ハタハタの卵がネバネバ・虹色で気持ち悪い…。食べ方・レシピのおすすめを紹介!

ハタハタの卵を知っていますか?見た目が虹色で気持ち悪いと有名ですね。今回は、ハタハタの卵の名前や、その特徴を口コミと共に紹介します。塩焼き・醤油漬けなど、食べやすいおすすめの食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハタハタの卵は気持ち悪い…本当に食べれる?
  2. そもそもハタハタはどんな魚?
  3. ハタハタは秋田の名産品
  4. ハタハタの卵の名前や特徴・食感は?【口コミ】
  5. ハタハタの卵の名前
  6. ハタハタの卵の特徴
  7. ハタハタの卵の食感
  8. 子持ちハタハタの卵のレシピ・食べ方のおすすめ
  9. ①塩焼き
  10. ②ぶりこの醤油漬け
  11. ③ハタハタの煮付け
  12. ④ハタハタのしょっつる鍋
  13. ハタハタの卵を美味しく食べよう!

ハタハタの卵は気持ち悪い…本当に食べれる?

出典:https://twitter.com/itousan_chi/status/1198930572166352897/photo/3

ハタハタの卵はブリコと呼ばれていおり、しょっつるなどと並ぶ秋田の名産品です。ブリコはイクラなどと同じ魚卵ですが、その見た目が気持ち悪いと噂されています。今回は、ブリコの特徴や食感などを詳しく紹介していきます。ブリコを美味しく食べるレシピも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもハタハタはどんな魚?

ハタハタは、淡白な味わいでウロコが少ないことから調理しやすい魚として知られています。ここでは、ハタハタの生態や旬など詳しく紹介していきます。

ハタハタは秋田の名産品

ハタハタは、スズキ目に属する魚でシロハタなどの別名を持つ秋田の県魚です。体長は20cm程と小さく、水深0〜500mの海底に生息している深海魚です。ハタハタの旬は11月〜12月頃ととても短いのが特徴で、旬に獲れるハタハタはブリコと呼ばれる卵がはち切れそうな程詰まっておりとても人気があります。

ハタハタは、白身魚で程よい甘みがあり、刺身などの生食でも加熱して塩焼きなどにしても、美味しく食べることができます。ハタハタを魚油に加工したしょっつるや、卵のブリコなどが名産品としてとても有名です。そのほかに、しょっつる鍋や干物・味噌漬けなどにされて食べられています。

また、秋田県の他に鳥取県もハタハタの漁獲漁が多い産地となっています。鳥取県で獲れるハタハタは、卵がないのが特徴です。これは、餌を求めて日本海に生息しているハタハタを底引き網漁で漁獲していることが理由であり、卵がない代わりに脂の乗った美味しい身になります。

ハタハタの卵の名前や特徴・食感は?【口コミ】

出典:https://twitter.com/akita_shoukai/status/863316373052637184/photo/1

ハタハタの卵の名前

秋田の名産品であるハタハタの卵は、ブリコと呼ばれています。ハタハタの卵であるのに、なぜブリコと呼ばれているのか気になる人もいるでしょう。醤油漬けや味噌漬けにしたハタハタの卵の皮は固く、噛んだときに「ブリブリ」と弾ける食感があることからブリコと呼ばれるようになったと言われています。

また、ネバネバした粘り気で卵同士が離れないことから、離れない子の「不離子」でブリコと呼ばれるようになった説もあります。その他にもさまざまな由来があり、秋田音頭といわれる秋田県の民謡の歌詞にもブリコが使われているなど秋田県を代表する食材です。

ハタハタの卵の特徴

魚介類の卵としてイクラやたらこなどさまざまな魚卵がありますが、ハタハタの卵は他の魚卵と比べ物にならないくらい独特な見た目をしています。イクラは赤色たらこはピンク色など、ほとんど決まった色をしている魚卵ですが、ハタハタの卵は赤・黄・緑など虹色のようなカラフルな色をしていることが特徴です。

また、ハタハタの卵はネバネバとした粘りを持っていることでも知られています。納豆と同じくらいのネバネバを纏っており、卵同士がひっついて離れない程の粘着度です。食べられるとは思えない程の独特な見た目と、ネバネバしている感じから気持ち悪いというイメージを持たれています。

ハタハタの卵の食感

ハタハタの卵は、とても弾力があり固い食感が特徴です。ブリコの旬は1月〜5月頃で、旬の時期は卵にハタハタの栄養が行き渡って成熟しています。そのため、成熟し切ったブリコは体内から飛び出て卵塊となってしまい、とても固い食感になるでしょう。一方で、栄養たっぷりなブリコは濃厚な甘みや旨味を感じることができます。

魚卵の中でもしっかりとした食感を味わうことができるので、一度食べたら病みつきになる人も多いようです。新鮮なブリコほど、固い食感と強い粘り気をしています。固い食感が苦手な場合は、未成熟卵のブリコを食べると良いでしょう。

子持ちハタハタの卵のレシピ・食べ方のおすすめ

強いインパクトのある見た目から食用ではないと思われがちですが、ハタハタの卵は美味しく食べることができます。特に、生食よりも火を通して食べることで独特の色味も落ち着き食べやすくなります。

①塩焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/5413893

グリルを使って、子持ちのハタハタをシンプルに塩焼きにしたレシピです。塩焼きは、香ばしいハタハタの身とブリコそのものの素材の味を楽しむことができます。すだちを絞ることで、柑橘の風味が香りさっぱりとした味わいに仕上がるでしょう。

はたはたの塩焼き グランシェフ by guzavie 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②ぶりこの醤油漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/5942012

ハタハタの卵であるブリコを使った醤油漬けのレシピです。丁寧のに処理をして作るため、手間がかかりますが珍しいブリコの醤油漬けを作ることができます。昆布醤油とはちみつに漬けられたブリコは、味がしっかりしているのでご飯と相性抜群の一品です。

普通じゃない ぶりこの醤油漬け by さくるど 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

③ハタハタの煮付け

出典:https://cookpad.com/recipe/969155

このレシピは、独特な食感のブリコが詰まったハタハタを優しい味付けで煮たものです。ハタハタは苦味がないので、内臓の処理をしなくても料理に使うことができます。卵にも味が染み込んで、余すことなく美味しく食べられます。

ハタハタの煮付け by エルン♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

④ハタハタのしょっつる鍋

出典:https://cookpad.com/recipe/2429101

ブリコの入ったハタハタや白菜・ねぎなどを入れて作る秋田名物のしょっつる鍋です。ハタハタは柔らかく崩れやすいので、塩を振って身を締めると崩れにくくなります。ハタハタから出る魚の旨味としょっつるの深い味わいで、美味しい鍋料理を食べることができるでしょう。

秋田の味♡はたはたでしょっつる鍋 by ぼのつま 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

ハタハタの卵を美味しく食べよう!

今回は、ハタハタの卵について特徴や味わいについて詳しく紹介してきました。食感や見た目などが気持ち悪いと言われているハタハタの卵ですが、一度食べるとクセになる魅力も持っています。ブリコを美味しく食べることのできるおすすめのレシピも紹介しているので、家庭でも美味しいぶりこを食べてみてください。

関連する記事