【2020】世界の美味しい料理ランキングTOP50|食べた人の口コミとともに紹介!

【2020】世界にはどんな美味しい料理があるか知っていますか?今回は、世界の美味しい料理ランキングTOP50を一覧で紹介します。〈主食・肉・スープ〉など料理のジャンル別のTOP3も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 世界で一番美味しい料理って?
  2. 【2020】世界の美味しい料理ランキングTOP50を一覧で!
  3. 世界の美味しい料理【主食系】ランキングTOP3
  4. 3位:ナポリピッツア(イタリア)
  5. 2位:寿司(日本)
  6. 1位:ナシゴレン(インドネシア)
  7. 世界の美味しい料理【肉・魚介系】ランキングTOP3
  8. 3位:北京ダック(中国)
  9. 2位:ハンバーガー(ドイツ)
  10. 1位:ルンダン(インドネシア)
  11. 世界の美味しい料理【スナック・おつまみ系】ランキングTOP3
  12. 3位:サテ(インドネシア)
  13. 2位:キムチ(中国)
  14. 1位:ソムタイ(タイ)
  15. 世界の美味しい料理【スープ系】ランキングTOP3
  16. 3位:ラーメン(日本)
  17. 2位:トムヤムクン(タイ)
  18. 1位:マッサマンカレー(タイ)
  19. 世界の美味しい料理【デザート系】ランキングTOP3
  20. 3位:ジェラート(イタリア)
  21. 2位:アイスクリーム(アメリカ)
  22. 1位:チョコレート(メキシコ)
  23. 世界には美味しい料理が沢山ある

世界で一番美味しい料理って?

近頃日本では和食・洋食・中華以外にもエスニック料理をはじめ様々な国の料理を口にする機会が増えてきました。輸入食品の専門店も増え、旅行先で食べた美味しい料理を日本にいながら再現することもできます。そこでここからは、今や様々なジャンルがある世界の料理の中で一番美味しいと言われる料理を紹介します。

(*世界三大スープや世界三大珍味について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

世界三大スープは4つある!誰が決めたの?味噌汁って入ってる?
日本や世界の三大珍味には何がある?味わいや値段など特徴を紹介!

【2020】世界の美味しい料理ランキングTOP50を一覧で!

ここでは2020年の世界の美味しい料理ランキングを50位から順に紹介していきます。日本が世界に誇る和食はいくつランクインしているかもチェックしながら見てみましょう。

50位:バターポップコーン(アメリカ)
49位:マサラドーサ(インド)
48位:ポテトチップス(イギリス)
47位:シーフードパエリア(スペイン)
46位:ソムタム(タイ)
45位:チキンライス(シンガポール)
44位:プーティン(カナダ)
43位:タコス(メキシコ)
42位:バタートーストとマーマイト(イギリス)
41位:臭豆腐(東南アジア)
40位:マジパン(ドイツ)
39位:ケチャップ(アメリカ)
38位:フレンチトースト(香港)
37位:チキンパルマ(オーストラリア)
36位:フムス(中東)
35位:チリクラブ(シンガポール)
34位:メープルシロップ(カナダ)
33位:フィッシュ&チップス(イギリス)
32位:あん肝(日本)
31位:パルマハム(イタリア)
30位:生春巻き(ベトナム)
29位:近江牛ステーキ(日本)
28位:フォー(ベトナム)
27位:レチョン(フィリピン)
26位:ファヒータ(メキシコ)
25位:バターガーリッククラブ(インド)
24位:チャンプ(アイルランド)
23位:ラザニア(イタリア)
22位:ポキ(アメリカ)
21位:クロワッサン(フランス)
20位:アレパ(ベネズエラ)
19位:バニーチャウ(南アフリカ)
18位:シシカバブ(中東・アジア全域)
17位:ロブスター(世界中)
16位:パステル・デ・ナタ(ポルトガル)
15位:ピエロギ(ポーランド)
14位:ドーナッツ(アメリカ)
13位:軸付きトウモロコシ(世界中)
12位:ピリピリチキン(モザンビーク)
11位:ルンダン(インドネシア)
10位:チキンムアンバ(ガボン)
9位:アイスクリーム(世界中)
8位:トムヤムクン(タイ)
7位:ペナン・アッサムラクサ(マレーシア)
6位:ハンバーガー(ドイツ)
5位:北京ダック(中国)
4位:寿司(日本)
3位:チョコレート(メキシコ)
2位:ナポリピッツァ(イタリア)
1位:マッサマンカレー(タイ)

世界ランキングの1位は日本でも人気のマッサマンカレーで、世界の人から認められたカレーです。日本料理でランクインしていたのは寿司、近江牛ステーキ、あん肝の3つで、和食の文化が確実に広がっていることがわかる結果でしょう。アメリカ料理が4つランクインしており、イギリス・タイ・メキシコ・日本・イタリアが3つずつランクインしました。

ステーキやロブスターなどのメイン料理になるものから、ポップコーンやポテトチップスのような菓子類やケチャップなどの調味料まで幅広くランクインしています。また、10位から1位までの半数は日本と中国を含めた東南アジアの料理で、アジアンテイストの料理が世界の人からも好まれて親しまれていることが分かります。

ランキングに登場する国の特徴として、10年前までは東南アジア・ヨーロッパ・アメリカが目立っていました。近年はアジア・ヨーロッパ・アメリカに加え、北欧のアイルランドやアフリカ中部のガボンやモザンビークなどが新たに加わりました。観光や仕事で人々の世界進出が進み、地域性のある独自の食文化が世界中に知られるようになったためと思われます。

世界の美味しい料理【主食系】ランキングTOP3

日本でいう主食はご飯・うどん・パンなどですが、世界にはどんな美味しい主食があるのでしょうか。ここでは世界の美味しい料理の中から主食系ランキングTOP3を紹介します。

3位:ナポリピッツア(イタリア)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ナポリピッツァはイタリアのナポリ地方の伝統的なピザで、厚みのある柔らかい生地が特徴です。ナポリピッツァと名乗るためには定められた伝統的な材料と製法を守り、その他にも細かな条件を満たすことが必要になります。このようにこだわり抜いて作られたナポリピッツァはもちもちとした食感とシンプルな具材がマッチしており、奥深い味わいが絶品です。

薪窯ナポリピザ

2位:寿司(日本)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

寿司は言わずと知れた日本の伝統的な和食の一つで、魚介類と米飯を組み合わせたものです。一般的にわさびと一緒に食べますが、子供にはさび抜きが好まれる傾向にあります。一般的な握り寿司以外にいなり寿司・手巻き寿司・ます寿司など様々な形態があります。寿司と言えば以前は高級品でしたが、現在は100円で食べられる回転寿司も人気です。

ます寿司屋ヒロ助

1位:ナシゴレン(インドネシア)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ナシゴレンは、インドネシア語で揚げたご飯という意味を持つ料理です。現地では調味料や具材を変えた様々なナシゴレンがあり、チャーハンのような見た目ですが、現地の調味料やニンニク・唐辛子がふんだんに使われており独特な旨みと風味があります。インドネシアはイスラム教徒が多いため豚肉は使わず、牛肉・エビ・鶏肉・山羊肉などを使うのが特徴的です。

(*ナシゴレンについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ナシゴレンとは?名前の意味や味は?ミーゴレンとの違いや作り方も紹介!
クッキングソース ナシゴレン

世界の美味しい料理【肉・魚介系】ランキングTOP3

日本で美味しい肉・魚介料理といえばステーキやローストビーフ、カニや大トロなどが定番ではないでしょうか。ここでは世界の美味しい料理の中から肉・魚介料理のランキングTOP3を紹介します。

3位:北京ダック(中国)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

北京ダックは中国の宮廷料理としても知られるアヒルの丸焼きで、香ばしく丸焼きにしたアヒルの皮または肉を皮ごとそぎ切りにします。小麦粉の生地を薄く伸ばした皮にキュウリ、ネギと一緒に北京ダックを包んで甘辛いテンメンジャンという中国味噌に付けて食べます。北京ダックは中国伝来の料理ですが、現在はアジア諸国で食べることができる料理です。

最高級北京種の北京ダックローストセット

2位:ハンバーガー(ドイツ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ハンバーガーの発祥はドイツで、遊牧民から伝わった挽肉料理がヨーロッパで発展してパンに挟んだものが大人気となりました。その後アメリカに伝わりバンズと呼ばれる丸いパンと共に現在の形になったと言われています。今ではシーフードなど肉以外のものを挟んだバーガーや、バンズをご飯にアレンジしたライスバーガーなどバリエーション豊富になっています。

【松屋】 牛めしバーガー

1位:ルンダン(インドネシア)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ルンダンはインドネシアを代表する郷土料理で、牛塊肉などを長時間かけて香辛料とココナッツミルクのスープで煮込んだものです。レンダンとも呼ばれ、元々はイスラム教徒の家庭で食べられていた肉料理なので豚肉以外の肉を使います。日本料理で例えるとすき焼きのような料理で、特別な日やおもてなし料理として使われることもあります。

36チャンバーズ・オブ・スパイス

世界の美味しい料理【スナック・おつまみ系】ランキングTOP3

スナックやおつまみと言えば、スナック菓子・ビーフジャーキー・燻製卵などがポピュラーではないでしょうか。しかし世界には想像以上に多種多様なスナック・おつまみがたくさんあります。ここでは世界で人気のスナック・おつまみ系ランキングTOP3を紹介します。

3位:サテ(インドネシア)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

サテはインドネシアなどの東南アジア諸国で人気の牛肉・鶏肉・ヤギの肉を使った串焼き料理です。ケチャップマニスと呼ばれる甘いソースのような調味料や香辛料のタレに肉を漬け込んで焼き、焼きあがったら更にカレーソースやピーナッツソースを付けて食べます。サテを焼く時には煙が出るので、家庭料理というよりは屋台料理として親しまれています。

2位:キムチ(中国)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

キムチは主に白菜などの野菜を塩漬けにして唐辛子・塩辛・ニンニクを加えた保存食で、日本でいう漬物とよく似ています。キムチは乳酸発酵させて作られ、程よい酸味・野菜の甘み・塩気・辛味が絶妙なバランスで、ニンニクの香りが食欲を増進させます。キムチ鍋に入れる人も多いのですが、食べ過ぎは塩分の摂りすぎにつながるので注意が必要です。

白菜キムチ

1位:ソムタイ(タイ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ソムタイは日本では珍しい青パパイヤを使ったサラダで、代表的なタイ料理です。タイ料理の基本の味である甘味・酸味・辛味・塩味の4つの要素が見事に融合・調和しており、青パパイヤに合わせる材料によって様々なバリエーションがあります。元々はイーサーンやラオスで食べられていたものがタイ全土に広がり、現在のソムタムになりました。

世界の美味しい料理【スープ系】ランキングTOP3

日本でよく食べる定番スープと言えば味噌汁ですが、洋風なもので言うとミネストローネやコーンポタージュなどがあります。スープの調味料は、その国の風土に合った伝統的なものであることが多いです。ここでは世界の美味しいスープランキングのTOP3を紹介します。

3位:ラーメン(日本)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ラーメンは中国にもある食べ物ですが、ランクインしているのは大正時代に日本で広まって独自の発展をしてきた日本式のラーメンです。日本のラーメンの代表的な味は醤油・塩・豚骨・味噌の4つで、具材は店により様々なバリエーションがあります。近年では日本各地にラーメン専門店が軒を連ねており、さらに海外進出するほど世界的に有名な料理になりました。

ご当地 有名店監修 ラーメン 詰め合わせセット

2位:トムヤムクン(タイ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

トムヤムクンはタイの代表的なスープ料理で、トムは煮る・ヤムは混ぜる・クンはエビという意味があります。トムヤムクンの複雑な香りと辛味・酸味のバランスが絶妙な奥深い味は、レモングラスやココナッツミルクなどによって生まれるものです。日本にはない酸っぱさと辛さが融合した独特の味付けですが、それ故に熱狂的なファンになる日本人も多いようです。

タイの台所 トムヤムクンセット

1位:マッサマンカレー(タイ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

タイカレーと聞くと辛いイメージが強いかもしれませんが、マッサマンカレーは辛いスパイスを控えてココナッツミルクがたっぷり入っています。タイカレーの中ではとてもマイルドな甘めの味で、コクがあり辛さが苦手な人からも支持されています。イスラム教徒の家庭料理であったことから、鶏肉・羊肉・牛肉など豚肉以外の肉を使って作るのが一般的です。

無印良品 素材を生かしたカレー  マッサマン

世界の美味しい料理【デザート系】ランキングTOP3

近頃の日本では世界各国の多種多様な美味しいデザートが食べられる環境ができあがっています。最近ではあんこよりも、ケーキ・スナック菓子・アイスクリームの方が好まれる傾向にあるようです。ここでは世界の美味しいデザート系ランキングTOP3を紹介します。

3位:ジェラート(イタリア)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

ジェラートはイタリアのフィレンツェ発祥の氷菓で、イタリア語で凍ったという意味のデザートです。通常は牛乳・砂糖・果汁・果肉などから作られますが、コーヒーやハーブを加えることもあり、様々なバリエーションが楽しめます。アイスクリームと比べて乳脂肪分が少ないので、低カロリーでサッパリとした口当たりが特徴的で日本にも専門店が多くあります。

(*ジェラートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ジェラートとアイスクリームの違いとは?名前の意味や歴史・起源についても紹介!
しまなみドルチェ人気ジェラート

2位:アイスクリーム(アメリカ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

アイスクリームは古代エジプト時代からあったとされる程古い歴史を持ち、日本に伝わり販売が始まったのは大正時代です。ジェラートと共にランキング入りしており、主な原材料は牛乳・乳製品・糖分・フレーバーで、これらを冷やしながら撹拌します。冷やす過程で空気を含んだクリーム状にすることでアイスクリームになります。

HIBERNATION デコレーションアイスクリーム8品セット

1位:チョコレート(メキシコ)

出典:http://edition.cnn.com/travel/article/world-best-foods-readers-choice/index.html

日本のスイーツの定番として人気のあるチョコレートはダーク・ミルク・ホワイトの3種類が一般的です。原料であるカカオの原産国として有名なのはメキシコですが、チョコの有名店はフランスやアメリカなどに多くあります。カカオが多く配合されたチョコは疲れを取り集中力を高める効果が期待されており、学生や社会人にも人気があります。

ピエール マルコリーニ セレクション

世界には美味しい料理が沢山ある

世界には材料も味付けも異なる様々な美味しい料理があり、それぞれに歴史的・文化的な背景があります。今回紹介した世界の美味しい料理ランキングを参考にして、ぜひ食べたことのない料理に挑戦してみましょう。新しい料理やお菓子が気に入れば、その国に行って本場の味を堪能してみるのもおすすめです。

関連する記事