コブダイ(カンダイ)の味は?食べ方は刺身が美味しい?レシピのおすすめも紹介!

コブダイはどんな味か知っていますか?食べたことがない人も多いかもしれません。今回は、コブダイの魚の特徴や、旬の時期・産地に加えて、美味しい食べ方や味わい・食感なども紹介します。コブダイを使った料理レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コブダイとはどんな魚?
  2. コブダイの生態
  3. コブダイは成長するとメスからオスに変わる
  4. コブダイの旬の時期・産地
  5. コブダイの美味しい食べ方は?味・食感は?
  6. ①刺身にして食べる
  7. ②揚げて食べる
  8. ③煮付けにして食べる
  9. コブダイを使った料理レシピのおすすめ
  10. ①コブダイの唐揚げ
  11. ②コブダイのお造り
  12. ③コブダイの兜煮
  13. コブダイを食べてみよう

コブダイとはどんな魚?

コブダイの名前はあまり聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、前頭部に大きなコブを持つコブダイの映像は見たことがある人もいるかもしれません。ここでは、コブダイとはどんな魚なのかについて見ていきましょう。

コブダイの生態

岩礁域に生息する肉食の魚であるコブダイは、大きな歯と強い顎を持ち、サザエやカキなどの貝類やカニなどを捕食しています。コブダイは、生まれた時は全てメスですが、成長するとオスに変わるという不思議な生態を持つ魚です。

コブダイは成長するとメスからオスに変わる

成長に伴いメスからオスに性転換するコブダイですが、前頭部のコブは成長したオスに現れる特徴、すなわちオスに性転換したことを表す特徴であると言えます。雌雄の体長の目安は、幼魚であるメスの時点で50~60センチ、それ以上の大きさになってくるとコブが出現しオスに性転換するようです。

コブダイの旬の時期・産地

コブダイは、日本国内では東北以南から九州までの太平洋側・日本海側に生息している魚で、産卵期は春です。産卵直後以外はあまり味が落ちないのが特徴ですが、寒い時期に向けて美味しくなる魚で、別名カンダイ(寒鯛)とも呼ばれています。

コブダイの美味しい食べ方は?味・食感は?

見た目に特徴のあるコブダイですが、味や食感に特徴はあるのでしょうか。ここでは、コブダイの美味しい食べ方や、味・食感について紹介していきます。

①刺身にして食べる

コブダイの身は、透明感のある白身で、とても弾力が強いのが特徴です。薄めに切って刺身として食べると、程よい弾力が楽しめる食感となり、噛むごとにほんのりとした甘みも感じられます。また、皮を残したコブダイの刺身に熱湯をかけて皮面だけに湯を通す「皮霜造り」は、皮のコリコリとした食感を楽しめる食べ方です。

Twitterの口コミ

コブダイとボラの刺身

コブダイの刺身甘くて美味しい😛

②揚げて食べる

コブダイの身は、臭みのない淡白な白身で、油を使った料理にもよく合います。火を通すと身は縮みますが、固くなるというよりは弾力が増すため、フライや天ぷらなどにするととてもジューシーに仕上がります。

Twitterの口コミ

コブダイのフライとバター醤油のムニエル
身がホクホクして、美味しゅうございました😋

③煮付けにして食べる

クセのない白身のコブダイは、煮付けもおすすめです。皮目の部分は脂が多いため、少し濃いめの味付けにするのが、美味しく仕上げるポイントです。またコブダイはゼラチン質が多いため、頭を使った兜煮やアラ煮を寝かせると、美味しい煮こごりが出来上がります。

関連する記事