寄生虫「アニサキス」の見つけ方は?冷凍・加熱で食中毒を予防する方法を解説!

アニサキスの見つけ方を知っていますか?今回は、魚別<アジ・サバ・カツオ・イカ・サーモンなど>のアニサキスの見つけ方やブラックライトでの見つけ方を紹介します。アニサキスの殺し方・対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アニサキスが心配…大丈夫?
  2. そもそもアニサキスとは?
  3. 魚介類に潜む寄生虫
  4. アニサキスがよく潜む魚一覧
  5. アニサキスの見つけ方は?
  6. アニサキスのブラックライトによる見つけ方とは?
  7. アニサキスの殺し方・対処法は?
  8. ①加熱する
  9. ②冷凍する
  10. ③切る時、食べる前によく見る
  11. ④できるだけ鮮度が良いものを選ぶ
  12. ⑤生食をしないようにする
  13. ⑥なるべく養殖のものを選ぶ
  14. ⑦「解凍」と書かれた魚を選ぶ
  15. ⑧料理酒やみりんに漬ける
  16. アニサキスを除去せず食べた…対処法は?
  17. 早急に病院に行くのが良い
  18. アニサキスには注意しよう

アニサキスが心配…大丈夫?

気付かずに食べてしまうと胃に激痛が走る、薬が効かないなど様々な噂が飛び交うアニサキスとはどんな寄生虫なのでしょうか。アニサキス由来の食中毒を予防し、安全に魚を食べるためにもアニサキスについての知識を持っておくことが大切です。ここからはアニサキスの正体や対処方法などについて説明します。

そもそもアニサキスとは?

そもそもアニサキスの基本的な情報を知らないという方も多いでしょう。ここではアニサキスがどんな寄生虫なのか、またアニサキスがよく潜んでいる魚についても紹介します。

魚介類に潜む寄生虫

アニサキスは魚介類に潜む寄生虫の一種で、白い糸状の見た目をしています。元々は内臓内に寄生していますが、寄生している魚が死ぬと、内臓から筋肉に移動して成長を続けます。そのため、加熱も冷凍もしていない刺身などから生きたまま見つかることが多く、食べてしまうと食中毒を引き起こす危険な寄生虫です。

特に日本では近年、流通技術の向上で海から離れた場所でも鮮度の高い魚を食べられるようになりました。生食の文化が根付いていることもあり、魚を刺身で食べる機会が多いためアニサキスの感染リスクも他の国と比べて高くなっています。

アニサキスがよく潜む魚一覧

アニサキスがよく潜んでいるといわれる魚は以下になります。

・カツオ
・アジ
・サバ
・イカ
・サーモン

アニサキスはまず小さいエビやカニなどの甲殻類に寄生します。それを小型の魚介類が食べ、さらに中型の魚介類が小型の魚介類を餌として食べます。この中型の魚介類が、上記に挙げたカツオやアジなど人間が食べる魚となっており、刺身など生で食べられる機会も多いことからアニサキスによる食中毒の原因になるケースがあるようです。

(*アジとイカのアニサキスの見つけ方や対処法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アジには寄生虫「アニサキス」が高確率でいる?見つけ方や対処・対策方法などを紹介!
イカには寄生虫「アニサキス」がいる?処理・対策する方法は?食べてしまった時の対処法も紹介!

アニサキスの見つけ方は?

アニサキスの見つけ方は、以下の手順となっています。

【見つけ方】
1、あばら骨を切り落とす
2、内臓付近の身を注意して見る
3、変色している箇所を見る

アニサキスは魚が死ぬと内臓から筋肉へ移動するため、内臓付近の身に潜んでいることが多いです。そのためアニサキスの有無を確認する場合は、内臓を取り、あばら骨の下の身を注意して見るのがポイントです。アニサキスが寄生している箇所は変色することがあるので、黒や茶色へ変色している点を見つけた場合は、変色した付近にアニサキスがいないか探しましょう。

アニサキスのブラックライトによる見つけ方とは?

アニサキスはブラックライトを活用すると肉眼よりも見つけやすくなります。ブラックライトを用いたアニサキスの見つけ方は、以下になります。

【見つけ方】
1、部屋の照明を少し落とす
2、捌いた身にブラックライトを当てる
3、青白く発光している点を探す

アニサキスはブラックライトを当てると発光しますが、部屋の照明が明るすぎると発光しているかどうかわかりにくくなるので照明は少し落としておきます。ブラックライトはうろこにも反応するので、うろこはあらかじめ落としましょう。少し離した所からブラックライトを当て、発光した部分を中心にアニサキスを探します。

アニサキスの殺し方・対処法は?

アニサキスが怖くても、どうしても生食をしたい時もあるでしょう。ここでは刺身用に買った切り身などにアニサキスが付着しているのを見つけた場合にも使える、アニサキスの殺し方やアニサキスを食べないための予防・対処法を紹介します。

①加熱する

一番確実にアニサキスを死滅させる方法が、加熱調理になります。アニサキス以外の食中毒の対策としても、よく加熱することが挙げられますが、アニサキスも例外ではありません。70℃以上の熱湯で茹でる、焼くといった行為でアニサキスを死滅させることができるので、アニサキスが心配な場合は中心まで確実に加熱しましょう。

②冷凍する

加熱せずに刺身などで食べたい場合は、一度冷凍することでアニサキスを死滅させることができます。冷凍庫で48時間以上凍らせることで、筋肉部分の奥まで入り込んだアニサキスも死滅します。ただし家庭用の冷凍庫は業務用の冷凍庫に比べて開閉の機会が多く、温度が安定しないケースもあるので、72時間程度は冷凍した確実です。

③切る時、食べる前によく見る

自宅で魚を調理して生食する場合は、切る時に目視でよく確認することをおすすめします。少しでも変色している部分や、糸状のものが見えた場合は加熱や冷凍も検討しましょう。また、飲食店や寿司屋で刺身や寿司を食べる時も、食べる前に目視で確認してから食べると安心です。

④できるだけ鮮度が良いものを選ぶ

内臓が付いたままの魚を買う時は、特に注意して鮮度の良いものを選びましょう。アニサキスは魚が死亡すると内臓から筋肉に移動するため、内臓が付いたままの時間が長いほど筋肉に移動している可能性も高くなります。鮮度の良いものを選び、購入後もすぐに内臓を取り除くようにするとアニサキス食中毒の危険性が低くなります。

⑤生食をしないようにする

絶対にアニサキスに感染したくない場合には、生食を避けることで確実に予防することができます。特に前述したアニサキスが潜んでいることが多い品種の魚の生食は避けたほうが無難でしょう。

アニサキスによる食中毒は、加熱調理をした魚では、生焼けなどで無い限り発症することはありません。どうしてもアニサキスに感染したくない場合は、生食や炙りを避けることで、感染の危険性は大幅に減ります。

⑥なるべく養殖のものを選ぶ

アニサキスを確実に予防できるわけではありませんが、養殖の魚を選ぶことでアニサキスに当たる確率を下げることができます。養殖魚の餌としては海から隔離された生け簀で育った魚介類が与えられることが多く、アニサキスの寄生する余地がありません。特に養殖のサーモンは、比較的安全性が高いとされています。

⑦「解凍」と書かれた魚を選ぶ

魚を購入後、すぐに生食をしたい場合はラベルに「解凍」と書かれた魚を選ぶとよいでしょう。ラベルに解凍と表記のある魚は販売されるまでに一度冷凍されているため、アニサキスが死滅しています。「解凍」と書かれている魚は、自宅で冷凍する時間がない場合のアニサキス対策にもおすすめです。

⑧料理酒やみりんに漬ける

アニサキスは醤油や塩に漬けても死滅しないことで知られていますが、一方でアルコールには耐性がないことが分かっています。そのため、アルコール度数が13~15度の料理酒やみりんに漬ければ、40分程度でアニサキスが死滅します。ただし、みりん風調味料はアルコール度数が1%未満で効果が無いので、他の方法で対策をしてください。

アニサキスを除去せず食べた…対処法は?

出典:https://twitter.com/ellg562/status/1360937345097236485?s=20

加熱や冷凍によって死滅しているアニサキスを食べてしまっても人体に影響はありませんが、問題は生きているアニサキスを食べてしまった時になります。ここでは生きているアニサキスを食べてしまった時の対処法を紹介します。

早急に病院に行くのが良い

アニサキスによる食中毒は2種類に分かれ、食後数時間から数十時間で胃に激痛が走ったり、嘔吐が始まったりした場合には「急性胃アニサキス症」と呼ばれます。また食後数十時間から数日後に下腹部に激痛が走るようになった場合は「急性腸アニサキス症」と呼ばれます。

もしアニサキスを食べてしまい、上記のような症状が現れはじめたら早急に病院へ行きましょう。アニサキスは人間の体内では生きられないため、放置していても数日で死滅して症状も治まりますが、胃や腸に穴が開いたり重篤な合併症を引き起こしたりすることもあります。

また、病院でアニサキスを取り除いてもらえば痛みもすぐに治まるので、早めに対処したほうが賢明でしょう。

アニサキスには注意しよう

今回はアニサキスの正体や、アニサキスの見つけ方と対処法、食中毒の予防法などについて紹介しました。アニサキスは他の食中毒同様、しっかりと対策をすれば防げるものです。自分に合った対処法で、魚料理を楽しみましょう。

関連する記事