刺身用サーモンには寄生虫はいない?生で食べても安全な理由を解説!

刺身用サーモンに寄生虫は本当にいないのでしょうか?川魚は危ないと聞きますよね。今回は、刺身用サーモンに寄生虫がいない理由や、天然のサーモン(鮭)には気をつけるべき理由も紹介します。〈アニサキス・サナダムシ〉など、天然のサーモン(鮭)にいる寄生虫についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. サーモンは生食OK?寄生虫はいないの?
  2. 刺身用サーモンに寄生虫がいない理由とは?
  3. サーモンは全て養殖で管理されているため
  4. 天然の鮭は生食できない
  5. 天然のサーモン(鮭)にはどんな寄生虫がいるの?
  6. ①アニサキス
  7. ②サナダムシ
  8. 寄生虫のいるサーモン(鮭)を食べたらどうなるの?症状は?
  9. 刺身用サーモンに寄生虫はいない!

サーモン(鮭)に寄生する寄生虫にはアニサキスやサナダムシなどの種類があると紹介しましたが、これらを食べてしまった場合には以下のような症状が表れます。

・腹痛
・嘔吐
・下痢
・めまい
・意識障害
・痙攣


腹痛や嘔吐などは人体へ害がある寄生虫を食べた場合に高い確率で起こる症状です。特にアニサキスを誤って食べた場合は激しい腹痛に襲われることがほとんどで、アニサキスを取り除くまではかなりの激痛を伴います。また、寄生虫によっては放っておくと脳にまで達する場合もあるので、違和感を感じたら必ず病院へ行きましょう。

刺身用サーモンに寄生虫はいない!

刺身用のサーモンは衛生管理が徹底された養殖場から出荷されているので、寄生虫の心配はほとんどないことが分かりました。一方で天然の鮭はアニサキスが寄生している可能性があるため、生食はしないことをおすすめします。天然の鮭を食べる場合は、寄生虫のリスクを減らすためにも今回紹介した加熱調理や冷凍などの方法で対策をすることを心がけましょう。

関連する記事

×