白鮭とは?紅鮭・銀鮭との違いは?味やカロリー・栄養価など比較して紹介!

白鮭とはどんな鮭か知っていますか?紅鮭・銀鮭と違いはあるのでしょうか?今回は、白鮭の〈旬・値段・味・カロリー・栄養価〉など特徴を紅鮭や銀鮭と比較して紹介します。旬の白鮭を使ったレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 白鮭(しろざけ)とは?どんな魚?
  2. 白鮭の旬や生態
  3. 白鮭の名前の由来や別名
  4. 白鮭の味は?まずい?
  5. 白鮭と紅鮭・銀鮭の違いは?
  6. ①生息地の違い
  7. ②カロリーの違い
  8. ③栄養価の違い
  9. ④味・美味しさの違い
  10. 白鮭を使ったレシピ
  11. ①白鮭の味噌バター焼き
  12. ②白鮭のグラタン
  13. ③白鮭の南蛮漬け
  14. 白鮭を食べてみよう

白鮭(しろざけ)とは?どんな魚?

鮭にも様々な種類がありますが、その中でも白鮭とはどのような特徴をもつ魚なのでしょうか。ここでは、旬の時期や名前の由来に加えて、味の特徴に関しても体験談を交えて説明します。

白鮭の旬や生態

白鮭は古くから日本の川でとれる鮭の一種で、名前からも分かるように他の鮭に比べて赤色が薄く、淡いオレンジ色のような見た目をしています。旬の時期は産卵期の秋の時期で、取れる時期により味わいも異なるため、スーパーで安く購入できるものから高価なものまで値段も様々です。

白鮭の名前の由来や別名

白鮭は取れる時期により名前が変わり、様々な別名をもっています。スーパー見かける機会が一番多い白鮭は秋鮭と呼ばれるもので、名前の通り秋にとれる白鮭です。

一方、産卵の準備に入る前の春から夏にかけて収穫される白鮭は時鮭(ときしらず)と呼ばれます。また、北海道で秋頃に収穫される白鮭の中で成熟していないものは鮭児(けいじ)と呼ばれ、脂がのって非常に美味しく高値で取引されています。

白鮭の味は?まずい?

白鮭の旬は秋の時期であるのは、産卵のために川に戻ってくるため取れる量が増えることが理由です。しかし、この時期は魚卵に栄養が行くため、親の白鮭の旨みが半減するともいわれています。脂分が少なくさっぱりしている旬の白鮭は、鮭の脂っこさを好まない人にはおすすめです。白鮭の中でも時鮭や鮭児は脂分が多く収穫量も少ないため、高級な魚として市場では扱われています。

Twitterレビュー

おはようございます。
生の秋鮭がでていたので、今朝は秋鮭。
味がとっても淡白。脂も少なく、さっぱり。本来バターソテー向けですね。秋鮭。
秋鮭って、白鮭のことで、春は時鮭なのね。
どおりで同じ味だ 笑
銀鮭の甘塩が好きだー。

Twitterレビュー

時鮭の塩焼き。
最後の白鮭さん。淡白な味わいだけどその中に旨味があっておいしい。おいしくいただきます。ありがとう。

白鮭と紅鮭・銀鮭の違いは?

鮭の種類には白鮭の他に紅鮭や銀鮭がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。ここからは、生息地や栄養価・味の違いや、カロリーの違いなどについて解説します。

①生息地の違い

日本で一般的な鮭である白鮭は日本の川で収穫されますが、一方の紅鮭や銀鮭は日本の川で天然物が収穫されることはありません。紅鮭は北欧やロシアなど寒い地域で生息し、名前の通り赤色が強い見た目です。銀鮭は日本で見かけることが多いものはチリ産の養殖物で、日本産は養殖物が少し出回っています。

②カロリーの違い

100gあたり カロリー 糖質
白鮭 133kcal 0.1g
銀鮭 204kcal 0.3g
紅鮭 138kcal 0.1g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

上の表からも分かるように、白鮭は脂肪分が少ないため一番カロリーが低く、銀鮭は白鮭や紅鮭に比べて脂がのっているためカロリーが高めです。鮭は魚類の中では脂肪分が多めなので、カロリー制限をしている方は食べる量に注意が必要です。

③栄養価の違い

鮭にも白鮭・紅鮭・銀鮭と3つの種類があることが分かりましたが、栄養価も少し差があり、抗酸化物質の一種であるアスタキサンチンの含有量が異なります。アスタキサンチンとは赤い色素を持つ栄養素で、鮭の赤色はここからきており、色からも分かるように、紅鮭が一番含有量が多く、銀鮭、白鮭と続きます。アスタキサンチンは老化防止や生活習慣病の予防にも効果的です。

④味・美味しさの違い

白鮭は紅鮭や銀鮭に比べて脂肪分が少なく身がしっかりと締まっており、淡白な味わいであっさりと食べることができます。一方、銀鮭は脂がのっているためこってりとしたコクのある味わいが特徴です。紅鮭はしっかりと鮭の旨みが感じられるので、シンプルに鮭の味を楽しむ際におすすめの種類です。

このようにそれぞれの種類で味や美味しさは異なりますが、人によって好みが分かれるので、どの鮭が自分の味覚に合うか食べ比べてみるのも良いでしょう。

白鮭を使ったレシピ

淡白でさっぱりした味が特徴の白鮭ですが、様々なアレンジ料理があります。ここでは、白鮭に合う料理のレシピを3つ紹介します。

①白鮭の味噌バター焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6424645

味噌にバターのコクが加わった、白鮭の味噌バター焼きのレシピです。白鮭は脂身が少ないので、バターを沢山使って調理してもくどい味付けになりません。

秋鮭とズッキーニの味噌バター焼き by ヤマユーキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②白鮭のグラタン

出典:https://cookpad.com/recipe/6425746

淡白な白鮭とこってりしたクリームソースの相性は良く、グラタンにすると簡単に美味しく食べることができます。サツマイモ以外にもキノコやかぼちゃなど他の秋の食材と合わせるのもおすすめです。

秋鮭とサツマイモのグラタン by マルイチ産商 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③白鮭の南蛮漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/6439680

酸味のある南蛮漬けのタレに白鮭の旨みが絡んだ、美味しいレシピです。油で揚げていますが、お酢の入ったタレに付けるのでこってりしすぎず沢山食べられます。

秋鮭の南蛮漬 by kinocoo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

白鮭を食べてみよう

脂分が少なくさっぱりとした白鮭はそのままシンプルに焼いても美味しいですが、こってりしたソースや味付けとも非常に相性が良いです。他の鮭に比べてカロリーも低いのでダイエット中の方にもおすすめです。脂っぽい魚が沢山食べられない方も、白鮭であれば食べやすいので、ぜひ色々な白鮭の料理を試してみてください。

関連する記事