スコーンとは?マフィン・ビスケットと違いある?食感や作り方・レシピを紹介!

スコーンとはどんな食べ物か知っていますか?今回は、スコーンの名前の意味や味・食感に加えて、マフィン・ビスケットとの違いについても紹介します。スコーンの一般的な作り方や、簡単に作れる人気レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. スコーンとは?味・食感は?
  2. スコーンはスコットランド発祥の焼き菓子
  3. 「スコーン」の名前の意味・由来
  4. スコーンの味・食感
  5. 「スコーン」と「マフィン」の違いは?
  6. ①発祥地の違い
  7. ②食感の違い
  8. ③見た目の違い
  9. ④作り方・材料の違い
  10. ⑤食べ方の違い
  11. 「スコーン」と「ビスケット」の違いは?
  12. ①イギリス・アメリカでの呼び方の違い
  13. ②材料の違い
  14. スコーンの一般的な作り方は?
  15. 材料
  16. 作り方・手順
  17. スコーンの簡単で人気なレシピ
  18. ①ポリ袋で作るスコーン
  19. ②シリアル入りのスコーン
  20. スコーンを食べてみよう

スコーンとは?味・食感は?

焼き菓子のスコーンとは、どのようなお菓子なのでしょうか。ここではスコーンの歴史や、名前の由来などの基本的な情報を紹介します。食べた人の感想も一緒に見てみましょう。

スコーンはスコットランド発祥の焼き菓子

スコーンとはスコットランド発祥のパンの仲間に入り、バノックと呼ばれるパンが起源です。歴史は古く、1513年から文献の中に登場しているようで、オーブンやベーキングパウダーの普及により現在のスコーンの形になったとされています。現在ではスコットランド以外にイギリス全土やアメリカでもよく食べられています。

「スコーン」の名前の意味・由来

スコーンの名前の由来は以下のようなものがあります。

・オランダ語の良質な白いパンの意味の「schoonbroot」がスコットランドで「scone」になった
・スコットランドのスコーン村の戴冠式に使う椅子の、土台の形をしていた
・ゲール語で一口サイズの「sgonn」の意味で、イングランドに入り英語で「scone」となった


イギリスは主に4つの国に分けられ、国によって使われる言葉も違っていました。時代が下るにつれて現在のような呼び方になったとされています。イギリスでは「スコーン」と伸ばさず「スコン」と発音するようです。

スコーンの味・食感

出典:https://twitter.com/hokulani_iyo/status/1303481800786804737

スコーンの味や食感はレシピによってそれぞれ違うものの、冷たいバターや豊富な小麦粉を使用するためサクサクとした食感をしていますが、中はベーキングパウダーを使うため柔らかくなっています。また、味はイギリスでは甘くない味に作るため、クロテッドクリームやジャムをつけて、紅茶と食べるのが一般的です。

アメリカのスコーンとは、大きく生地を甘くして作るためそのまま何もつけずに食べます。

Twitterの口コミ

出勤前なのでゆっくりしていられなかったけど、英国展で買ったスコーンで朝食🥰
アールグレイとレーズンのスコーン美味しかった〜✨

Twitterの口コミ

気になってたカフェのスコーン買っちゃったよ!
これすんごい美味しいよ!!!!

(*イギリスでのスコーンの食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

イギリス流|スコーンの食べ方・マナーは?温め方や紅茶のおすすめも紹介!

「スコーン」と「マフィン」の違いは?

スコーンの他にマフィンは同じ焼き菓子ですが、それぞれの違いはどこなのでしょうか。見た目によっては違いがはっきりしないものもあります。スコーンとマフィンの材料や作り方の違いなどを知っておくと、作るときに材料や作り方に悩まずに済みます。

①発祥地の違い

マフィンにはケーキマフィンと呼ばれる種類がありますが、これはアメリカ発祥のお菓子で、スコーンとは発祥地が異なります。ケーキと呼ばれていますがパンに当たる種類で、他に似たものではカップケーキがあり、こちらはケーキの分類になります。

②食感の違い

関連する記事

×