カレー1人分・2人分の作り方は?ルウ・具材の適量やレンジでの簡単レシピも紹介!

カレー1人分/2人分の量について知っていますか?今回は、カレー1人分/2人分の<ルウ・水分・具材>の量や、電子レンジを使って簡単に作る方法も紹介します。フライパンや鍋での作り方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カレー1人分/2人分のルウの量は?
  2. カレー1人分あたりのルウの量は一欠片
  3. カレールウ一欠片に対する水分量
  4. カレー1人分/2人分の具材はどうする?
  5. カレー1人分あたりの具材の量
  6. 冷凍野菜を使うのがおすすめ
  7. カレー1人分の電子レンジでの作り方・レシピ
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. カレー1人分のフライパンでの作り方・レシピ
  11. 材料
  12. 作り方・手順
  13. カレー1人分の鍋での作り方・レシピ
  14. 材料
  15. 作り方・手順
  16. カレー1人分の作り方をマスターしよう

カレー1人分/2人分のルウの量は?

カレーというとたくさん作って残ったカレーを次の日も食べるというイメージがあるかもしれませんが、一人暮らしの場合はできるだけ少なく作りたいものです。カレーを1人分のルウや水の量はどのくらいなのでしょうか。

カレー1人分あたりのルウの量は一欠片

カレールウの箱には、ひと箱で作れる8~12皿分用のレシピとその半分の4~6皿分用のレシピが掲載されています。基本的にルウが溶けやすいように簡単に小分けされておりまた割れ目が入れられていますが、その一欠片がちょうど1人分です。

カレールウ一欠片に対する水分量

ここで気になるのはルウ一欠片分の水分量ですが、100g~200gがすすめられています。薄くならないように最初に水を少なめに入れて後で調整することもできます。簡単にまとめるとカレールウ一欠片・水150g・具(肉や野菜など)を入れて作ると一人暮らしの方にちょうどのカレー1人分ができるという訳です。

カレー1人分/2人分の具材はどうする?

では、次にカレー1人分の具材の量をお伝えするので、2人分なら単純に倍の量になります。どのようなものをどのくらい入れればよいか紹介するので参考にしてください。

カレー1人分あたりの具材の量

カレーには多くの場合、様々な具材が入るため一つ一つの具材は少量となります。主にカレーで用いられる4つの具材の1人分の量は以下の通りです。

・じゃがいも(1/4個)
・玉ねぎ(1/4~1/3個)
・人参(1/4個)
・肉(120g)

カレールウの箱に記載されている8皿分や12皿分に比べて、かなり各具材の量が少ないことが分かります。火の通りを早めるために小さめに切るなど具材のサイズにも注意すれば、短時間で調理できるでしょう。

冷凍野菜を使うのがおすすめ

冷凍野菜は、すでに下茹でされている事や小さめにカットされているため少量のカレーを作るのにとても適しています。生の具材を一つ一つ準備するよりもミックスベジタブルなどの冷凍野菜を80g~100gほどを加えるなら、具だくさんの美味しいカレーが手短にできるでしょう。

冷凍の野菜だけでなく冷凍のシーフードミックスを加えてシーフードカレーにするなどアレンジを加えることもできます。

カレー1人分の電子レンジでの作り方・レシピ

大きな鍋で作るイメージのあるカレーですが実は、カレーは1人分や2人分であれば電子レンジでも簡単に作ることが可能なため一人暮らしの方にもおすすめです。

材料

1人分
・豚こま(50g)
・じゃがいも(1/2個)
・玉ねぎ(1/4個)
・人参(1/8個)
・水(150g)
・カレールウ(1欠片)

作り方・手順

電子レンジで作る際の手順を見てみましょう。

①じゃがいもを3cm幅の角切りにする
②玉ねぎは薄切り、人参は幅5㎜の半月切りにする
③水を耐熱性のボールに入れて具材と共に600wで10分加熱する
④電子レンジから一度取り出し、ルウを入れてよく混ぜる
⑤再度、3分加熱する


水の量やルウの量は好みによって調節することができますが、具材のサイズを小さめに切ることでしっかりと加熱されるでしょう。もし、加熱が足りない場合はさらに1~2分ずつ温めて様子を見て下さい。

カレー1人分のフライパンでの作り方・レシピ

次に、フライパンで作る1人分のカレーの作り方を見てみましょう。手軽にできる方法なので参考にしてみてください。

材料

1人分
・玉ねぎ(大1/4個)
・じゃがいも(大1/2個)
・鶏むね肉(100g)
・塩・胡椒(少々)
・油(適量)
・水(300ml)
・カレールウ(1欠片)

作り方・手順

フライパンで作るカレーの作り方の手順は以下の通りです。

①じゃがいもは食べやすいサイズに切り、電子レンジで温めておく
②玉ねぎを薄切りにして、一口大に切った鶏肉と一緒にフライパンで炒める
③塩・胡椒をふりかけ、しんなりしたら温めておいたじゃかいもを加える
④水を入れて煮立たせる
⑤じゃがいもに火が通ったら、火を止めてルウを入れる
⑥最後にもう一度火をかけてとろみをつける


このレシピは、直径22cmの少し深めのフライパンでちょうど良く作れるレシピとなっています。電子レンジで作る際と同様に、手短に作れることや洗い物が少ないのも魅力的でしょう。

カレー1人分の鍋での作り方・レシピ

最後に、鍋で作るカレー1人分を紹介します。王道の作り方ですが、量が少なくても鍋で美味しく作ることができます。

材料

1人分
・豚こま・牛こま(50g)
・じゃがいも(中1/2個)
・人参(中1/3個)
・玉ねぎ(中1/2個)
・油(小1)
・カレールウ(1欠片)
・水(150g)

作り方・手順

鍋で作る場合も同じように、水の量が多くないため具材のサイズは小さめがおすすめです。

①鍋に油を入れ、野菜と肉を炒める
②水を入れて中火で10分間煮る
③一度火を止めてルウを入れる
④再度、火をつけて一煮立ちさせる


中火で煮込んでいる際に、アクがでてきたらお玉で取ることをおすすめします。量が少ないので焦げてしまわないように時々混ぜながら作りましょう。

カレー1人分の作り方をマスターしよう

鍋だけでなく電子レンジやフライパンを使ってカレー1人分・2人分の分量や作り方を紹介しました。電子レンジや冷凍食品を使うことで、少ない量で簡単にカレーを作れるので一人暮らしの人でもカレーを素早く作って楽しむことができるでしょう。

関連する記事