嫌いな食べ物ランキングTOP10|大人・子供別に比較し傾向など解説!

嫌いな食べ物ランキングを知っていますか?今回は、<大人・子供>別の嫌いな食べ物ランキングそれぞれ1位~10位まで紹介します。<大人・子供>別の嫌いな食べ物の特徴や違いもランキングから分析して紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 日本人の嫌いな食べ物ランキングを<大人・子供>別で紹介!
  2. 【大人】の嫌いな食べ物ランキング一覧【TOP10】
  3. 1位:レバー
  4. 2位:トマト
  5. 3位:しいたけ
  6. 4位:セロリ
  7. 5位:くさや
  8. 6位:パクチー
  9. 7位:納豆
  10. 8位:牡蠣
  11. 9位:うに
  12. 10位:みょうが
  13. 【子供】 の嫌いな食べ物ランキング一覧【TOP10】
  14. 1位:ゴーヤ
  15. 2位:なす
  16. 3位:レバー
  17. 4位:セロリ
  18. 5位:グリーンピース
  19. 6位:ピーマン
  20. 7位:トマト
  21. 8位:肉の脂身
  22. 9位:アスパラガス
  23. 10位:しいたけ
  24. 嫌いな食べ物ランキング一から傾向・特徴を分析!
  25. 大人の嫌いな食べ物の傾向・特徴
  26. 子供の嫌いな食べ物の傾向・特徴
  27. 大人・子供の嫌いな食べ物の違いを比較
  28. 大人と子供で嫌いな食べ物は違う

子供の嫌いな食べ物の傾向・特徴

小さい子供は味の基準が母乳で、甘い味が好きです。一方、苦味や酸味は腐敗や毒に似ているので、本能的に体を守ろうと避けるようになっています。その傾向が幼稚園・小学生・中学生と年を取るにつれて慣れから緩和されていき、苦いものや酸っぱいものを食べられるようになります。

嫌いなもののランキングを見ると苦味のある野菜、緑色の野菜が多くランクインしており、それらのものを避けている傾向です。これらのものは大人になると苦味をさほど感じなくなるので、食べられるようになることが多いです。

大人・子供の嫌いな食べ物の違いを比較

大人だけが嫌いなものとしてランクインしているものは、くさややわさびなど、子供時代には口に入りづらい食材です。クセの強いものも多く、大人になってから食べてみて苦手と感じたものになります。一方、子供だけが嫌いなものは、ゴーヤやピーマンなど苦味の感じる野菜が多い傾向です。

大人になって食べられるようになることの多い食材も入っており、味覚の変化で子供のころは苦手だったものも、成長するにつれ克服できるケースが多くあります。

子供が大人より苦味を感じやすいのは、舌にある「味蕾」の数が関係してるようです。味蕾は味覚を感じる器官で、この数が多いほど敏感だと言われています。子供のころは味蕾の数が10,000個あるのに対して、成人すると5,000個ほどに減るため、苦味を含め味覚に関して鈍感になり苦味を感じにくくなるわけです。

大人と子供で嫌いな食べ物は違う

子供の時に嫌いだったものが、大人になったら食べられるようになった経験は、誰しもにあるものかもしれません。これは舌にある味蕾の数が大人になると減るので、苦味などに敏感な子供の頃とは味覚が変わるためです。子供のころの記憶で避けているものも美味しく感じる可能性があるので、ぜひ色々なものを食べてみてください。

関連する記事

×