かぶの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で日持ちのコツや漬物など保存食にする方法も!

【管理栄養士監修】かぶの正しい保存方法を知っていますか?かぶはみそ汁や漬物などに幅広く使える便利な野菜です。今回は、かぶの〈常温・冷蔵・冷凍〉での保存方法・期間を〈葉・根〉でそれぞれ紹介します。冷蔵・冷凍庫を使わずに長持ちさせる方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. かぶの選び方のポイント
  2. 根で選ぶポイント
  3. 葉で選ぶポイント
  4. かぶの【常温】での保存方法と賞味期限
  5. 常温での保存期間|根:1〜2日
  6. 常温での保存方法
  7. かぶの【冷蔵】での保存方法と賞味期限
  8. 冷蔵での保存期間|根:1〜2週間/葉:2〜3日
  9. 冷蔵での保存方法
  10. かぶの【冷凍】での保存方法と賞味期限
  11. 冷凍での保存期間|根・葉:1ヶ月
  12. 根を冷凍で保存する方法
  13. 葉を冷凍で保存する方法
  14. かぶをより長持ちさせる方法は?
  15. ①土に埋めて保存する
  16. ②天日干しする
  17. かぶは正しく保存しよう

かぶの選び方のポイント

野菜本来の触感や味を楽しむには、保存方法だけでなく選び方にもこだわりたいものです。かぶを選ぶ際にはどこを見比べればいいのか紹介します。

根で選ぶポイント

店頭に並んでいるかぶを選ぶとき、まずは根の部分の状態をチェックしてみましょう。新鮮なかぶを選ぶコツは以下の2つです。

1、色が白く明るいかどうか(赤かぶの場合は色が鮮やかなものがよい)
2、手に取ると重みを感じるかどうか


かぶを手に取る際はこの2つのポイントをクリアしているものを選んでください。収穫してから時間が経過したかぶは、表面の白さがなく黄ばんでいることがあるためよく確認しましょう。品種や輸送方法によって多少差はありますが、色と重さを基準にすると新鮮かどうか見分けられます。

葉で選ぶポイント

おいしいかぶを見分けたいときは、根だけでなく葉の状態にも注目してみましょう。根の部分だけでは判断しきれないときは以下のポイントを比べてみてください。

1、緑色が鮮やかでくすみがないかどうか
2、葉がしなびていないかどうか(葉にハリがあるものが理想)


鮮度が落ちたかぶの葉は色味がくすみハリがなく、しなびたように見えるのが特徴です。みずみずしくピンとしている葉がついたかぶを選ぶといいでしょう。

かぶの【常温】での保存方法と賞味期限

かぶは保存する環境によって方法や賞味期限が異なります。常温の場合どう保管すればいいのか、どのくらい日持ちするのでしょうか?

常温での保存期間|根:1〜2日

かぶを常温で保存する際は1~2日を目安に使ってください。気温が高い夏場は傷みやすいため、夏季に常温保存する際はなるべく早く調理することをおすすめします。常温で保存して2日以上経過し、根の部分が溶けていたり生ごみのようなにおいがしたときは無理に食べず廃棄してください。

常温での保存方法

常温でかぶを保管する際、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。購入して自宅に持ち帰ったら以下の手順に沿って保管してください。

1、かぶの葉と根を切り離す
2、根を新聞紙で包む
3、直射日光・高温を避けて冷暗所で保管する


かぶの葉はつけたまま保存すると根の部分の触感が悪くなってしまうことがあるため、手間でも切り離しておくといいでしょう。カットした葉は傷みやすいため、買った当日中に使い切るのがベストです。

かぶの【冷蔵】での保存方法と賞味期限

かぶを冷蔵で保存するときはどのような点に注意すればいいのでしょうか?常温保存する際との違いや方法・期間を紹介します。

冷蔵での保存期間|根:1〜2週間/葉:2〜3日

かぶを冷蔵庫で保存すると常温よりも長持ちします。根は1~2週間、葉は2~3日を目安に使い切りましょう。かぶの鮮度や季節・品種によって賞味期限が異なることがあるため注意してください。常温保管した場合と同様に、変色や異臭がないかよく確認してから調理しましょう。

石川桃子

管理栄養士

かぶの葉は火を通してもシャキシャキと良い食感が残るためよく噛み、早食い防止にもなります。あまり細かく切らずにお味噌汁に入れたり、お浸しにして食べると良いでしょう。色を綺麗に残すためにも火を通しすぎないようにすると良いでしょう。

関連する記事

×