日本や世界の三大珍味には何がある?味わいや値段など特徴を紹介!

三大珍味にはどんな食材があるか知っていますか?そこで今回は、世界の三大珍味や〈日本・中国・韓国〉など各国特有の三大珍味も紹介します。そのほかにも、日本各地の三大珍味以外の様々な珍味も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 三大珍味とは?何?
  2. 珍味の定義
  3. 日本の三大珍味は?
  4. ①ウニ
  5. ②からすみ
  6. ③このわた
  7. 世界の三大珍味は?
  8. ①キャビア
  9. ②フォアグラ
  10. ③トリュフ
  11. 世界各国の三大珍味
  12. ①中国の三大珍味
  13. ②韓国の三大珍味
  14. 日本の珍味はまだまだある?
  15. ①うるか
  16. ②松前漬け
  17. ③博多なかなかドライ明太子
  18. ④くさや
  19. 三大珍味を食べてみては?
トリュフはどんな味?例えると何に似てる?黒・白で種類別に美味しい食べ方も紹介!

世界各国の三大珍味

ここからは、世界各国の三大珍味を紹介していきます。三大珍味は様々な国にも存在し、驚くような食材や加工品が揃っているので、是非チェックしてみて下さい。

①中国の三大珍味

中国の三大珍味は下記の通りになります。

・フカヒレ
・ツバメの巣
・干しアワビ


中国の三大珍味の1つ目はフカヒレになります。フカヒレはサメの尾びれや背びれなどを乾燥させたもので、コラーゲンが豊富な食材です。サメから採れるヒレは全体の0.5~1%ほどしかなく、加工にも手間がかかります。

2つ目のツバメの巣は、ツバメの唾液から作られたもので、東アジアや東南アジアで昔から食べられてきた食材です。中国でも三大珍味に選ばれるほど人気が高く、デザートにも使用されています。

3つ目の干しアワビは、日本の中国料理店でも時価と書かれていることが多く、高級食材としても有名です。アワビを茹でて乾燥させることで、生のアワビよりもうま味が増し、煮込み料理に使用されます。なお、上記以外に中国では「熊の手」を加えて中国4大山海珍味として挙げられています。

(*ツバメの巣について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

高級食材「ツバメの巣」とは?値段が高いのになぜ食べる?成分・材料も紹介!

②韓国の三大珍味

韓国の三大珍味は、下記の通りになります。

・チャンジャ
・ホンオフェ
・サンナクチ


チャンジャはタラの内臓や唐辛子、にんにくなどを一緒に漬け込んだキムチのことを指し、韓国ではよく食べられています。日本でもスーパーで見かけることも多く、濃いめの味付けなのでご飯のおかずとしても重宝するでしょう。ホンオフェはガンギエイを発酵させたもので、アンモニア臭が強いことから「まずい」と思う方も多いようです。

また、とても癖が強く韓国でも好き嫌いが分かれるほどですが、キムチや蒸し豚と一緒に食べると臭いがましになります。サンナクチは生きたタコをぶつ切りにして、塩を混ぜたごま油で食べる料理のことを言います。お皿の上で動くタコの様子に戸惑う方もいますが、味は絶品なので韓国でも大人気メニューの1つです。

(*チャンジャやホンオフェについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

チャンジャとは?どの魚のどこの部位?カロリー・糖質や栄養素のダイエット効果も紹介!
ホンオフェとは?エイの発酵食品?味・臭いなど特徴や作り方も解説!

日本の珍味はまだまだある?

日本には三大珍味に選ばれた食材以外にも珍味があるので詳しく紹介していきます。地域によって珍しい食材が揃っているので、是非参考にしてみて下さい。

①うるか

出典:https://twitter.com/Plaster_wall/status/1300015571774312448

関連する記事

×