パン・ド・ロデヴとは?味わい・食感など特徴は?リュスティックとの違いも紹介!

パン・ド・ロデヴはどんなパンか知っていますか?今回は、パン・ド・ロデヴの〈発祥・味わい・カロリー〉など特徴や、リュスティックとの違いを紹介します。パン・ド・ロデヴの作り方・レシピや美味しい食べ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パン・ド・ロデヴとは?どんなパン?
  2. パン・ド・ロデヴは高加水ハードパンの1種
  3. パン・ド・ロデヴの発祥と名前の由来
  4. パン・ド・ロデヴの味わい・食感
  5. パン・ド・ロデヴとリュスティックの違いは?
  6. リュスティックの特徴
  7. パン・ド・ロデヴのカロリーは?
  8. パン・ド・ロデヴの作り方・レシピ
  9. 材料
  10. 作り方・手順
  11. パン・ド・ロデヴの美味しい食べ方
  12. パン・ド・ロデヴに合う調味料
  13. パン・ド・ロデヴに合う料理
  14. パン・ド・ロデヴを食べてみよう

パン・ド・ロデヴとは?どんなパン?

出典:https://www.mamapan.jp/recipe/item/1257458/

パン屋に行くと、パン・ド・ロデヴと呼ばれるパンが売られていることがあります。パン・ド・ロデヴは知名度が低くあまり知られていない存在ですが、どのようなパンなのでしょうか。パン・ド・ロデヴの特徴や発祥、名前の由来のほか、味や食感について解説します。

パン・ド・ロデヴは高加水ハードパンの1種

パン・ド・ロデヴとは、水分を多く使った加水率の高い生地で作る高加水ハードパンの一種です。パン・ド・ロデヴは天然酵母のルヴァン種を使った水分量の多い生地を分割し、高温に設定したオーブンで焼き上げて作ります。

パン・ド・ロデヴの表面は濃い焼き色がついていますが、中身は白い色をしています。生地に水分を多く含んでいるため、切った断面に大きな気泡が開いているのが特徴です。

パン・ド・ロデヴの発祥と名前の由来

パン・ド・ロデヴの発祥は、南フランスのラングドック・ルーション地方にあるロデヴと呼ばれる街です。パン・ド・ロデヴはこのロデヴで古くから作られているパンなので、その土地の名がパンを表す名前としてもつけられたと言われています。

パン・ド・ロデヴの味わい・食感

パン・ド・ロデヴは、皮と中身で味わいや食感が異なります。皮の食感は硬めであるのに対して、気泡がある中身はみずみずしくしっとりとしていて弾力があるのが特徴です。また、パン・ド・ロデヴの皮は香ばしい風味があり、中身は甘みと旨みに加えてルヴァン種によるほのかな酸味も感じられます。

パン・ド・ロデヴとリュスティックの違いは?

出典:http://panaderia-siesta.com/archives/789/

パン・ド・ロデヴは見た目がリュスティックと呼ばれるパンに似ていますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。リュスティックの特徴を交えながら、パン・ド・ロデヴとの違いについて解説します。

リュスティックの特徴

リュスティックとはパン研究家がパン・ド・ロデヴの製法を素に開発したフランスパンの一種で、皮は香ばしく、中身はしっとりしています。リュスティックは水分量が多い生地を三つ折りにして棒状に成型し、分割した後に焼成して作るのが特徴です。

リュスティックはパン・ド・ロデヴの製法や食感が似ておりどちらも中身に気泡がある点では共通しています。しかし、パン・ド・ロデヴはリュスティックに比べて生地に加える水分量が多く、発酵のためにルヴァン種を使う点が異なります。そのため、パン・ド・ロデヴはリュスティックよりも弾力のある食感になり、香り良く焼き上がるのが特徴的です。

パン・ド・ロデヴのカロリーは?

出典:http://b-kawamura.com/modules/gnavi/index.php?lid=2&cid=2

カロリー 糖質
パン・ド・ロデヴ 259kcal 50g

上記の表は、100gあたりのパン・ド・ロデヴのカロリーおよび糖質量を示したものです。カロリーは製法や生地の配合によって200kcalから240kcalになることがありますが、パン・ド・ロデヴのカロリーや糖質量は、一般的なフランスパンと同じくらいの数値です。

パン・ド・ロデヴは砂糖やバターなどの油脂を使わずに作るためカロリーは低い一方で、糖質の高い強力粉やルヴァン種が多く含まれているため糖質量は高くなります。

パン・ド・ロデヴの作り方・レシピ

出典:http://www.calva.jp/menu/b/html/b_menu043.html

パン・ド・ロデヴを作る際には、何の材料を揃えてどのような方法で作るのでしょうか。パン・ド・ロデヴの材料と作り方や手順を紹介します。

材料

元種の材料
・準強力粉:30g
・ライ麦粉:20g
・酵母液:44g


本生地の材料
・強力粉:90g
・準強力粉:90g
・ライ麦粉:20g
・塩:4g
・ユーロモルト:2g

作り方・手順

出典:https://cookpad.com/recipe/3004710

パン・ド・ロデヴの作り方の手順は、以下の通りです。

【作り方】
1.元種の材料の分量のうち半分を容器に入れて混ぜ、ラップで覆い暖かい場所で半日程度置いて発酵させる
2.元種が発酵したら、一度混ぜてから冷蔵室に入れておく
3.残った元種の材料と冷蔵室で保管した発酵種を混ぜて1.と同じように行い、発酵後は冷蔵室に入れて元種を完成させる
4.粉類と塩を混ぜたボウルへ水に溶かしたユーロモルト液を注ぎ入れて混ぜ、30分ほど置く
5.生地をすくって折り畳み、再度30分置く。この工程を2回繰り返す
6.生地を冷蔵室に入れ、12時間ほど寝かせる
7.冷蔵室で寝かせた生地に元種を千切りながら乗せて馴染ませ、30分置いて3回生地を折りたたむ
8.常温に置いて3時間発酵させた後、冷蔵室に入れて12時間ほど一次発酵させる
9.打ち粉を振った台に生地を乗せ、正方形に成型する
10.上下に三つ折りにしてから左右に三つ折りにし、小さめの四角形に成型する
11.キャンバスマットに移動させて二次発酵させ、生地にクープを入れて霧吹きをかける
12.予熱したオーブンで20分ほど焼いて完成

パン・ド・ロデヴを含む一般的なパンは生地を捏ねて作りますが、上記の方法で生地を寝かせながら作業すると生地がまとまっていきます。生地を折りたたむ工程では、ヘラで生地の四隅からすくい上げて伸ばしながら行ってください。とても柔らかく扱いにくい生地のため、生地を成形する際には作業台や生地に打ち粉を多めに振って作業しましょう。

ロデヴ by HIROマンマ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

パン・ド・ロデヴの美味しい食べ方

出典:https://annbread.com/ohana-lodeve

パン・ド・ロデヴは素朴な味わいのため、様々な調味料や料理に合うパンです。パン・ド・ロデヴの美味しい食べ方を紹介します。

パン・ド・ロデヴに合う調味料

パン・ド・ロデヴには、以下のような調味料との相性が良いパンです。

・バター
・ジャム
・ペースト
・フムス

パン・ド・ロデヴをトースターなどで焼いてからバターやジャムを乗せて食べると、コクや甘みが増して美味しくなります。パン・ド・ロデヴの香ばしさを味わいたい場合は、きのこやレバーなどで作ったペーストやひよこ豆で作るフムスを塗って食べるのもおすすめです。

パン・ド・ロデヴに合う料理

パン・ド・ロデヴは、以下のような料理とともに食べるのがおすすめです。

・シチュー
・スープ
・ロールキャベツ
・豚の煮物
・しらすのオイル漬け


パン・ド・ロデヴをミネストローネやクラムチャウダーなどのスープやシチューにつけて食べると、パン・ド・ロデヴの気泡が汁の旨味を吸って美味しくなるうえに柔らかい口当たりになります。

また、パン・ド・ロデヴを豚の角煮やロールキャベツのような煮物の煮汁に浸しても美味しくいただけます。オイル漬けにしたしらすを乗せるほか、小さく切ってサラダにトッピングするのもおすすめです。

パン・ド・ロデヴを食べてみよう

日本ではパン・ド・ロデヴを取り扱うパン屋は少なく、入手するのが困難なパンです。しかし、パン・ド・ロデヴを一口食べてその美味しさに夢中になる人も多いようです。運よくパン・ド・ロデヴを店頭で見かけたら、一度購入して食べてみましょう。

関連する記事