コストコは立川にいつオープン?中止?IKEAの閉店で出店する?

コストコは立川にいつオープンするのでしょうか?出店計画があるか気になりますよね。今回は、コストコは立川にオープンするのかを〈ポジティブ要素・ネガティブ要素〉の両面から紹介します。立川周辺のコストコの再販店も紹介するので参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)

目次

  1. コストコは立川にいつオープン?中止?
  2. コストコが立川にオープンする正式な情報はない
  3. ただしコストコが立川にオープンする可能性はある
  4. コストコは立川にオープンする?【ポジティブ要素】
  5. コストコの新店舗の出店基準
  6. ①人口が多い
  7. ②大型施設が多い
  8. ③IKEA撤退の噂がある
  9. ④近隣店舗からの距離
  10. ⑤コストコが国内100店舗の展開を目指している
  11. コストコは立川にオープンする?【ネガティブ要素】
  12. ①交通渋滞
  13. ②ららぽーと・IKEAの存在
  14. ③郊外とは言えない
  15. コストコの再販店は立川周辺にある?
  16. コストコが立川にオープンする可能性はある

コストコは立川にいつオープン?中止?

1999年の日本進出以来、店舗数を増やしているコストコですが、東京都の立川市にオープンするのではないかといった噂があるようです。今回はコストコが立川にオープンする可能性があるのか、詳しく紹介していきます。

コストコが立川にオープンする正式な情報はない

2024年5月現在では、コストコが立川にオープンする正式な情報はありません。2010年頃から始まった立川の都市再開発に伴い大型商業施設が次々とオープンしたため、コストコも出店するのではないかと憶測する人が多かったようです。このような噂が流れ始めてから、すでに10年以上経過しています。

ただしコストコが立川にオープンする可能性はある

いまだ立川にはオープンしていないコストコですが、今後出店する可能性はゼロではありません。コストコだけでしか手に入らない食材や日用品だけではなく、タイヤやガソリンスタンドなどの車関係・フードコートや充実した試食なども人気があるので、立川にぜひオープンしてほしいとの声も多いようです。

コストコは立川にオープンする?【ポジティブ要素】

果たして、コストコは東京都立川市にオープンするのでしょうか。ここではコストコは立川にオープンするのか、ポジティブな要素を5つ紹介します。

コストコの新店舗の出店基準

コストコの新店舗の出店基準の条件は、公式サイトに以下のように記載されています。

土地条件

半径10kmの人口が概ね50万人以上
企業が多い地域
敷地面積 15,000坪以上(ガスステーション用敷地を含む)
建築面積 約4,500坪
用途地域=準工、商業、近隣商業(売り場面積1万㎡超)*市街化調整区域内でも行政の許可があれば可
駐車場収容台数 800台以上
車のアクセスの良い物件
購入・定期借地(40年以上)・建貸

東京都立川市の再開発が進んだエリアの一部には元々米軍の基地があり、日本への返還後は昭和記念公園など国や市の施設が作られました。その近隣には広大な空き地も多いことが、コストコのオープンの憶測に繋がっているともいえます。

①人口が多い

ポジティブ要素の一つ目としては、立川は東京都の中でも比較的人口が多いことです。立川市の人口は2024年現在18万人を超え、東京都の人口ランキングは30位です。隣接する昭島市や国立市・武蔵村山市や日野市などとあわせると、コストコの土地条件である半径10kmの人口が概ね50万人以上の条件を満たしているといえます。

②大型施設が多い

立川にはららぽーとやIKEAなど、大型の商業施設が出店しています。また、昭和記念公園や立飛アリーナなどの公園やスポーツ施設等もあり、週末になるとグループや家族連れの人々でにぎわいます。このように人の流れがよく集客も見込めることが、コストコが立川に出店するポジティブ要素のひとつです。

③IKEA撤退の噂がある

立川のIKEAが撤退の噂があることも、コストコの出店の可能性を高める一因です。立川のIKEAは2014年に東京都で初めての店舗としてオープンし、話題となりました。しかし、地方での赤字が累積し、存続が危ぶまれている店舗も存在します。仮に立川のIKEAが撤退するとしたら、跡地にコストコが出店するのではないかと考える人もいるようです。

④近隣店舗からの距離

近隣店舗 立川市からの距離
多摩境倉庫店 15.1㎞
入間倉庫店 16.9㎞
座間倉庫店 39.0㎞
川崎倉庫店 52.0㎞

町田市にある多摩境倉庫店が、現在東京都で出店している唯一の店舗です。立川から多摩境店までは車で40分以上かかるため、頻繁に買い物をしたい人にとっては負担がかかります。東京近郊の店舗を調べてみてもコストコは立川の近隣地域に出店していないので、オープンの可能性は高いといえます。

⑤コストコが国内100店舗の展開を目指している

2024年現在日本に33店舗あるコストコですが、2030年までに100店舗の展開を目指していることがわかっています。これは2023年コストコホールセールジャパンの社長、ケン・テリオ氏によって公の場で発表されました。今後6年間で26店舗オープンするならば、東京都立川市に出店する可能性はかなり高いかもしれません。

コストコは立川にオープンする?【ネガティブ要素】

噂がありながらコストコが立川でオープンしない理由は、いったいどのような所にあるのでしょうか。ここではコストコが立川にオープンするのか、ネガティブな要素を3つ紹介します。

①交通渋滞

コストコが立川にオープンしない理由の一つは、交通渋滞の懸念です。平日の夕方や週末のお昼ごろから夕方にかけて、立川の主要道路はとても混雑します。食材や日用品のまとめ買いが人気のコストコは車での来店客が多いため、近隣住民の反対の声も多く聞かれるといいます。

②ららぽーと・IKEAの存在

ネガティブな要素として2つ目に挙がるのが、すでに出店しているららぽーとやIKEAの存在です。このような大型商業施設が2店舗もあると、逆に飽和状態だと感じる人もいます。このため、前述したようにIKEAが仮に閉店したとしたら、コストコが出店するのではないかと考えられているようです。

③郊外とは言えない

コストコの店舗の多くは郊外の広い土地に倉庫を構えていることが多く、立川では出店に不向きだといった意見もあります。立川は新宿まで電車で30分と東京中心部への交通のアクセスも良く、核家族や単身で暮らしている人も多いエリアです。

このため、車を持たずに生活している人やコストコでのまとめ買いがニーズに合わないと感じる人も多く、この先の出店の可能性は低いとの声も聞かれます。

コストコの再販店は立川周辺にある?

立川周辺のコストコの再販店は以下の3店舗です。

・ココスコ(立川市富士見町)
・ストックマート府中くるる店
・コストラボ(羽村市小作台)

年会費不要で買い物ができるコストコの再販店は、立川周辺にも続々とオープンしています。少々割高にはなりますが、大容量の食品や日用品が小分けにして販売されているのも、人気の理由の一つです。

コストコが立川にオープンする可能性はある

今回はコストコが東京都立川市にオープンするのかどうか、ポジティブ要素・ネガティブ要素の両面から解説しました。コストコの出店条件に沿ってみていくと、コストコが立川にオープンする可能性はありえます。すぐにコストコの商品が欲しい人は、再販店の情報を活用してみてください。

関連する記事