手作りプリンの保存方法は?冷凍できる?賞味期限や解凍のコツを紹介!

プリンの正しい保存方法を知っていますか?冷凍できるのでしょうか?今回は、プリンの冷凍できる場合とできない違いや、冷凍・冷蔵での保存方法・賞味期限の目安にくわえ、解凍方法を紹介します。腐敗の見分け方や、アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. プリンの正しい保存方法は?
  2. プリンは冷蔵保存がおすすめ
  3. 賞味期限
  4. プリンは冷凍保存できる?凍らせると美味しい?
  5. プリンに卵を使っている場合は冷凍に向いていない
  6. プリンをゼラチンを使って固めてる場合は冷凍できる
  7. プリンの冷凍保存する方法は?賞味期限は?
  8. プリンの冷凍方法
  9. 冷凍プリンの賞味期限の目安
  10. プリンを解凍する方法・食べ方のおすすめは?
  11. プリンは自然解凍がおすすめ
  12. 半解凍や解凍しなくても美味しい
  13. プリンの腐った場合の見分け方は?
  14. プリンの腐った時の特徴
  15. 冷凍プリンのアレンジレシピ
  16. ①冷凍プリン
  17. ②冷凍プリンのせんべいサンド
  18. ③冷凍プリンカップケーキ
  19. ④コーヒースムージー
  20. プリンを冷凍保存して美味しく食べよう

プリンの正しい保存方法は?

プリンは料理初心者でも簡単に作ることができるため、作ったことがある方も多いのではないでしょうか。手作りしたプリンは保存料や添加物が入っていないので、正しい保存方法で賞味期限内に美味しく食べましょう。ここでは、手作りしたプリンの保存方法と賞味期限を併せて紹介します。

プリンは冷蔵保存がおすすめ

プリンの美味しさを保つには、冷蔵保存がおすすめです。

①プリンの粗熱を取る
②ラップでや蓋で密閉状態にする
②冷蔵庫に入れる


プリンの粗熱が取れるまでは室温で置いておき、粗熱が取れればすぐに冷蔵庫で冷やします。夏場は傷みやすいので、浅く水を張ったバットに器ごとプリンをいれて、その水を何度か交換して素早く粗熱を取ることをおすすめします。プリンは水分が多いため、乾燥に弱くにおい移りしやすいのでラップや蓋などで空気に触れさせないように、密閉して保存すると良いでしょう。

賞味期限

手作りプリンの賞味期限は冷蔵庫で2〜3日程度で、長期間の保存には向きません。賞味期限内であっても時間が経つほど風味が落ちてしまうので、食べる分だけを作ることをおすすめします。カラメルソースは別で保存しておくと、カビにさえ気をつけていれば1年は保存が可能です。

(*プリンの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

プリンの賞味期限は?切れてもいつまで食べられる?日持ちする保存法なども解説!

プリンは冷凍保存できる?凍らせると美味しい?

プリンは冷蔵で保存することが望ましいですが、冷凍で保存することは可能なのでしょうか。様々な作り方があるプリンの中で、冷凍できるプリンとそうでないプリンを紹介します。自分で作ったプリンの材料を確認して、参考にしてください。

プリンに卵を使っている場合は冷凍に向いていない

卵が入ったプリンは冷凍した後解凍すると水分が出てスポンジのようになってしまい、口当たりも舌触りも悪くなるので、冷凍には不向きです。市販されているプリンの中には、砂糖の代わりに水飴やトレハロースを使用しているものがあるので、冷凍後解凍しても食感が変わらないものもあります。

プリンをゼラチンを使って固めてる場合は冷凍できる

卵を使用したプリンは冷凍保存に向かないと紹介しましたが、ゼラチンを使ったものなら冷凍が可能です。ゼラチンを使用したプリンは冷凍したものを解凍しても、ほほ食感が変わらないので美味しく食べることができます。

プリンの冷凍保存する方法は?賞味期限は?

ゼラチンを使用したプリンを凍らせて保存することで美味しさを保ち、より長く日持ちさせることができます。美味しさを保つにはどのように冷凍すればいいか、冷凍したときの賞味期限はどれほどか、を併せて紹介します。

プリンの冷凍方法

関連する記事

×