3月が旬の食材・食べ物30選|野菜・果物・魚介類別に活用レシピとともに紹介!

3月が旬の食材・食べ物には何があるか知っていますか?今回は、3月が旬の食材・食べ物を〈野菜・果物&フルーツ・魚介類〉別にそれぞれ食べ方のおすすめとともに紹介します。3月が旬の食材を活かしたレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 3月が旬の食材には何がある?
  2. 3月が旬の食材・食べ物10選|野菜
  3. ①かぶ
  4. ②カリフラワー
  5. ③春キャベツ
  6. ④しいたけ
  7. ⑤春菊
  8. ⑥新玉ねぎ
  9. ⑦セロリ
  10. ⑧たけのこ
  11. ⑨ニラ
  12. ⑩ふきのとう
  13. 3月が旬の食材・食べ物10選|果物・フルーツ
  14. ①いちご
  15. ②いよかん
  16. ③オレンジ
  17. ④金柑
  18. ⑤デコポン
  19. ⑥文旦
  20. ⑦キウイフルーツ
  21. ⑧りんご
  22. ⑨日向夏
  23. ⑩ベビーキウイ
  24. 3月が旬の食材・食べ物10選|魚介類・海鮮
  25. ①あさり
  26. ②ズワイガニ
  27. ③さわら
  28. ④白魚
  29. ⑤海苔
  30. ⑥牡蠣
  31. ⑦真鯛
  32. ⑧はまぐり
  33. ⑨しらす
  34. ⑩わかめ
  35. 3月が旬の食材を活かした料理レシピ!
  36. ①若竹煮
  37. ②ふきのとうの天ぷら
  38. ③あさりとキャベツの酒蒸し
  39. ④さわらのあんかけ
  40. ⑤キウイといちごのロールケーキ
  41. ⑥オレンジゼリー
  42. 3月が旬の食材を使って料理しよう!

3月が旬の食材には何がある?

日差しが軟らかくなる春の季節に、旬を迎える食材はたくさんあります。旬を迎えた野菜や果物、魚介類は栄養価が高いので、積極的に食卓に取り入れたいところです。ここでは3月が旬にあたる野菜や果物、魚介類を特徴とともに紹介します。3月が旬の食材を使ったレシピも紹介するので、参考にしてみてください。

(*春が旬の食材について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

春が旬の食材といえば?野菜・魚・果物別に21こを一覧で!料理レシピのおすすめも紹介!

3月が旬の食材・食べ物10選|野菜

3月に旬を迎える野菜として、以下のものが挙げられます。

・かぶ(10月〜3月)
・カリフラワー(11月〜3月)
・春キャベツ(3月〜5月)
・しいたけ(3月〜5月)
・春菊(11月〜3月)
・新玉ねぎ(3月〜4月)
・セロリ(12月〜4月)
・たけのこ(3月〜5月)
・ニラ(3月〜5月)
・ふきのとう(1月〜4月)

3月に旬を迎える野菜の中には通年で見かけるものも多いですが、旬の時期以外に流通するものよりも栄養価が高いです。ここでは、3月が旬の野菜について、産地や特徴などを交えながら10種類紹介します。

(*春が旬の野菜について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

春の野菜といえば?どんな種類がある?素材を生かした調理法・レシピのおすすめも紹介!

①かぶ

かぶは全国で様々な種類が栽培されていますが、そのなかでも千葉県と埼玉県での収穫量が多いです。根だけでなく葉も美味しく食べることができ、漬物や煮物、スープにする調理方法もおすすめです。葉は茹でておひたしや和え物にすると、美味しく食べられます。

(*かぶの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

かぶの旬の時期は秋?春?栄養素や選び方に加えレシピのおすすめも紹介!

②カリフラワー

淡色野菜であるカリフラワーは、徳島県や福岡県、茨城県などで栽培されています。茹でてから調理するのが基本で、サラダやピクルスなどで食べるのが一般的です。またミキサーにかけてポタージュにしたり、パスタの具材や炒め物にする料理方法もあります。

(*カリフラワーの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

カリフラワーの旬の時期・季節は?種類は?選び方・栄養価やレシピのおすすめを紹介!

③春キャベツ

3月に旬を迎える春キャベツは、千葉県や愛知県、神奈川県などが主な産地です。春キャベツは葉が柔らかく、巻き方も緩やかとなっています。そのため、生でサラダや浅漬けなどにして食べても美味しい野菜です。そのほかにも、炒め物や煮物などに加熱調理した料理も人気です。

(*キャベツの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

キャベツの選び方や旬の時期は?色・形など種類別の見分け方を解説!

④しいたけ

生しいための主な産地は、徳島県や岩手県、北海道、群馬県、栃木県などが挙げられます。風味豊かなしいたけは加熱調理が基本ですが、旬の時期は焼いて生姜醤油などにつけて食べるのがおすすめです。また揚げ物や炒め物、煮物などの料理に使っても、その旨味を楽しめます。

(*しいたけの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

しいたけの旬の時期・季節はいつ?栄養価や選び方のポイントは?食べ方のおすすめも紹介!

⑤春菊

春菊の主な産地は、千葉県や大阪府、群馬県、茨城県などです。春菊は種類によって葉の広さや切れ込みの具合が異なる野菜で、下茹でしてお浸しや和え物にするほか、鍋物などによく使われます。サラダにする際には春菊に熱湯をかけ、冷水にとってから食べましょう。

(*春菊の旬ついて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

春菊が旬の時期はいつ?冬!?名前の由来や選び方・レシピのおすすめなど紹介!

⑥新玉ねぎ

玉ねぎの中でも新玉ねぎは3月に旬を迎えますが、北海道や静岡県で栽培されています。新玉ねぎは水分が多く甘みが強いため、サラダなどにして生のままで食べるのがおすすめです。一方で焼いたり炒めたりして加熱調理すると、甘味が引き出されて美味しくなります。

(*新玉ねぎの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

新玉ねぎの旬・収穫時期は?選び方や保存法〜食べ方のおすすめまで紹介!

⑦セロリ

原産が地中海沿岸またはインド周辺とされているセロリは、国内では主に長野県や静岡県で栽培されています。セロリは肉の臭み消しとして使われる香味野菜の1つで、生のまま食べることもできます。香りを楽しみたい時には、炒め物や天ぷらに調理するのがおすすめです。

(*セロリの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

セロリの旬の時期・季節はいつ?種類や産地で違う?選び方や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑧たけのこ

たけのこの生産量が最も多いのは福岡県で、鹿児島県や熊本県などでも収穫されます。たけのこはアク抜きをしたうえで、天ぷらや焼き込みご飯、煮物、炭火焼きなどに調理して食べます。

(*たけのこの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

たけのこが旬の時期はいつ?種類・地域別の収穫時期や選び方のポイントも紹介!

⑨ニラ

匂いが強いことで知られるニラには黄ニラと花ニラの2種類があり、前者は岡山県で、後者は新潟県や静岡県で生産されています。レバニラ炒めなどの炒め物や煮物、汁物など加熱する料理に使われることが多いです。手早く茹でたニラをお浸しや和え物にしても美味しいです。

(*ニラの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ニラの旬・収穫時期いつ?栄養価や選び方のポイントは?食べ方のおすすめも紹介!

⑩ふきのとう

春の山菜の1つであるふきのとうは独特な苦味と香りが特徴的な野菜で、全国各地に自生しています。ふきのとうは下茹でしてからお浸しや和え物などの料理にするほか、天ぷらとして食べても美味しいです。ソテーやパスタの具材など、洋食にも活用することができます。

3月が旬の食材・食べ物10選|果物・フルーツ

3月に旬を迎える果物の具体例は、以下の通りです。

・いちご(2月〜4月)
・いよかん(12月〜3月)
・オレンジ(1月〜3月)
・金柑(1月〜3月)
・デコポン(2月〜4月)
・文旦(1月〜3月)
・キウイフルーツ(1月〜3月)
・りんご(11月〜3月)
・日向夏(3月〜4月)
・ベビーキウイ(2月〜3月)

3月に旬を迎える果物は、いよかんやオレンジなどの柑橘類が多いのが特徴です。また、旬の時期が短い果物が大半なので、3月には積極的に旬の果物を食べておきたいところです。ここでは、3月が旬の時期である果物を10種類紹介します。

(*春が旬の果物について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

春の果物|人気ランキングTOP11!旬の時期におすすめなレシピも紹介!

①いちご

3月に旬を迎える果物であるいちごは、主に栃木県や福岡県、熊本県、長崎県などで生産されています。旬のいちごは生食がおすすめで、美味しく食べるポイントは食べる直前にヘタをつけたまま水洗いをすることです。3月に安いいちごをまとめ買いした時には、ジャムやピューレにして長期保存しましょう。

(*いちごの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

いちごの旬はいつ?一番美味しい&いちご狩りにおすすめな時期を紹介!

②いよかん

濃い橙色が特徴的ないよかんは、柔らかい果肉と豊富な果汁をもつ、酸味と甘味のバランスがよい果物です。大半が愛媛県で栽培されており、旬の時期は生のままで食べても美味しいです。果汁やすりおろした皮を鶏肉や豚肉の料理のソースに使うほか、ドレッシングの材料に活用することもできます。

③オレンジ

インドが原産のオレンジは、国内では広島県や和歌山県で栽培されている果物です。収穫は12月に行われ、貯蔵期間を経て2月から出荷が始まります。生食するほか、お菓子や洋風料理のソースの材料としても使うことができ、皮は砂糖漬けにして食べても美味しいです。

④金柑

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/51tfGOKAwbL._AC_.jpg

金柑は中国が原産の果物で、国産品の大半は宮崎県で栽培されています。柑橘類の中では小さめで皮ごと食べることができ、皮の苦味と果肉の甘みが味わえます。ジャムや甘露煮にしたり、シャーベットやソースにしたりと料理への活用方法が幅広い果物です。

(*金柑の旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

金柑の旬・収穫時期はいつ?たまたまなど種類や保存方法・選び方を紹介!

⑤デコポン

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/41+-MQNeCUL._AC_.jpg

デコポンは清見と中野3号ポンカンを掛け合わせて作られた果物で、主な産地は熊本県と愛媛県です。皮が剥きやすく内側の房の部分も柔らかいので、生でも美味しく食べられます。果汁が豊富なのでジュースにしたり、ケーキやタルトのトッピングにしたりすることも多い果物です。

⑥文旦

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/51Zhdzyv6vL._AC_.jpg

東南アジアが原産の文旦は、国内では高知県や熊本県で栽培されています。柑橘類の中でも果実が大きいのが特徴的な果物で、1個あたりの重さが2kg以上のものもあります。酸味と甘味のバランスがよいことから、生で食べるほかサラダに使われることが多く、漬物やマーマレードなどに調理して食べても美味しいです。

⑦キウイフルーツ

中国が原産のキウイフルーツの国内における主な産地は、愛媛県や福岡県、和歌山県となっています。追熟させると甘味が増すのが特徴で、生で食べるのが主流です。果肉をミキサーにかけたものを、シャーベットや料理のソースとして使うこともできます。

(*キウイフルーツの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

キウイが旬の時期はいつ?産地は?選び方のポイントや食べ頃の見分け方も紹介!

⑧りんご

りんごは品種が多く、日本で栽培されているものは2000種類を超えると言われています。日本のりんごの収穫量のうち、青森県で栽培されているものが大半を占めています。品種によって糖度は異なり、そのまま生食する機会が多い果物です。加熱すると甘味が増すため、ジャムや焼き菓子の材料としても使われています。

(*りんごの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

りんごの旬の時期・季節はいつ?産地・品種で違う?選び方や栄養価なども紹介!

⑨日向夏

日向夏は柚子の突然変異から誕生したと言われている果物で、特産品として知られる宮崎県のほかに高知県でも栽培されています。ワタにも甘味があるので、黄色い表面の皮だけを剥いて生食するのがおすすめです。爽やかな果汁を、ジュースやマーマレードに調理しても美味しいです。

⑩ベビーキウイ

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/71KkYCSivtL._AC_SL1500_.jpg

ベビーキウイは2cmから3cm程度のミニトマトほどの大きさが特徴的な果物で、皮が薄いため皮ごと生食することができます。果肉は鮮やかな緑色をしており、甘みと酸味が強い濃厚な味わいが特徴です。日本で流通しているベビーキウイは、チリ産やアメリカ産などの輸入品がほとんどです。

3月が旬の食材・食べ物10選|魚介類・海鮮

3月が旬である魚介類として、以下のものが挙げられます。

・あさり(2月〜4月)
・ズワイガニ(1月〜3月)
・さわら(3月〜5月)
・白魚(3月〜5月)
・海苔(12月〜3月)
・牡蠣(12月〜4月)
・真鯛(2月〜4月)
・はまぐり(2月〜3月)
・しらす(3月〜6月)
・わかめ(3月〜5月)


通年で流通している魚介類も多いですが、旬の時期のものの方が旨味や栄養価が高いです。ここでは3月が旬の時期である魚介類の中でも、人気の高い10種類を主な産地や食べ方などを交えながら紹介します。居住地域や旅行先で水揚げされる魚介類は、積極的に食べてみましょう。

(*春が旬の魚介類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

春が旬の魚介類といえば?名産地〜美味しい食べ方・レシピまで紹介!

①あさり

潮干狩りで収穫されることも多いあさりは、主に愛知県で漁獲されています。産卵期である3月に旬を迎えるあさりは、身がふっくらとして美味しくなります。酒蒸しや汁物などの料理に使うとあさりから出汁が出て美味しくなり、炊き込みご飯やパスタの具材として使うことも多いです。

(*あさりの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

あさりの旬の時期・季節はいつ?選び方や栄養価は?砂抜きや食べ方のおすすめも紹介!

②ズワイガニ

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/91VhVrWOGHL._AC_SL1500_.jpg

ケセンガニ科に分類されるズワイガニは、兵庫県や鳥取県で水揚げされています。漁獲時期が定めされているため旬の時期以外に入手するのが難しく、冬から初春にかけて味わいたい魚介類の1つです。旬の新鮮なズワイガニは刺身などで生食しても美味しく、茹でたり蒸したりした料理も人気です。

③さわら

出典:https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%83%A9

さわらは成長に伴い呼び名が変化する出世魚で、成魚の体長は1m以上にも及びます。さわらは春の時期に産卵のために瀬戸内海に集結するのが特徴で、関西方面ではこの時期に漁獲量が増えます。新鮮なものは刺身でも食べらますが、塩焼きや味噌焼きにして食べるほか、マリネや燻製にしても美味しいです。

(*さわらの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

さわら(鰆)の旬の時期・季節はいつ?産地で違う?栄養価・選び方や食べ方のおすすめも紹介!

④白魚

出典:https://www.umai-aomori.jp/season-report/seasonal/shirauo.html

ハゼ科の小魚である白魚は体長が3~6cm程度と小さく、生きているものは黄色味を帯びていますが死んで時間が経過すると白色に変色します。主な産地は福岡県の室見川と愛媛県の岩松川で、これらの産地で獲れた白魚は生のままで踊り食いすることができます。また、かき揚げやお吸い物、卵焼きなどの料理の具材として使われることも多いです。

⑤海苔

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/41z7H5pK8IS._AC_.jpg

遠浅の海に生息することで知られる海苔も、3月に旬を迎える魚介類の1つです。主な産地は有明海に接している佐賀県や福岡県、熊本県、長崎県です。海苔は海藻の中でも旨味が強く、旬の生海苔はそのままご飯や豆腐に乗せて食べるのがおすすめです。また三杯酢や天ぷら、味噌汁の具にしても美味しくなります。

⑥牡蠣

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/71CODT+OQYL._AC_SL1500_.jpg

二枚貝の一種である牡蠣の主な産地は広島県で、宮城県や岡山県でも漁獲されています。産卵期を控えて栄養を蓄える3月に最も旨味と栄養価が増し、新鮮なものは生食することができます。蒸したり焼いたりするほか、フライや天ぷら、グラタンにしても美味しいです。

(*牡蠣の旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

牡蠣の旬の時期・季節はいつ?種類や産地で違う?選び方やレシピのおすすめも紹介!

⑦真鯛

日本の祝い事に欠かせない真鯛は市場では30~70cm程度のものが並んでいますが、なかには1mを超えるものもあります。主な産地は長崎県や福岡県、愛媛県となっており、産卵期にあたる3月が旬の時期です。活締めした真鯛は刺身や昆布締めにすると美味しく、焼き物や煮物、蒸し物、鍋物などに調理されることもあります。

(*真鯛の旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

真鯛の旬の時期・季節は?春と秋の2回?天然と養殖の見分け方や値段を紹介!

⑧はまぐり

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/A1+hkvGiPFL._AC_SL1500_.jpg

淡水が流入する海に生息するはまぐりの多くは、茨城県で漁獲されています。産卵に向けて栄養を蓄える初春に旬を迎え、3月のひな祭りにお吸い物として使われることが多いです。焼いたり煮たりしても美味しく、ブイヤベースの具材に使うのもおすすめです。

(*はまぐりの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

はまぐりの旬の時期・季節はいつ?産地で違う?美味しい食べ方・レシピも紹介!

⑨しらす

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/71vSZ80hqUL._AC_SL1200_.jpg

しらすはいわしやうなぎなど体に色素がない透き通った稚魚の総称で、体長が1~2cm程度の魚介類です。日本で最も漁獲量が多いのは静岡県で、和食店では新鮮な生しらすを使った丼が提供されています。しらすは傷みやすいため、塩茹でした釜揚げしらすや、天日干ししたちりめんじゃことして広く流通しています。

(*しらすの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

しらすの旬の時期・季節はいつ?産地で違う?栄養価や食べ方のおすすめも紹介!

⑩わかめ

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81vDeziPRXL._AC_SL1500_.jpg

海藻の一種であるわかめは11月に発芽し、成熟する前に収穫されます。主な産地は岩手県と宮城県の沿岸部、四国の鳴海海峡、三重県の伊勢湾です。わかめは塩漬けや乾燥などの様々な加工品として流通していますが、生のわかめは味噌汁やスープに入れたり酢の物にしても美味しく食べられます。

(*わかめの旬について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

わかめの旬の時期・季節はいつ?種類別の特徴や食べ方のおすすめも紹介!

3月が旬の食材を活かした料理レシピ!

3月が旬の野菜や果物、魚介類を使った料理には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、3月に旬を迎える食材を使ったレシピを6つ紹介するので、参考にしてください。

①若竹煮

出典:https://cookpad.com/recipe/6788406

3月が旬のたけのことわかめを使った、若竹煮のレシピです。このレシピでは顆粒の和風だしと白だしを使っているので、出汁を取る手間もなく簡単に作れます。

若竹煮☆白だしで簡単♪筍とワカメの煮物 by KBBキッチン☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

②ふきのとうの天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/6667608

苦味のあるふきのとうを天ぷらにすると、子供でも食べやすくなります。このレシピのようにてんぷら粉を使って衣を薄めにつけて揚げると、美味しく仕上がります。天つゆではなく、塩を付けて食べて素材の味を楽しんでもよいでしょう。

天ぷら粉で簡単!ふきのとうの天ぷら♪ by 花時計咲いた 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

③あさりとキャベツの酒蒸し

出典:https://cookpad.com/recipe/2555831

3月が旬の食材であるあさりと春キャベツを使った、酒蒸しのレシピです。生姜を炒めて香りを出してからキャベツを投入すると、風味よく仕上がります。あさりとバターの旨味がキャベツに染み込み、野菜が美味しく食べられます。

キャベツとあさりの酒蒸し by チイチャンママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

④さわらのあんかけ

出典:https://cookpad.com/recipe/4247439

ヘルシーにさわらを食べたい時には、しいたけやしめじを使ったあんかけがおすすめです。このレシピではしいたけとしめじのあんかけに柚子を加えることで、風味豊かに仕上げています。脂の乗ったさわらを、さっぱりと食べられる一品です。

簡単和食!サワラと椎茸しめじの柚子餡掛け by 331ミミイ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

⑤キウイといちごのロールケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/6603423

ロールケーキにサンドする生クリームにいちごとキウイフルーツを加えると、彩りも美しい一品になります。旬のいちごとキウイフルーツの甘酸っぱさと、食感の違いを楽しめます。カロリーオフしたい時には、ヨーグルトでクリームを作るのもおすすめです。

フライパンでいちごとキウイのロールケーキ by クックパッド料理動画 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

⑥オレンジゼリー

出典:https://cookpad.com/recipe/4954277

旬の柑橘類の果肉や果汁を使った、ゼリーのレシピです。このレシピではいよかんを使っていますが、オレンジや文旦、日向夏を使っても美味しく仕上がります。香りづけにコアントローを加えると、味が締まります。

オレンジゼリー(伊予柑) by hanami0087 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

3月が旬の食材を使って料理しよう!

今回は3月が旬の野菜や果物・フルーツ、魚介類の特徴やおすすめの食べ方などを紹介しました。旬の食材を使って料理を作ると、美味しいだけでなく栄養価の高い食事が摂れます。3月に旬を迎える食材を使って、美味しい料理を作ってみましょう。

関連する記事