ゴーヤは生で食べられる?生だと栄養価が高いメリットも?食べ方・レシピのオススメを紹介!

【野菜ソムリエ監修】ゴーヤは生で食べられるか知っていますか?今回は、生のゴーヤは生食できるのかや生で食べるメリットにくわえ、苦味がないレシピのおすすめを紹介します。生ゴーヤの苦味の取り方や選び方のポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 池田奈央
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「...
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「食から考える心と身体の健康経営」の人材育成セミナーにも力を入れている。

目次

  1. ゴーヤは生でも食べられるの?
  2. ゴーヤは生食できる
  3. ゴーヤを生で食べるメリットは?
  4. 加熱するより生の方が栄養価を摂れる
  5. ゴーヤの下処理・下ごしらえの方法は?
  6. ①ワタを取る
  7. ②料理に合わせ切る
  8. ③苦味をとる
  9. 生ゴーヤの苦味がない食べ方・レシピのおすすめ
  10. ①ゴーヤのフルーツサラダ
  11. ②ゴーヤとバナナのジュース
  12. ③ゴーヤヨーグルトジュース
  13. ④ゴーヤとシーチキンのマヨサラダ
  14. ⑤鯖水煮缶とゴーヤのマヨサラダ
  15. ⑥玉ねぎとゴーヤのサラダ
  16. ⑦ゴーヤの酢の物
  17. ⑧ゴーヤとレモンのスムージー
  18. ⑨ゴーヤとりんごのスムージー
  19. ⑩ゴーヤの塩昆布和え
  20. ⑪ゴーヤとコーンのサラダ
  21. ⑫ゴーヤとスイカのジュース
  22. ゴーヤの選び方のおすすめは?
  23. ①ゴーヤの苦くないのの選び方
  24. ②ゴーヤの新鮮な選び方
  25. ゴーヤを生で美味しく食べよう

ゴーヤは生でも食べられるの?

夏になると見かける機会が増えるゴーヤは、肉などと一緒に炒めた「ゴーヤチャンプル」に使うイメージが強い方が多いかもしれません。ゴーヤは加熱せずに生で食べることもできるのでしょうか?ここでは、ゴーヤが生食できるかどうかについて解説します。

池田奈央

野菜ソムリエ

ゴーヤチャンプルのチャンプルとは、沖縄方言のちゃんぽんから変化したと言われています。 チャンプルとは、混ぜるという意味ではなく、豆腐を入れて強火で炒めるという調理法を意味します。

ゴーヤは生食できる

ゴーヤは苦味が強い野菜なので生食は難しく感じるかもしれませんが、実際には生で食べることができます。生のゴーヤには、加熱したゴーヤでは味わえない歯触りの良さやみずみずしさがあるため、生食ならではの楽しみ方をすることができます。

これまで加熱調理のみでゴーヤを味わっていた場合は、生で食べるレシピに挑戦してみると料理のバリエーションが広がるでしょう。

池田奈央

野菜ソムリエ

ゴーヤの苦味を見分けるの方法には、色が濃くてイボが密集しているもの→苦味が強い。 色が薄く太っているもの→苦味が少ない。 好みに合わせてゴーヤをチョイスしてみてください。

ゴーヤを生で食べるメリットは?

生のゴーヤには、加熱したゴーヤでは得ることのできない健康上のメリットがあります。ここでは、生のゴーヤを食べる健康上のメリットについて、加熱したゴーヤと比較しながら解説します。

加熱するより生の方が栄養価を摂れる

ゴーヤには、以下のような栄養素が含まれています。

・ビタミンC
・ビタミンB群
・鉄分
・カリウム
・食物繊維


ゴーヤは、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含む栄養価の高い野菜です。特にビタミンCの含有量が非常に多く、ゴーヤ1本あたりにはレモン3個分に相当するビタミンCが含まれています。ほか、体内の正常な代謝に不可欠なビタミンB群も含まれているのが特徴です。

ただし、ビタミンCやビタミンB群は、熱に弱い性質を持つので加熱すると摂取できる量が少なくなってしまいます。生のゴーヤであれば、ビタミンCやビタミンB群を無駄なく摂取できるので、健康維持のためには生で食べた方がメリットが大きいと言えるでしょう。

(*ゴーヤの栄養価について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ゴーヤの栄養価と効果・効能がすごい!苦味が鍵?成分を逃さない食べ方も紹介!

ゴーヤの下処理・下ごしらえの方法は?

ゴーヤは、切ってすぐに食べられるキュウリやレタスなどと違って、食べる前には下処理や下ごしらえをしておく必要があります。ここでは、ゴーヤを食べる際に必要な下処理や下ごしらえの方法を解説しましょう。

①ワタを取る

ゴーヤは、縦半分に切ると中に白いワタが現れます。ワタの中には種も入っているため、食べる前にはワタと種を取り除く必要があります。ワタは柔らかいので、大きめのスプーンなどを使ってこそげ取るようにすれば簡単に取り除くことができるでしょう。ワタが硬い場合には、実とワタの間にあらかじめ軽く線を入れておくと、取り除きやすくなります。

②料理に合わせ切る

関連する記事