ヨーグルトが腐るとどうなる?カビる?見分け方や腐らない保存法を紹介!

ヨーグルトが腐るとどうなるか知っていますか?今回は、腐ったヨーグルトの見分け方や、賞味期限切れのヨーグルトでも食べられるのかを紹介します。ヨーグルトが腐りやすくなる場合や、正しい保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ヨーグルトが腐った…?
  2. 手作りのヨーグルトは腐りやすい
  3. ヨーグルトが腐るとどうなる?
  4. ①カビが生え変色している
  5. ②水分が多い
  6. ③味・臭いがいつもと違う
  7. ヨーグルトの「賞味期限切れ=腐る」ではない?
  8. 賞味期限の定義
  9. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  10. 食べるのに抵抗がある場合の使い道
  11. ヨーグルトが腐りやすくなる場合とは?
  12. ①購入後に常温で放置
  13. ②容器から直接スプーンで食べる
  14. 腐ったヨーグルトを食べてしまったらどうなる?食中毒?
  15. 少量であれば基本問題はない
  16. ヨーグルトの腐りにくい保存の仕方は?
  17. ①基本は冷蔵庫で保存する
  18. ②日持ちさせたい場合は冷凍する
  19. ヨーグルトが腐らないように保存しよう

ヨーグルトが腐った…?

ヨーグルトは元々が発酵食品なので、腐っているかどうか見分けにくいものです。冷蔵庫の中で長期保存していたヨーグルトの匂いが変わっているなどした場合、腐ったのではないかと心配する人も多いでしょう。そもそもヨーグルトは腐ってしまうものなのでしょうか。

手作りのヨーグルトは腐りやすい

ヨーグルトは発酵食品なので腐らないと思われがちですが、実は腐る食品です。特に手作りのヨーグルトは腐りやすく、プレーンの場合では市販のヨーグルトの日持ち期間が1週間程度なのに対し、手作りヨーグルトは冷蔵保存で3日程度とされています。

市販のヨーグルトは清潔な環境で製造されているので、開封するまでは雑菌の混入はほとんどありません。しかし、手作りのヨーグルトは作る過程から雑菌を含んだ空気に触れるので、少なからず菌が侵入しており腐りやすくなります。

ヨーグルトが腐るとどうなる?

発酵食品であるヨーグルトは腐る可能性もあるとわかりましたが、腐るとどうなるかを知らない人もいるでしょう。買ったことを忘れて冷蔵庫に入れっぱなしになっていたヨーグルトなどが腐っているかどうか判断できずにいる場合には、紹介する内容を参考にしてください。

①カビが生え変色している

出典:http://cyao-cyao.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-89a5.html

発酵食品のヨーグルトは、腐るとカビが生えて変色をし始めます。カビが生えた状態のヨーグルトは写真でもわかるように明らかな変化が見られるので、長期間保存していた場合などはまずよく目で見て確認しましょう。また、プレーンヨーグルトよりもフルーツやジャムなどの入ったヨーグルトは、水分量も多く糖分が含まれる影響でよりカビが繁殖しやすいです。

カビが生えたヨーグルトを見つけた場合、少しならカビが生えた部分を取り除いて食べれば問題ないと思う人も多いでしょう。しかし、カビは目に見える箇所以外にも繁殖している可能性が高いので、カビを見つけたらすぐに処分してください。

②水分が多い

ヨーグルトが腐っているかを判断する基準として、購入した直後や手作りして出来上がった時と比べて水分量が増えることが挙げられます。水分の正体はホエイと呼ばれる栄養価の高いもので、ヨーグルトの上澄み液として蓄積されていくため、腐っていない場合でもある程度は見られます。

ただし、異常に水分量が増えたと感じた場合には、腐っている可能性が高いのでできるだけ食べないようにしましょう

③味・臭いがいつもと違う

腐ったヨーグルトは他の食品と同様に、味や臭いが時間とともに変化します。通常のヨーグルトにも適度な酸味はありますが、腐ると酸味が強くなります。臭いの変化も味と同様に明らかなもので、酸っぱさを感じさせる発酵臭が強くなるのが特徴的です。

ヨーグルトの「賞味期限切れ=腐る」ではない?

市販のヨーグルトには賞味期限の記載があり、ヨーグルトに限らず賞味期限を過ぎた場合には捨てる人も多いでしょう。しかし、賞味期限が切れても腐っていないように見えるものも多いのが実情です。賞味期限を切れると腐ってしまうものなのでしょうか?

賞味期限の定義

食品に記載されている賞味期限は未開封の状態で、パッケージに書かれている保存方法を守った場合に食品の味や品質を損なわずに食べられる期限のことです。基本的には傷みにくい食品に記載され、スナック菓子やペットボトル飲料などに多く見られます。

賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる

ヨーグルトを含む賞味期限が記載されている食品は、賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。あくまでも味や品質が保持される目安の期限なので、大幅に過ぎていない場合は自己判断で食べましょう。

ただし、賞味期限切れのヨーグルトを食べる際は、腐っている可能性がないわけではないので、臭いや酸味の確認をすることをおすすめします。また、賞味期限は未開封の状態での期限を表しており、開封後は空気中の雑菌などが侵入してカビの繁殖や腐敗が進む可能性が高いので注意が必要です。開封後はなるべく早めに食べ切ることをおすすめします。

(*賞味期限が切れたヨーグルトはいつまで食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ヨーグルトの賞味期限切れはいつまでOK?開封状態による?使い切りレシピなども紹介!

食べるのに抵抗がある場合の使い道

未開封のヨーグルトでも賞味期限切れで食べるのに抵抗がある場合には、以下のような食べる以外の使い方を試してみましょう。

・ヨーグルトパック
・肥料


ヨーグルトパックは、ヨーグルトとはちみつ、小麦粉を混ぜて顔に塗って10分程度パックするだけです。ヨーグルトに含まれる成分には古い角質やシミ・くすみの原因を取る効果が期待できます。また、花や野菜を育てている人は、肥料としてヨーグルトを使うことで有効活用できます。ヨーグルトの乳酸菌には、土を元気にする効果があるのでぜひ試してみてください。

ヨーグルトが腐りやすくなる場合とは?

ヨーグルトは保存状態などによっては、通常よりも腐りやすくなることがあります。ここではヨーグルトが腐りやすくなる場合の例をいくつか紹介するので、保存の際は注意して下さい。

①購入後に常温で放置

購入後のヨーグルトを冷蔵庫に入れ忘れて、常温で放置してしまった経験のある人は多いかもしれません。常温での保存は腐敗やカビの発生を早めてしまうので、注意が必要です。また、腐るまでには至らなかったとしても、乳酸菌が繁殖して酸味が強くなり過ぎることもあります。

ヨーグルトは冷蔵での保存が基本の食品なので、購入した後はすぐに冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

(*ヨーグルトの常温保存について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ヨーグルトは常温保存できる?日持ち期間は?腐った時の見分け方も紹介!

②容器から直接スプーンで食べる

市販のヨーグルトを容器から直接スプーンですくって食べることも、腐りやすくなる原因の一つです。人間の口の中には多くの菌が常に存在しており、口に入ったスプーンでヨーグルトをすくうと、スプーンを介して雑菌などが侵入することでカビの発生や腐敗を早めてしまいます。

一度に食べきるのであればスプーンですくって食べるのは問題ないのですが、食べ切らない場合は清潔なスプーンで別皿に移して食べてください。

腐ったヨーグルトを食べてしまったらどうなる?食中毒?

水分が多いヨーグルトや酸味の強いヨーグルトは一目では腐ったものと見分けがつかず、誤って食べる可能性があります。以下では、腐ったヨーグルトを誤って食べた場合の体への影響を紹介するので対策として参考にしてください。

少量であれば基本問題はない

ヨーグルトは、腐っていても少量であれば体への大きな影響はありません。しかし、大量に食べてしまうと腹痛などの食中毒の症状を起こすこともあり、場合によっては病院での治療が必要になることもあります。腐っているかどうかが分からないヨーグルトは、すぐに食べずに匂いや見た目を確認しましょう。

匂いや見た目に変化が無くても、食べた時に強すぎる酸味やヨーグルトにはない風味を感じた場合は、飲み込まずに吐き出すことをおすすめします。

ヨーグルトの腐りにくい保存の仕方は?

ヨーグルトは未開封や開封済みのどちらの場合でも、適切な保存方法を守ることで日持ちさせられます。以下では、ヨーグルトに菌やカビを繁殖させないための正しい保存方法を紹介するのでぜひ参考にしてください。

①基本は冷蔵庫で保存する

購入後のヨーグルトは少しの時間でも常温で置いておくと、菌の繁殖の原因になる可能性があるので、以下のポイントを守って保存しましょう。

・ドアポケットを避ける
・よく動かす場所には置かない
・容器のフタをしっかり閉める


菌の繁殖を抑えるためにもヨーグルトは購入後、冷蔵庫に入れるのが基本になります。特に夏場は菌が繁殖しやすい高温多湿な状況になるので、できるだけ早く冷蔵庫に保存しましょう。ただし、ドアポケットなど動きが多い場所に置いておくと、振動で水分が分離してカビが生えやすい環境になるので注意が必要です。

また、ヨーグルトは他の食品の臭いを吸収しやすい特徴があるのでフタを空けたままの保存は避け、しっかりフタが閉まっていることを確認して保存しましょう。

②日持ちさせたい場合は冷凍する

ヨーグルトを購入した後にどうしても食べきれず、捨ててしまう人もいるでしょう。そのような場合には以下のポイントを守って冷凍保存すれば、冷蔵庫よりも長く保存できます。

・10%程度の砂糖を加える
・冷凍用の保存容器に移す


ヨーグルトはそのまま冷凍すると、解凍時に水分と分離してしまうので、砂糖を加えてから冷凍保存するのがポイントです。砂糖の量はヨーグルトに対して10%程度で、入れたらヘラやスプーンなどで混ぜ合わせます。その後、ジッパーバッグなどの保存容器に移して冷凍庫に入れましょう。この方法であれば、最長で1カ月は冷凍保存できるのでおすすめです。

解凍の際には冷蔵庫で半日ほど自然解凍することで、多少の緩さはあるものの水分が分離せずに食べられます。また、解凍せずにシャーベットやスムージーにして食べることもできます。

(*ヨーグルトの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ヨーグルトは冷凍保存できる?乳酸菌は無事?日持ち期間や解凍のコツなど紹介!

ヨーグルトが腐らないように保存しよう

ヨーグルトは発酵食品なので自然な酸味がありますが、腐ると水分や酸味が増えるなどの変化が起こります。正しい保存方法を取れば腐りにくくなるので、今回の記事を参考にしてヨーグルトが腐らないように正しく保存しましょう。

関連する記事