餃子がジューシーにならない理由とは?肉汁飛び出す作り方のコツを紹介!

餃子がジューシーにならないという経験はありませんか?ジューシーにするにはどうすればいいのでしょうか?今回は、餃子がジューシーにならない原因・理由や、<ゼラチン・ラード>などを使う餃子の下ごしらえ・焼き方のコツを紹介します。肉汁が飛び出す美味しい餃子の作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 餃子がパサパサになる…。ジューシーにする方法って?
  2. 餃子がジューシーにならない原因・理由は?
  3. ①肉と野菜の割合が悪い
  4. ②お肉の脂肪分が少ない
  5. ③ひき肉の混ぜ方が足りない
  6. 餃子をジューシーにする下ごしらえのコツは?
  7. ①野菜と混ぜる前にひき肉をよく練る
  8. ②餃子の餡にラードを混ぜる
  9. ③鶏がらスープをゼラチンで固めて混ぜる
  10. 餃子をジューシーにする焼き方のコツは?
  11. ①油をたっぷり敷く
  12. ②焼き時間は3分半〜4分
  13. ③水ではなく熱湯を入れる
  14. 肉汁飛び出す美味しい餃子の作り方・レシピを紹介!
  15. ジューシー餃子の材料
  16. ジューシー餃子の作り方・手順
  17. ジューシーで美味しい餃子を作ろう!

餃子がパサパサになる…。ジューシーにする方法って?

家庭で餃子を作るとなぜか餡がパサパサになって、ジューシーにならないことがあるでしょう。パリパリの焼き目や噛むとジューシーな肉汁が溢れてくる、お店のような餃子が家庭でも作りたいものです。餃子をジューシーにするのは難しそうですがコツさえつかめば誰でもジューシーな餃子を作ることが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

餃子がジューシーにならない原因・理由は?

肉汁が溢れる美味しい餃子を作るために、まずは餃子がジューシーにならない原因を解説します。原因や理由を理解すれば、ジューシーな餃子を作るための近道になるでしょう。

①肉と野菜の割合が悪い

餃子をジューシーに作るには、餡のひき肉と野菜の割合が大切です。ひき肉の量が多いとパサパサした餃子になり、キャベツなどの野菜の量が多いと焼いているときに水分が出てしまいジューシーな餃子にはなりません。野菜と肉を2:1の割合にすると、ジューシーな餃子に仕上がるでしょう。

②お肉の脂肪分が少ない

ひき肉の脂肪分が少ないと焼いたときに肉がぱさついてしまいまとまりも悪く、肉団子状態になってしまいます。そのためある程度、脂肪分があるひき肉を選ぶようにしましょう。少し手間がかかりますが、豚バラ肉と豚ロース肉を細かく切って使うのもよいでしょう。このときジューシーな餃子にするためには、豚バラ肉の量を多めにすることをおすすめします。

③ひき肉の混ぜ方が足りない

しっかりとひき肉を混ぜることで、焼いたときにキャベツなどの野菜の水分を逃さずに肉汁が感じられるジューシーな餃子になります。しかし、野菜を入れたあとで混ぜすぎると野菜から水分が出てしまい、焼くときにも水分が溢れてしまうこともあるので注意が必要です。

餃子をジューシーにする下ごしらえのコツは?

餃子がジューシーにならない原因がわかったところで、次は下ごしらえをするときのコツを紹介します。餃子をジューシーにするためには下ごしらえにもポイントがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

①野菜と混ぜる前にひき肉をよく練る

ひき肉だけをよく練り空気を入れることで、食感がよくなり野菜ともうまく馴染むようになります。そしてよく練ることで粘り気が出て、焼いたときに野菜の水分が外に出にくくジューシーな餃子になります。

混ぜ方としてはまずひき肉全体をつぶすように揉み合わせ、ある程度混ざったら大きく練り合わせましょう。お肉の温度が上がらないようになるべく手の平はひき肉に触れないように、手先で混ぜるようにしてください。ひき肉が全体的に白く粘りが出てくるまで練ることがポイントです。

②餃子の餡にラードを混ぜる

ひき肉とキャベツなどの野菜を合わせた餡が火を通したときに固くならないよう、ラードを混ぜましょう。ラードがひき肉だけでは足らない肉汁の旨みを補う役割を担ってくれます。そして食べたときに口当たりがよくなり、旨味を凝縮した肉汁が溢れる餃子になるのです。

関連する記事

×