イギリスのお菓子「トフィー」とは何?キャラメルとの違いや作り方・レシピも紹介!

トフィーとは何か知っていますか?どのようなお菓子か、詳しく知らない人も多いかもしれません。今回は、トフィーとはどんなお菓子かやキャラメルとの違いを紹介します。トフィーの作り方やレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. トフィーとは何?
  2. トフィー(タフィー)とはどんなお菓子?
  3. トフィーはイギリスの伝統的なお菓子
  4. トフィーとキャラメル・ファッジとの違いは?
  5. トフィーとキャラメルの違い
  6. トフィーとファッジの違い
  7. トフィーの作り方は?
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. トフィーのレシピ7選!
  11. ①グラハムクッキーを使ったタフィーバー
  12. ②ゴマのトフィー
  13. ③はちみつ入りのチョコレートトフィー
  14. ④マシュマロで作る簡単トフィー
  15. ⑤ピーナッツを使ったタフィー
  16. ⑥チョコレート風味がおいしいイングリッシュトフィー
  17. ⑦クルミのトフィー
  18. さっそくトフィーを楽しもう!

トフィーとは何?

見た目がキャラメルのようなトフィーと呼ばれるお菓子を知らない人も多いかもしれません。今回は、トフィーとは具体的にどのようなお菓子なのか詳しく解説します。自宅でも簡単に作れる人気のトフィーについて、作り方やおすすめのレシピなどを紹介するので参考にしてください。

トフィー(タフィー)とはどんなお菓子?

トフィーはタフィーと表記されることもあるお菓子で、近年日本でも話題に上ることが多くなっているお菓子です。ここでは、トフィーがどのようなお菓子なのかを詳しく紹介します。

トフィーはイギリスの伝統的なお菓子

トフィーとはイギリスの伝統的なお菓子で、スーパーや百貨店で売られているほか、家庭でもよく作られています。日本では「タフィー」と表記することがあり、大阪天王寺にある「Balyet Toffee Coffee」のトフィーの人気がきっかけになり注目されています。

イギリス英語ではToffeeとなりますが、アメリカ英語ではtaffyというつづりで書かれることが多いようです。トフィーとはキャラメルによく似ていて、バターと砂糖を高温で熱してから、冷やし固めて作る甘いお菓子です。食感はサクサクしていて、ナッツやチョコレート、マシュマロなど、加える材料によってバラエティにとんだ味わいが楽しめます。

材料の配分によって甘さも好みに沿って調整でき、少ない材料で作れるので家庭で作るお菓子にもぴったりです。キャンディーとして表現されることもあり、りんご飴をトフィーでくるんだトフィーアップルやトフィーをチョコレートで包みアーモンドを乗せたイングリッシュトフィーなどのバリエーションも知られています。

トフィーとキャラメル・ファッジとの違いは?

トフィーとよく似ていて、混同されやすいお菓子にキャラメルやファッジがありますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、材料や作り方、食感などトフィーとの違いについて紹介します。

トフィーとキャラメルの違い

トフィーとは砂糖とバターで作るお菓子ですが、キャラメルは砂糖と牛乳で作るお菓子です。冷めてもバターより固まりにくい牛乳を使っているので、仕上がりの食感はトフィーよりも柔らかくなります。また、キャラメルはトフィーよりも低温の120℃で作るので、まろやかでとろけるような食感に仕上がります。

トフィーとファッジの違い

ファッジもイギリスで人気の高いメジャーなお菓子で、トフィーとよく間違えられます。ファッジは砂糖とバター、牛乳で作るお菓子で、トフィーやキャラメルよりもさらに低温の115℃で温めて作ります。そのため、仕上がりは最もしっとりと滑らかで柔らかい食感になり、同じバターと乳製品を使っていてもトフィーとは全く違う口当たりのお菓子です。

(*ファッジについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ファッジとはイギリス発祥のお菓子?味や作り方は?アレンジレシピのおすすめを紹介!

トフィーの作り方は?

トフィーはイギリスの家庭でよく作られる伝統的なお菓子であることからわかるように、手作りしやすいお菓子です。基本的なトフィーの作り方を紹介するので、ぜひ試してみてください。

関連する記事