豆腐の保存方法は冷蔵・冷凍どっち?水に浸ける?日持ち期間やレシピのおすすめも紹介!

食卓に出番の多い豆腐ですが、その保存方法を知っていますか?今回は豆腐の〈冷蔵・冷凍〉での保存方法・ポイントや日持ち期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。豆腐の賞味期限が切れた場合の特徴や、保存用レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豆腐の保存方法は?種類によって違う?
  2. ①絹ごし豆腐の場合は冷蔵保存する
  3. ②木綿豆腐の場合は冷蔵&冷凍保存できる
  4. 豆腐は常温での保存に向いていない
  5. 豆腐の冷蔵での保存方法・期間は?
  6. ①豆腐を水に浸して冷蔵保存する方法
  7. ②豆腐を水なしで冷蔵保存する方法
  8. 豆腐の冷蔵での保存期間
  9. 豆腐の冷凍での保存方法・期間は?日持ちする?
  10. 豆腐を冷凍保存する方法
  11. 未開封の場合はパックのまま冷凍することも可能
  12. 豆腐の冷凍での保存期間
  13. 冷凍豆腐を解凍する方法は?
  14. ①電子レンジを使って解凍する
  15. ②流水解凍する
  16. ③凍ったまま加熱調理して使う
  17. 豆腐の賞味期限が切れたときの見分け方は?
  18. 豆腐の賞味期限が切れた場合の特徴
  19. 豆腐の保存用のレシピ
  20. ①ひじき入り豆腐ハンバーグ
  21. ②豆腐とひき肉のうま辛味噌スープ
  22. ③豆腐で白玉団子
  23. ④離乳食豆腐のとろみ煮
  24. ⑤お豆腐と米粉のクッキー
  25. 豆腐をうまく保存して美味しく食べよう

豆腐の保存方法は?種類によって違う?

豆腐は色々な料理に活用でき、栄養価が高く低カロリーで、離乳食にも使える食材ですが、どのように保存するのが正しいのでしょうか。絹ごし豆腐・木綿豆腐、種類によって違うので、それぞれに合わせた保存方法、また保存するときの温度を紹介します。

①絹ごし豆腐の場合は冷蔵保存する

絹ごし豆腐の特徴は、食べたときのなめらかなさと、のど越しの良さです。冷凍保存だとこのなめらかな食感が失われてしまうため、冷蔵保存がおすすめです。ただ、チルド室や強い冷気が当たる場所は、豆腐が部分的に凍り食感が変わる場合があるため、冷蔵庫内で冷凍になりそうな場所は避けましょう。

②木綿豆腐の場合は冷蔵&冷凍保存できる

木綿豆腐は冷蔵・冷凍のどちらでも保存ができ、冷凍しても豆腐本来の風味を保つことが出来るので、日持ちさせたいときは冷凍がおすすめです。冷凍すると食感が全く新しいものに変わり、高野豆腐やお肉に近いような弾力が出て、いつもと違った食感や味わいを楽しめます。

豆腐は常温での保存に向いていない

豆腐はそのほとんどが水分なので、常温での保存には向きません。温かいところで置いていれば豆腐自体の温度も高くなり、細菌が繁殖しやすくなります。賞味期限内でも腐る可能性があるため、冷蔵庫内での保存をおすすめします。

豆腐の冷蔵での保存方法・期間は?

スーパーなどで購入した豆腐や、調理に使いきれず余った際は、どのように保存すれば良いのでしょうか。ここでは冷蔵での保存方法・期間を紹介しますので、参考にしてください。

①豆腐を水に浸して冷蔵保存する方法

豆腐を水に浸して冷蔵保存する方法は以下の通りです。

1.フタつきの密閉容器に入れる
2.豆腐にかぶるくらいの水を入れる
3.フタをきちんと閉めて冷蔵庫に入れ保存する
4.保存中も水はまめに変える


開封後は密閉容器を使用し、元々入っていた水は不要なので捨て、5~10℃のきれいな水を入れてください。保存中は水の中にアクがたまり濁ってくるので、最低でも日に一回以上きれいな水に交換し、鮮度を保ちましょう。水が濁ったまま放置すると傷むのが早く、賞味期限内であっても日持ちしません。

②豆腐を水なしで冷蔵保存する方法

豆腐を水なしで冷蔵保存する方法は以下の通りです。

1.豆腐を水切りしやすいザルもしくは皿に入れる
2.ラップをして冷蔵庫に入れ保存する
3.保存中も豆腐から出た水はまめに捨てる


水なしで冷蔵保存する方法は手間もかからず、水にさらさないので豆腐のうま味や栄養成分が損なわれにくいなどのメリットがあります。なお、保存中に豆腐から出た水分は、細菌が繁殖しやすいのでこまめに捨てましょう。

豆腐の冷蔵での保存期間

保存期間の目安
水に浸す場合 2~3日
水なしの場合 2日

スーパーなどで販売されている豆腐の賞味期限は5~10日ほどですが、開封後は日持ち期間が短くなります。水に浸して冷蔵する場合の保存期間は2~3日程度、水に浸さず冷蔵するときは2日までを目安に食べましょう。

豆腐の冷凍での保存方法・期間は?日持ちする?

豆腐を買ったもののしばらく使う予定がない場合や、少しだけ使って余った時などに便利な冷凍での保存方法を紹介します。また、豆腐の保存期間についても解説するので参考にしてください。

豆腐を冷凍保存する方法

豆腐を冷凍保存する方法は以下の通りです。

1.表面の水分をキッチンペーパーで拭き取る
2.料理に使うときの大きさにカットする
3.使う時の量をイメージしてラップに包む
4.冷凍用の保存袋に入れ密封して冷凍庫に入れる


冷凍するときは、豆腐の水切りをせず軽く表面の水分を拭き、料理に使う大きさにカットした後に小分けにして冷凍します。ただし一度冷凍した豆腐の再冷凍は、食感や味がかなり損なわれるため、行わないようにしましょう。

(*豆腐の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豆腐は冷凍保存できる!解凍で肉っぽい食感にするコツや活用レシピも紹介!

未開封の場合はパックのまま冷凍することも可能

未開封の豆腐は、購入時のパックのまま冷凍庫で保存することも可能です。その場合は、凍った際に水分が膨張して容器が裂け、中の水が漏れる場合があるので保存袋に入れて冷凍庫に入ておきましょう。また、パックの表面に結露が付いているとそのまま凍ってしまうので、忘れずにふき取っておいてください。

豆腐の冷凍での保存期間

冷凍した豆腐は、2~3週間ほどであれば美味しく食べられます。多めに買った場合も冷凍しておけば日持ちして便利ですが、徐々に乾燥し劣化して食感や味が落ちるので、できるだけ早めに食べましょう。

冷凍豆腐を解凍する方法は?

冷凍豆腐を解凍するとき、冷蔵庫に移して冷凍庫内で自然解凍を待っていてもなかなか溶けません。なるべく早く調理に使いたいときの冷凍豆腐の解凍方法を3つ紹介します。

①電子レンジを使って解凍する

電子レンジを使っての解凍方法は以下の通りです。

1.ラップに包んだままの状態で耐熱皿にのせる
2.600Wの電子レンジで、豆腐100gあたり1分30秒加熱する
3.裏返して1分30秒加熱する
4.ラップを外し、水を張ったボウルに入れ粗熱を取る
5.冷めたら水から取り出し、調理に使う


電子レンジの解凍機能を使用するより、加熱して解凍する方がおすすめです。夏は少し時間を短めにし、加熱しすぎないように気を付けましょう。加熱後は水に浸けて粗熱を取り、豆腐を手ではさんで水気を切ってから調理に使います。

②流水解凍する

流水解凍には次のような方法があります。

・冷凍の袋ごとボウルに入れ、冷たい流水を当てる方法
・10~20℃くらいのぬるま湯を当てる方法


冷たい流水を当てて解凍する場合は、30分ほどあれば半解凍の状態になり、調理に使えます。ぬるま湯を当てて解凍した方が早いですが、その場合は傷みやすくなるので、5分ほどで様子を見て半解凍の状態になったら速やかに調理しましょう。

③凍ったまま加熱調理して使う

冷凍豆腐は、以下のような加熱調理に使うのであれば、凍ったまま使うことができます。

・味噌汁などの汁物
・鍋料理
・炒め物 


味噌汁や鍋料理は調理しながら解凍も同時に済ませられるので、手間もかからず調理時間の短縮にも役立ちます。炒め物にも凍ったまま使うことができ、その場合は豆腐から出た水分で蒸し焼きのようになるため、他の食材がふっくら仕上がるのがメリットです。

豆腐の賞味期限が切れたときの見分け方は?

正しい方法で冷蔵や冷凍で保存した場合でも、保存環境などによっては豆腐が傷んでしまうことがあります。豆腐がどんな状態になれば賞味期限切れなのか、見分け方を解説するので参考にしてください。

豆腐の賞味期限が切れた場合の特徴

豆腐の賞味期限が切れたときの特徴は以下の通りです。

・異臭がする
・粘りのある液体が糸を引いている
・切ると形がくずれやすい
・黄色くなっている
・容器の水が白く濁っている
・未開封の容器が全体に膨張している


賞味期限が切れて腐ると、臭いや触った感触・見た目などが変化します。また口に入れたとき、いつもと違う味や、酸味がする場合は腐っていますので、食べるのはやめて捨ててください。

(*豆腐の賞味期限切れはいつまで食べられるのかや、豆腐が腐った場合について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豆腐の賞味期限切れはいつまで大丈夫?3日・1週間はNG?保存で日持ちさせるコツも紹介!
豆腐が腐るとどうなる?見分け方は?保存法別に賞味期限の目安も紹介!

豆腐の保存用のレシピ

豆腐料理は幅広く、色々な料理に使えますが、その中でも豆腐ハンバーグはお子様にも大人にも人気の定番メニューです。また白玉団子のように、豆腐で簡単におやつも作れるので、そちらを含め、レシピをいくつか紹介します。

①ひじき入り豆腐ハンバーグ

出典:https://i.pinimg.com/564x/a0/2a/78/a02a7876fbccc67f97ac43b61cd8c4c2.jpg

豆腐ハンバーグは、いつものハンバーグに豆腐を混ぜるだけで、食べ応えもあり満足度の高いメニューです。低カロリーでヘルシーですが、ひじきを入れるとさらに栄養価も高くなるので、一度作って食べてほしいおすすめのレシピです。

ひじき入り豆腐ハンバーグ【Nadia】

②豆腐とひき肉のうま辛味噌スープ

出典:https://i.pinimg.com/564x/4a/8f/f0/4a8ff0f95c73bbbb317483e438d0077c.jpg

豆腐とひき肉は相性が良くコクが出て、コチュジャンの風味で食欲増進効果に期待できます。野菜を入れて煮込むだけで、手軽に作れる主役級のスープです。辛さを増したいときは、豆板醤かラー油を足すことで辛さの調節が可能ですのでおすすめです。

豆腐とひき肉のうま辛スタミナ味噌スープ【Nadia】

③豆腐で白玉団子

出典:https://i.pinimg.com/564x/83/f3/fb/83f3fbcde01816c15281622b7c43816c.jpg

豆腐が入っているのに、本当の白玉団子に負けないくらいのもちもちした食感で、歯ごたえや口当たりが魅力です。お好みできな粉やあんをのせても美味しくみたらし団子も人気で、夏場にはかき氷にトッピングするのもおすすめです。

豆腐で白玉団子byゆりえもん【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが330万品

④離乳食豆腐のとろみ煮

出典:https://i.pinimg.com/564x/4f/fa/2a/4ffa2a43560c235883cc589a8438fecf.jpg

豆腐は低カロリーで、離乳食にも使いやすいので、月齢に応じて作ってみてください。家族分を作り、調理の途中で鍋を分け、小さなお子様向けは薄味に、また大人用の分は鶏がらスープの素と醤油・塩コショウを足すとおいしく食べられます。

【離乳食】豆腐のとろみ煮【楽天レシピ】

⑤お豆腐と米粉のクッキー

出典:https://i.pinimg.com/564x/3d/3e/b6/3d3eb60caf29e60bf8626828840a0804.jpg

豆腐を使っているので栄養面でもカバーでき、小さなお子様や離乳食のおやつにもおすすめです。また小麦アレルギーがある方はおやつ選びにも苦労しますが、このクッキーは米粉を使っていて安心なので、ぜひ作ってみてください。

離乳食お豆腐と米粉のふんわりクッキー 【cookpad】

豆腐をうまく保存して美味しく食べよう

冷蔵・冷凍で常備していれば、色々な料理に使え、レパートリーも広がります。長く日持ちさせたいときは冷凍がおすすめです。冷凍した豆腐は食感が変化するので、それを踏まえたメニューを作ってください。余ったときも正しく保存して美味しく食べましょう。

関連する記事

×