おから(卯の花)の保存方法は?冷凍で長持ち?解凍法・賞味期限や活用レシピも紹介!

おからは冷凍保存できるか知っていますか?豆腐はできませんよね。そこで今回は、おからを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍方法も紹介します。おからの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. おから(卯の花)は冷凍できる?
  2. おからは豆腐と違って冷凍保存できる
  3. 冷凍すれば冷蔵保存より賞味期限が延びる
  4. おからを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  5. ①生おからで保存する場合
  6. ②電子レンジで乾燥させて保存する場合
  7. ③フライパンで炒って保存する場合
  8. おからを冷凍保存する際のポイントは?
  9. ①日持ちさせたい場合はおからと具を混ぜない
  10. ②調理済みおからで保存する場合はこんにゃくを入れない
  11. ③小分けにして保存する
  12. ④ラップで包んでからジッパー付きの保存袋に入れる
  13. 冷凍おからの解凍方法は?
  14. ①自然解凍する方法
  15. ②電子レンジで解凍はおすすめしない
  16. 解凍した冷凍おからにおすすめな料理・レシピ
  17. ①おから煮
  18. ②サラダ
  19. ③ハンバーグ
  20. ④蒸しパン
  21. おからの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  22. 賞味期限切れのおからの特徴
  23. おからを正しく保存して日持ちさせよう

おから(卯の花)は冷凍できる?

豆腐店で生のおからを買うと、量が多くて驚くことが多いです。すべてを一度の調理で使うのではなく、生のおからを保存したいと考える人も多いことでしょう。ここでは、おからは冷凍できるのかについて説明します。

おからは豆腐と違って冷凍保存できる

豆腐は冷凍に向きませんが、おからは冷凍保存が可能です。豆腐にはにがりが使われており、その成分であるマグネシウムが豆乳に含まれているたんぱく質をつなぐことで形状を保っています。豆腐を冷凍すると表面から凍っていくのですが、その際に内部にある水分も外側に引っ張られていき、中心が乾燥するのです。そのため冷凍した豆腐を解凍すると、スが入ります。

おからは豆腐を作る際に出る大豆のしぼりかすなので、そのまま冷凍保存が可能なのです。

冷凍すれば冷蔵保存より賞味期限が延びる

生のおからの冷蔵での保存期間は2~3日ですが、冷凍保存すると2週間まで延びます。生のおからは冷蔵庫に入れたからといって安心なわけではなく、冷蔵庫内の湿度が高いことで賞味期限前に傷むことも珍しくありません。そのため、冷凍保存がおすすめなのです。

おからは冷凍しても賞味期限が短いといわれていますが、方法によっては1ヶ月程度まで延ばすことができます。食べきれない生のおからは、冷蔵より冷凍保存するのがおすすめです。

おからを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

生のおからを冷凍する際、保存方法によって賞味期限が変わります。すぐに使う予定がない生のおからは、冷凍したい期間に合わせて、保存方法を検討すると良いでしょう。ここでは、おからを冷凍保存する方法と日持ちする期間について説明します。

①生おからで保存する場合

生のおからを冷凍保存する場合には、100g程度に分けてラップで包むのがおすすめです。その際、おからの高さが1cm程度になるように伸ばします。おからを包んだラップをジッパー付きの袋に入れてから、冷凍庫で保存しましょう。この方法での冷凍保存期間は、1~2週間程度です。生のおからは水分を含んでいるので、日持ちする期間はそれほど長くありません。

②電子レンジで乾燥させて保存する場合

生のおからを冷凍保存するにあたり、賞味期限を延ばしたいと考えるなら、乾煎りして水分を飛ばしましょう。乾煎りとは食物を水を使わずに煎ることで、生おからは電子レンジで乾燥させることができます。生おからを電子レンジで乾燥させる方法は、以下の通りです。

①平たくて大きめのお皿に、生のおからを薄く広げる
②ラップをかけずに電子レンジに入れ、500Wで6分ほど加熱する
③②を電子レンジから取り出し、固まっている部分をほぐしながら全体を混ぜ、おからの水分を飛ばす
④③を3回ほどくり返して水分を十分に飛ばす


電子レンジで乾燥させたおからは、冷ましてからジッパー付きの保存袋に入れて冷凍します。

③フライパンで炒って保存する場合

生おからの乾煎りは、フライパンを使ってもできます。生おからをフライパンで乾煎りする方法は、以下の通りです。

①フッ素加工されているフライパンを火にかける
②①に生のおからを入れ、中火で15~20分ほど煎る


ポイントは焦がさないように、水分が飛んでサラサラになるまで煎ることです。乾煎りしたおからは電子レンジの時と同様に、きちんと冷ましたうえで冷凍保存します。乾煎りしたおからを冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度と、日持ちする期間が延びます。

おからを冷凍保存する際のポイントは?

生のおからをおいしく安全に冷凍したいなら、保存方法にも配慮が必要です。また、解凍してすぐに使えるようにしておくと便利です。ここではおからを冷凍保存する際のポイントを4つ、紹介します。

①日持ちさせたい場合はおからと具を混ぜない

関連する記事

×