きのこで生食NG・OKな種類とは?生で食べる危険性や食べた場合の症状など紹介!

きのこは生で食べれるか知っていますか?今回は、<椎茸・えのき・ヒラタケ・松茸・マッシュルーム>などのきのこの種類別に生食できるかや、生食した時の症状例を紹介します。きのこの生食による危険性やどのくらい加熱したら安全なのかも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きのこは生でも食べれるのか?
  2. キノコの種類によって異なる
  3. きのこで生食NGな種類は?食べたらどうなる?
  4. ①なめこ
  5. ②えのき
  6. ③まいたけ・エリンギ
  7. ④松茸
  8. ⑤ひらたけ
  9. きのこで生食できる種類とは?
  10. マッシュルームだけ生食できる
  11. きのこを生で食べる危険性は?
  12. ①食中毒になる可能性がある
  13. ②アレルギー症状が出る
  14. きのこ類はどのくらい加熱したら安全?
  15. 1〜2分程度加熱すれば問題ない
  16. きのこを生で美味しく食べよう

生食では食中毒やアレルギーの危険性があるきのこですが、どのくらい加熱すれば安全なのでしょうか。加熱の目安をお伝えするので参考にしてみてください。

1〜2分程度加熱すれば問題ない

きのこの菌は加熱することで比較的簡単に分解されます。そのため中毒を回避するには、基本的に1~2分程度の短時間加熱で問題ありません。逆に加熱しすぎると、食感が悪くなったり栄養価が減少してしまいます。

きのこを生で美味しく食べよう

しいたけや松茸など必ず加熱して食べてほしいきのこ類もありますが、マッシュルームなど生で食べられるきのこもあります。生で食べることで、いつもと違う味と食感を楽しめるので是非試してみてください。

関連する記事

×