生チョコの賞味期限はいつまで?手作りは短い?日持ちする保存法も解説!

生チョコの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、生チョコの賞味期限を〈市販・手作り〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。生チョコの日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生チョコの賞味期限とは?
  2. 生チョコの賞味期限がチョコより短い理由
  3. 生チョコの賞味期限はどのくらい?
  4. 生チョコ(手作り)の賞味期限
  5. 生チョコ(市販)のメーカー別の賞味期限
  6. 生チョコの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  7. 賞味期限の定義
  8. 生チョコが腐っていなければ食べられる
  9. 腐ってる場合の見分け方
  10. 生チョコの日持ちする保存方法は?
  11. ①冷凍保存
  12. ②冷蔵保存
  13. 生チョコの常温保存はNG
  14. 生チョコの賞味期限に注意しよう

生チョコの賞味期限とは?

生チョコは、チョコレートに生クリームや洋酒などを混ぜ込んで作るチョコレート菓子の一種で、柔らかくなめらかな口どけが特徴です。ほとんどの生チョコはチョコよりも賞味期限が短くなっていますが、それは何故なのでしょうか。

生チョコの賞味期限がチョコより短い理由

チョコレートの賞味期限は未開封の状態で半年から1年程度ですが、生チョコの場合はこの期間よりも短くなります。これは、生チョコがチョコレートに生クリームや水分を加えて作られているため、傷みやすいことが理由です。生チョコを美味しく食べるために、購入後はなるべく早めに食べ切るようにしましょう。

生チョコの賞味期限はどのくらい?

生チョコはチョコレートよりも賞味期限が短いことが分かりましたが、実際の賞味期限はどの程度なのでしょうか。ここからは、手作りおよび市販の生チョコの賞味期限について解説します。

生チョコ(手作り)の賞味期限

手作りの生チョコは、当日から3日程度が賞味期限の目安です。市販の生チョコは、使用する器具を十分に殺菌し、原材料として保存料を混入して製造される場合もあります。一方で家庭で生チョコを作る場合、徹底的に器具を殺菌するのは難しく、保存料も添加せずに作ります。そのため、手作りの生チョコは市販の生チョコよりも傷み易く賞味期限が短いのが通常です。

生チョコ(市販)のメーカー別の賞味期限

メーカー名 賞味期限
チョコレートショップ(博多の石畳) 出荷日より7日
マーロウ 購入日を含めて7日
フランス菓子アルル 7日
エクチュア 出荷日より14日
エピナール 出荷日を含め14日
メゾンショーダン 14日
コージーコーナー 15日
cacao 発送日より21日
モンロワール 製造日より25日
チョコレートバーR 製造日から30日(解凍後は冷蔵で7日)
伊藤久右衛門 30日
ロイズ 30日
シャトレーゼ  30日(冷凍品の場合)
シルスマリア(竹鶴ピュアモルト) 30日
シルスマリア 30日
神戸フランツ 60日(解凍後は7日)
池ノ上ピエール 発送日から90日
ルタオ 製造から240日

上記の表は、市販の生チョコの賞味期限をメーカーごとに表したものです。出荷日を含めて7日程度のものから、製造から数か月まで日持ちするものもあり、メーカーによって大きなばらつきがあります。

賞味期限が長い生チョコの大半は、冷凍品であるか、原材料にラム酒等の酒類を使用しているのが特徴です。これは、酒類に含まれるアルコールには殺菌作用があり、食品を腐りにくくする効果があるためです。一方で、原材料に酒類を使用せずに作られ、かつ冷蔵品の生チョコは賞味期限が短い傾向にあります。

生チョコの賞味期限切れはいつまで食べられる?

生チョコの賞味期限が切れた場合は、いつまで安全に食べられるのでしょうか。ここからは、賞味期限切れの生チョコが食べられる期間と、腐った場合の見分け方について解説します。

賞味期限の定義

賞味期限とは食品を美味しく食べられる期間のことを指し、これに対して消費期限は安全に食べられる期間を指します。賞味期限は、各メーカーが算出した数値に1未満の安全係数を乗じたものを記すため、実際の賞味期限よりも短い期限が表示されています。そのため、食品に表示された賞味期限を多少過ぎても、問題なく食べることができるのが通常です。(※1)

生チョコが腐っていなければ食べられる

指定された方法で保存した食品は、賞味期限の1.2倍程度までなら期限切れでも問題なく食べられると言われています。例えば、賞味期限が7日の食品の場合は8日まで、14日の食品の場合は16日までであれば基本的には食べても問題ありません。(※2、3)

ただし、保存状態が悪く腐った生チョコは、賞味期限に関わらず食べるのは避けてください。

関連する記事

×