日本や世界の三大珍味には何がある?味わいや値段など特徴を紹介!

三大珍味にはどんな食材があるか知っていますか?そこで今回は、世界の三大珍味や〈日本・中国・韓国〉など各国特有の三大珍味も紹介します。そのほかにも、日本各地の三大珍味以外の様々な珍味も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 三大珍味とは?何?
  2. 珍味の定義
  3. 日本の三大珍味は?
  4. ①ウニ
  5. ②からすみ
  6. ③このわた
  7. 世界の三大珍味は?
  8. ①キャビア
  9. ②フォアグラ
  10. ③トリュフ
  11. 世界各国の三大珍味
  12. ①中国の三大珍味
  13. ②韓国の三大珍味
  14. 日本の珍味はまだまだある?
  15. ①うるか
  16. ②松前漬け
  17. ③博多なかなかドライ明太子
  18. ④くさや
  19. 三大珍味を食べてみては?

うるかは鮎の塩辛のことを呼び、内臓を使用した「しぶうるか」や鮎の卵巣を使用した「子うるか」、鮎の精巣を使用した「白うるか」があります。主に岐阜県の長良川や、島根県の高津川など、鮎の名産地でうるかは作られています。

うるかの味はアンチョビによく似ているので、さまざまな料理にも活用できます。そのままでもおつまみとして最適ですが、味が苦手な方は調味料として使用すると良いでしょう。

②松前漬け

松前漬けは北海道を代表する珍味の1つであり、昆布やするめ、数の子などを醤油やだしで味付けした高級品です。また、昆布の粘り気がご飯にとても合い、数の子といかの歯ごたえも絶妙な組み合わせとなっています。子供から大人まで好きな味付けなので、お土産としてもおすすめです。

③博多なかなかドライ明太子

出典:https://twitter.com/bose45ituitu/status/1106926017015222272

博多の珍味として人気が高いのが、博多なかなかドライ明太子になります。博多なかなかドライ明太子は辛子明太子を乾燥させたもので、食感はカラスミによく似ており、ねっとりとして塩気が強いのが特徴です。手頃な値段と食べやすいことから、お土産としても重宝します。

④くさや

くさやとは魚の干物の一種で、伊豆諸島の特産品として有名です。くさやの作り方は魚を干すだけではなく、くさや液に漬け込んだ後に数日間乾燥させます。くさやと言えば、強烈な臭いが印象的ですが、その原因はくさや液にあります。

くさや液は魚を漬け込む塩水のことを指し、何十年も塩をつぎ足すことで発酵し、独特な臭いが発生するそうです。しかし、まずいということは一切なく、味はとても美味しいので驚く方も多いでしょう。調理中は部屋中に独特な臭いが広がりますが、塩分も控えめでうま味成分がたっぷり詰まったくさやは絶品なのでおすすめです。

(*くさやについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

くさやはどんな匂い?臭いを例えると?味わいや美味しい食べ方・焼き方も紹介!

三大珍味を食べてみては?

三大珍味は日本や世界各国にもあることが分かりました。どれも独特な味わいなので、まずいと感じる珍味もあるかもしれませんが、自分に合った珍味を見つけるのも楽しみの1つになるでしょう。また、世界の三大珍味は高級品が揃っていたので、機会があれば挑戦してみて下さい。さまざまな地域の珍味の食べ比べをしながら、お酒を飲むのもおすすめです。

関連する記事

×