ウニは冷凍できる?保存方法や賞味期限は?解凍のコツや食べ方のおすすめも紹介!

ウニの日持ちする保存方法を知っていますか?今回は、〈殻付き・塩ウニ・生ウニ〉などウニの種類別に日持ち期間の目安や、板ウニ(生ウニ)を美味しく冷蔵・冷凍で保存する方法を紹介します。冷凍ウニの解凍方法や活用レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウニって日持ちするの?
  2. 殻付きウニはその日中に食べるのが基本
  3. 生ウニ・塩水ウニは冷蔵保存で2・3日〜1週間が限度
  4. 冷凍ウニは半年ほど日持ちする
  5. 板ウニ(生ウニ)を美味しく冷蔵保存する方法は?
  6. 材料
  7. 板ウニを冷蔵保存する手順
  8. ウニは冷凍できる?保存方法・期間は?
  9. 生ウニをそのまま冷凍するのはNG
  10. どうしても使いきれない場合は粒ウニにして冷凍するのがおすすめ
  11. 冷凍ウニの解凍方法は?
  12. 冷凍ウニは解凍せずにそのまま調理してOK
  13. 冷凍ウニの活用レシピ
  14. ①ウニ丼
  15. ②ウニのパスタ
  16. ③ウニチャーハン
  17. ウニを正しく保存しよう

ウニって日持ちするの?

寿司でも人気の海鮮ネタであるウニは、濃厚な味わいと滑らかな食感が特徴の高級食材です。鮮度が大切なウニですが、日持ちさせることができる食材なのでしょうか。ウニの種類別に日持ちする期間を解説するので、ウニが手に入った場合の参考にしてください。

殻付きウニはその日中に食べるのが基本

殻付きのウニは普段はあまり見かける事はありませんが、旅行等でお土産で買ったり取り寄せで購入することがあるでしょう。殻付きのウニは海にいた時のままなので、とても鮮度が高い状態です。加工処理もされておらず傷み出すのが早いため、手に入れた際はその日のうちに食べきるようにしましょう。

生ウニ・塩水ウニは冷蔵保存で2・3日〜1週間が限度

スーパーや寿司屋等で良く見かけるのが殻から身が取り出された生ウニで、木箱に入れて保存されており板ウニとも呼びます。生ウニは保存料であるミョウバンが使われているため、苦味のある味わいが特徴ですが冷蔵庫で5~6日程保存することが可能です。

ウニの身が瓶等に入って保存されている塩水ウニはミョウバンのような保存料は使っておらず、身の部分を海水に付けた状態なので2~3日中には食べる様にしましょう。

冷凍ウニは半年ほど日持ちする

冷凍ウニは産地直送の取り寄せや、ギフト等の貰い物として手に入れることがあります。食べたい時に必要な分だけ解凍できる冷凍ウニはとても便利で、賞味期限も比較的長く半年程は日持ちさせることができます。

板ウニ(生ウニ)を美味しく冷蔵保存する方法は?

ミョウバンが使われている板ウニは冷蔵庫であれば5~6日保存することができますが、より美味しい状態で冷蔵保存するにはどのような方法があるのでしょうか。方法や手順をポイントとともに解説するので、家庭で板ウニを冷蔵保存する場合の参考にしてください。

材料

・板ウニ 100g(1箱)
・塩 大さじ2/3

板ウニを冷蔵保存する手順

板ウニを冷蔵保存する場合の方法・手順は以下の通りです。

【方法・手順】
①板ウニをキッチンペーパーを敷いたトレーに並べる
②板ウニに塩を均等に振りかける
③ラップをして冷蔵庫で15分程置いておく
④煮沸消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する


板ウニは塩を振り掛けて塩ウニにすることで、1週間程度まで保存期間を伸ばすことが可能です。塩を振り掛けることでミョウバンの苦味が緩和され甘味が際立ち、濃厚なコクが引き出されます。水分を吸収したキッチンペーパーはこまめに取り替えるようにするのが臭みを取るポイントです。

ウニは冷凍できる?保存方法・期間は?

ウニはポイントを押さえれば美味しく冷蔵保存出来ることがわかりましたが、家庭で冷凍保存することはできるのでしょうか。ウニを冷凍保存する場合の保存方法や、保存期間についておすすめのレシピと共に紹介します。

生ウニをそのまま冷凍するのはNG

生ウニを冷凍する場合の方法・手順は以下の通りです。

【方法・手順】
①ウニの水分をキッチンペーパーで拭き取る
②蒸し器に酒と水を入れて沸騰させる
③耐熱容器に生ウニを入れて中火で5分~10分蒸す
④粗熱をとってから小分けにしてラップで包む
⑤保存袋に重ならないように入れて冷凍保存する


殻付きウニや生ウニ、塩水ウニは水分を多く含んでいるため冷凍してしまうと水分が膨張して細胞が壊され解凍すると形が崩れてしまうため、基本的には冷凍保存には不向きです。生ウニを冷凍保存する際は上記の方法で必ず火を通してから冷凍保存します。また出来る限り急速冷凍するようにして、遅くとも1ヶ月以内には食べる様にしましょう。

どうしても使いきれない場合は粒ウニにして冷凍するのがおすすめ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1010024707/

粒ウニを長期保存する場合の方法と手順は以下の通りです。

【方法・手順】
①鍋に粒ウニと卵黄・酒を加えて練り混ぜる
②弱火で粉状になるまで練り混ぜる
③さらさらになったら冷まして瓶詰めして冷凍庫へ入れる


生ウニは塩を加えることで少し日持ちさせることができますが、アルコールを使えば更に保存期間を伸ばすことができます。瓶詰めにされている粒ウニなどを賞味期限内に食べきれないときは、上記の方法で加工すれば1年程度は冷凍保存が可能です。

※粒ウニの冷凍保存のレシピはこちらです。↓

雲丹の砂 レシピ・作り方 by きばな|楽天レシピ

冷凍ウニの解凍方法は?

生ウニや塩水ウニはそのまま冷凍保存すると解凍したときに溶けてしまいますが、蒸しウニなど加工されたウニはどのように解凍すれば良いのでしょうか。冷凍ウニの上手な解凍方法について解説します。

冷凍ウニは解凍せずにそのまま調理してOK

冷凍ウニはパスタソースや茶碗蒸し等の加熱して使う場合、解凍せずにそのまま調理すると風味が損なわれにくくなるためおすすめです。冷凍した蒸しウニを刺身やウニ丼などで加熱せずに食べる場合は、冷蔵庫で自然解凍してからすぐに食べるようにすると良いでしょう。

冷凍ウニの活用レシピ

賞味期限内に食べきれない生ウニは冷凍保存しておけば、様々な料理にすぐに使うことができるので便利です。次は冷凍ウニを使ったおすすめのレシピを紹介するので、ぜひ参考にして作って見てください。

①ウニ丼

出典:https://cookpad.com/recipe/5019295

ウニと言えば贅沢なウニ丼が人気のメニューですが、こちらは蒸しウニを使い卵とじにすることでふんわりとした食感を楽しむことができます。冷凍保存した蒸しウニは解凍せずにそのまま使うことができるおすすめのレシピです。

蒸しうにと長葱のふわふわ卵とじ by 北海道 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

②ウニのパスタ

出典:https://oceans-nadia.com/user/80095/recipe/364892

ウニは煎りウニにすることで長期保存が可能になり、料理にも手軽に使うことができます。煎りウニにしているのでパスタソースにしても馴染みやすく、簡単に贅沢なウニのパスタを味わう事ができるレシピです。

煎り雲丹(うに)のパスタ《作りおき冷凍・調味料》 by もみないな mominaina | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

③ウニチャーハン

出典:https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/135047

冷凍しておいた蒸しウニはチャーハンに使うと、濃厚なコクが出て味わい深くなります。仕上げに冷凍のままの蒸しウニを加えれば風味を壊さずに旨味がたっぷりの、ランチにも手軽に作れるおすすめのレシピです。

黄金うにチャーハン by 庭乃桃 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ウニを正しく保存しよう

ウニは鮮度が命の食材なので手に入れたら出来る限りすぐに食べる方が良いですが、少し手を加えることで賞味期限を伸ばすことができます。今回の記事を参考に生ウニを保存したい時は、ポイントを押さえて正しく保存するようにしましょう。

関連する記事