紫じゃがいもの品種「シャドークイーン」の特徴は?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

じゃがいもの品種「シャドークイーン」を知っていますか?紫色が特徴の品種です。今回は、「シャドークイーン」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。〈カレー・フライドポテト〉など「シャドークイーン」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シャドークイーンの特徴は?どんなじゃがいもの品種?
  2. シャドークイーンは紫色が特徴の「キタムラサキ」の改良品種
  3. シャドークイーンの味わい・食感
  4. シャドークイーンの値段・価格
  5. シャドークイーンの旬・収穫時期や産地は?
  6. シャドークイーンの産地
  7. シャドークイーンの旬・収穫時期は5月〜6月ごろ
  8. シャドークイーンの栄養価・効能は?
  9. シャドークイーンの美味しい食べ方は?
  10. シャドークイーンは皮ごと茹でるのがポイント
  11. シャドークイーンに合う調理法・料理
  12. シャドークイーンの人気レシピのおすすめ5選!
  13. ①ポテトサラダ
  14. ②ビシソワーズ
  15. ③カレー
  16. ④フライドポテト
  17. ⑤ジャーマンポテト
  18. シャドークイーンを通販でお取り寄せして食べてみよう

シャドークイーンの栄養価・効能は?

シャドークイーンには下記の栄養素が含まれています。

・ビタミンC
・カリウム
・アントシアニン
・ビタミンB6
・ビタミンB1
・ナイアシン


シャドークイーンの特徴でもある紫色は抗酸化色素であるアントシアニンで、紫色の他の品種の3倍ものアントシアニンを含んでいます。眼病予防・視覚機能の改善・花粉症の予防・メタボリックシンドロームの予防・活性酸素を除去する抗酸化作用・血管の保護や強化など様々な効果が期待できます。

また余分な塩分を排出し、血圧を下げる効果のあるカリウムも豊富です。さらに美白、抗酸化作用、骨や筋肉を結合するコラーゲンの合成など重要な働きをもつビタミンCは、レモンに匹敵する程の量を含んでいます。

シャドークイーンの美味しい食べ方は?

シャドークイーンを美味しく食べるには、どのようなポイントに注意をしたらよいのでしょうか。どのような調理法が適しているのかを紹介します。

シャドークイーンは皮ごと茹でるのがポイント

シャドークイーンの綺麗な紫色を活かすには、茹で方に工夫が必要です。シャドークイーンは、皮つきのまま茹でると紫色がより濃く仕上がります。皮をむいて茹でると、茹で汁に色素が溶け出して紫色の色素が抜けてしまいます。

シャドークイーンに合う調理法・料理

シャドークイーンは下記のような料理に適しています。

・ポテトサラダ
・ポタージュ
・ビシソワーズ
・ポテトフライ
・ポテトチップス


シャドークイーンは加熱をしても紫色の鮮やかな色は変わらずしっかりと残るので、食卓に彩りをつけるじゃがいも料理として上記のような料理に向いています。料理の一具材にするより、単体で紫色を活かす料理におすすめです。シャドークイーンは煮崩れることもないので、煮る・焼く・揚げる・蒸すなどどのような調理をしても美味しく仕上がります。

シャドークイーンの人気レシピのおすすめ5選!

シャドークイーンの色鮮やかな色合いを活かした料理を作ってみましょう。ここでは、シャドークイーンを使った人気のレシピを紹介するので、挑戦してみて下さい。

①ポテトサラダ

出典:https://oceans-nadia.com/user/20995/recipe/178525

シャドークイーンの彩りを活かして、アジサイに見立てたポテトサラダです。グリーンの葉物野菜をアジサイの葉に見立て、半円の形にしたポテトサラダをアジサイの花のように添えれば華やかな一品となり、おもてなし料理にぴったりです。

紫じゃがいもで紫陽花みたいなポテトサラダ♡ by あいのおうちごはん | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

②ビシソワーズ

出典:https://cookpad.com/recipe/2291037

冬場には温かなスープとしてポタージュに、夏の暑い日には冷製スープとしてビシソワーズを作ってみましょう。従来のビシソワーズとは違う、鮮やかな紫色のビシソワーズを楽しんでみてください。

シャドークイーンの紫ビシソワーズ by 柴海農園 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

関連する記事

×