキホーテと比較

商品名 値段(1個) 値段(100gあたり) 内容量 賞味期限
業務スーパー、イタリアン粉チーズ(小) 214円 251円 85g 約7か月後
業務スーパー、イタリアン粉チーズ(大) 478円 210円 227g 約7か月後
ドンキホーテ、パルメザンチーズ・ロリーナ 378円 166円 227g 約6か月後

上記は粉チーズの値段や100gあたりの価格など、業務スーパーの粉チーズをドンキホーテと比較した表です。業務スーパーの粉チーズよりも、ドンキホーテの粉チーズの方がコスパは良いです。しかし業務スーパーの粉チーズも大手メーカーに比べれば価格は安いので、味の好みで選びましょう。

業務スーパーの粉チーズの原材料やカロリーは?

業務スーパーの粉チーズの原材料はどのようなもので、カロリーはどのくらいなのでしょうか。ここでは、業務スーパーの粉チーズの原材料やカロリーについて紹介します。健康のために製品の原材料やカロリーを気にする人は、参考にしてください。

業務スーパーの粉チーズの原材料

業務スーパーの粉チーズの原材料は以下のとおりです。

・ナチュラルチーズ(牛乳、食塩)
・卵白リゾチーム


業務スーパーの粉チーズの種類であるグラナパダーノは、牛乳を発酵させる過程で卵白リゾチームと呼ばれるタンパク質が添加されています。そのためパルメザンチーズより発酵熟成期間が短く、大量生産が可能であることから、安く提供することができます。

関連する記事

×