パセリの保存方法・期間は?生のまま冷凍・冷蔵で長持ちのコツや乾燥・オイル漬けにする方法も!

【管理栄養士監修】パセリの正しい保存方法を知っていますか?今回は、パセリを生のまま〈常温・冷蔵〉・冷凍〉で長持ちさせるコツや解凍方法にくわえ、〈乾燥・オリーブオイル漬け〉など保存食にする方法も紹介します。賞味期限切れの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 和氣千咲季
Instagram
メタボリックシンドロームの方に減量指導をしており、今までの指導人数はのべ800人ほど。自身の自律神経に悩み、服薬で改善しなかった症状を、...
Instagram
メタボリックシンドロームの方に減量指導をしており、今までの指導人数はのべ800人ほど。自身の自律神経に悩み、服薬で改善しなかった症状を、食事とサプリで改善した経験からInstagram上で情報発信を行っている。 また「調子の良さは食事で作れる」をモットーに食習慣改善サポートの「快適ほっとカウンセリング」を開設。一人でも多くの方が快適に過ごせるよう、日々奮闘中です!

目次

  1. パセリを保存するポイント
  2. 花瓶に挿して乾燥を防ぐ
  3. 立てて保存する
  4. 新鮮なパセリを選ぶ
  5. パセリの長持ちする保存方法は?
  6. 冷凍か冷蔵での保存がおすすめ
  7. パセリの【冷蔵】での保存方法・期間
  8. 生のまま冷蔵で保存する方法・手順
  9. 賞味期限の目安
  10. パセリの【冷凍】での保存方法・期間
  11. 生のまま冷凍で保存する方法・手順
  12. 賞味期限の目安
  13. 冷凍パセリの解凍方法
  14. パセリを加工し保存食として保管する方法は?
  15. 乾燥させて保存する方法・期間
  16. オリーブオイル漬けで保存する方法・期間
  17. パセリペーストにして保存する方法・期間
  18. パセリの賞味期限が切れるとどうなる?
  19. 賞味期限が危ない状態
  20. 腐って食べられない状態
  21. パセリは正しく保存しよう

パセリを保存するポイント

パセリの正しい保存のポイントを詳しく説明します。長持ちさせるためには新鮮なパセリを選ぶことも大切なので、選ぶときの条件も参考にしてください。

和氣千咲季

管理栄養士

市販の乾燥パセリと比べて、生のパセリの方が風味も良く、料理を引き立ててくれます。しかし保存方法を間違えてしまうと風味を損ねてしまうので、是非正しい方法で保存してくださいね!

花瓶に挿して乾燥を防ぐ

パセリを購入したあとは、すぐに花瓶に少し水を入れて挿し花のようにしておくと、茎から水を吸い上げてみずみずしい状態をキープすることができます。生のパセリはそのままでは乾燥しやすいので、葉の方にはラップをかけたりポリ袋で覆うようにしておくことで葉が乾燥しにくくなり、萎れずに長持ちさせることができます。

立てて保存する

パセリだけでなく、野菜は栽培時と同じ状態にしておくことで長持ちさせることができます。パセリは地面から縦に生えているため、立てて保存するのが一番です。保存の時に寝かせてしまうと縦に伸びようと水分や栄養を使ってしまい傷みやすくなります。また、縦に伸びようとするときに茎が曲がってしまいます。

新鮮なパセリを選ぶ

パセリを鮮度を保ったまま長く保存するためには新鮮なパセリを選んで購入することが大切です。新鮮なパセリの条件を詳しく説明します。

・葉が濃い緑色をしている
・葉が細かく縮れている
・茎や葉がみずみずしい
・茎の切り口が黒ずんでいない


色が鮮やかで全体的にみずみずしく、葉の縮れが細かい方が美味しく新鮮なパセリです。縮れが少ないものは固くて苦味があるため、色以外で美味しいパセリを見分けたいときの参考にしてください。

パセリの長持ちする保存方法は?

生のパセリを新鮮な状態で長持ちさせるためにはどこで保存すればよいのか詳しく説明します。

冷凍か冷蔵での保存がおすすめ

パセリは、袋一杯に詰め込まれて販売されていることが多いです。料理の香りや彩りのためにかけるだけでは、パセリを新鮮な状態で全て使い切ることが難しいですよね。冬場は常温でも大丈夫ですが、そのままでは乾燥しやすいので下処理をして冷蔵または冷凍しておくことで長持ちさせることができます。

和氣千咲季

管理栄養士

数日で使い切る場合でも、常温よりも冷蔵した方が色や風味を保ちやすくなります。できるだけ冷蔵庫に入れることをおすすめします!

パセリの【冷蔵】での保存方法・期間

パセリを冷蔵で保存する方法と手順を詳しく説明します。賞味期限の目安も参考にしてください。

生のまま冷蔵で保存する方法・手順

パセリを冷蔵で生のまま保存する方法と手順を詳しく説明します。

1.グラスに水を入れてパセリを挿し花のようにする
2.乾燥を防ぐために葉の部分にポリ袋をかぶせてグラスに輪ゴムで止める
3.冷蔵庫の野菜室に入れる


グラスに挿すときに茎を少し斜めに切っておくと、水を吸いやすくなるため新鮮な状態をより長くキープさせることができます。グラスに挿しただけでは葉の部分が乾燥してしまうので、ポリ袋は必ずかけておきましょう。葉が萎れているものには、霧吹きで水をかけておくとみずみずしさが戻ります。

賞味期限の目安

賞味期限の目安と長持ちさせるコツを詳しく説明します。

・ビニール袋に入れたもの…3日程度
・水に挿したもの…1〜2週間程度


購入時のビニール袋に入ったままだと3日程度しか新鮮な状態を保てませんが、水に挿すことで2週間程度持ちます。水はずっとそのままだと腐ってしまうため、2〜3日に一回水を取り替えるようにすることで茎も傷まず新鮮な状態をキープすることができます。

パセリの【冷凍】での保存方法・期間

パセリを冷凍で保存する方法と手順を詳しく説明します。賞味期限の目安も参考にしてください。

生のまま冷凍で保存する方法・手順

パセリを冷凍で生のまま保存する方法と手順を詳しく説明します。

1.パセリを水洗いしたあとしっかり水気を拭き取る
2.葉の部分だけちぎってみじん切りにする
3.ジップロックに広げて入れる
4.凍ったらジップロックのまま揉んでパラパラにする

パセリをみじん切りにせず、葉の部分をちぎってジップロックに入れるだけでも、凍ってから手で揉めばパラパラになります。ただ、みじん切りにしておくことでより細かいパセリになるので、スープやパスタの仕上げに使いやすくなります。

賞味期限の目安

賞味期限の目安と長持ちさせるコツを詳しく説明します。

・香りが良いのは…3週間程度
・賞味期限は…1か月程度

保存期間が伸びることで、パセリの香りは少しずつ飛んでいってしまいます。水気をしっかり拭き取ることで、霜がついたり水分でベチャっとすることなく、使いやすい状態で長持ちさせることができます。

冷凍パセリの解凍方法

冷凍したパセリは、そのまま調理に使うことができます。使い方も簡単で、欲しい分だけ取って、パスタやスープの仕上げに乗せるだけで良いので便利です。ジップロックに入れたまま長時間常温に出しておくと溶けてベチャっとしてしまうため、使う分だけ取ったらすぐに冷凍庫に片付けるようにしましょう。

パセリを加工し保存食として保管する方法は?

パセリを保存するには、冷蔵・冷凍以外にも保存食にする方法があります。簡単に作れて便利なおすすめの保存食を3つ紹介します。

乾燥させて保存する方法・期間

パセリを乾燥させることで、ドライパセリを作ることができます。電子レンジで簡単に作れるので詳しい作り方と保存期間を説明します。

1.新鮮なパセリの葉の部分だけちぎる
2.レンジ対応の皿にキッチンペーパーを敷いてその上にパセリの葉を重ならないように広げる
3.電子レンジ600wで約3分加熱する
4.しっかり水分が飛んだら粗熱を取り手で揉み細かくする
5.ビンに入れて冷蔵庫で1カ月程度保存可能


オーブンで作る方法もありますが、レンジでも簡単に作ることができます。乾燥が足りないと瓶に詰めて保存している間に腐りやすいため、レンジでしっかり加熱して水分がなくなるまできちんと飛ばしておくのがポイントです。乾燥が足りない場合は、レンジで30秒ずつ追加加熱しましょう。この時、焦げやすいのでレンジから目を離さないように注意して下さい。

常温や冷蔵庫でも保存できますが、乾燥パセリは少しずつ色が変わってきてしまうため長く保存したい場合は冷凍がおすすめです。冷凍庫なら、数カ月保存できます。乾燥パセリはパスタやスープだけでなく、揚げ物の衣に混ぜて使うこともできます。

オリーブオイル漬けで保存する方法・期間

パセリをオリーブオイルに漬けて保存する詳しい作り方と保存期間を説明します。

1.パセリの葉の部分だけをちぎって良く水洗いする
2.キッチンペーパーや布巾でよく水気を拭き取る
3.フードプロセッサーで粗みじん切りにする
4.煮沸消毒したビンにパセリを入れる
5.オリーブオイルを上から入れてしっかりフタをする
6.保存期間は冷蔵庫で半年程度


オリーブオイル漬けのパセリはパスタや炒め物、白身魚を使った料理やアヒージョなどと相性が良いです。オリーブオイルだけでなく一緒に鷹の爪やにんにくを入れると、更に香りが良くなります。

パセリペーストにして保存する方法・期間

少し手をかけてペーストにすると、和えるだけで美味しいパスタが作れるソースになります。詳しい作り方と保存期間を説明します。

1.パセリの葉(50g)を水洗いしてしっかり水気を拭き取る
2.松の実(50g)、にんにく(2片)、塩胡椒と一緒にフードプロセッサーに入れて細かくする
3.オリーブオイルを少しずつ加えながら好みの固さのペーストにする
4.煮沸消毒した瓶に入れて、冷蔵庫で1〜2か月保存可能

パセリペーストをジップロックに入れて冷凍しておくと、半年程度保存することができます。パスタを作る時には、パルメザンチーズをプラスすると美味しく仕上がります。パンに塗ってトーストにしたりピザにかけるのもおすすめです。パセリだけでなくバジルなども混ぜ合わせると、更に香り良く美味しいペーストが仕上がります。

パセリの賞味期限が切れるとどうなる?

パセリが賞味期限切れになるとどのようになるのか、賞味期限が迫っている状態と食べられない状態をそれぞれ詳しく説明します。

賞味期限が危ない状態

賞味期限が迫っているパセリの状態を詳しく説明します。

・葉が萎れている
・茎が黒ずんでいる
・変色し始めている

みずみずしさがなくなったり色が変わったりしているものは、賞味期限が迫っています。黒ずんでいたり変色している部分は切り取って、新鮮な部分だけを早めに食べるようにしましょう。

腐って食べられない状態

パセリが腐っていて食べられない状態を詳しく説明します。

・枯れている
・カビが生えている
・ぬめりがある
・異臭がある


上記のような状態になったものは腐っているので食べることはできません。水に挿したまま水の交換をしなかったら、カビやぬめりが出やすいため気をつけましょう。

パセリは正しく保存しよう

パセリは料理の彩りや香りを良くするため、あると便利な食材です。一回に使う量が少ないため、正しく保存して新鮮さをキープさせておくと美味しいパセリを便利に使うことができます。レンジを使えば簡単にドライパセリが作れますし、ペーストやオイルにしておけば香り良いパスタなどワンランクアップした料理を簡単に作ることができるためおすすめです。

関連する記事