とうもろこしの種類・品種13選!甘い・糖度が高い順にランキングで紹介!

【管理栄養士監修】とうもろこしにどんな種類があるか知っていますか?今回は、甘いとうもろこしの13品種を糖度順にランキング形式で画像とともに紹介します。好みによって、とうもろこしの調理方法は様々です。美味しい茹で方や旬も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. とうもろこしはどんな穀物?
  2. とうもろこしの種類と旬
  3. とうもろこしの糖度ランキングTOP13【おすすめ品種】
  4. 13位:味来(みらい)
  5. 12位:ミルフィーユ
  6. 11位:ミルキースイーツ
  7. 10位:クリスピーホワイト
  8. 9位:雪の妖精
  9. 8位:ピュアホワイト
  10. 7位:ソフトクリン
  11. 6位:おひさまコーン7
  12. 5位:ロイシーコーン
  13. 4位:ピクニックコーン
  14. 3位:サニーショコラ88
  15. 2位:ドルチェヘブン
  16. 1位:おおもの
  17. とうもろこしの美味しい茹で方は?
  18. ①水から茹でる方法
  19. ②お湯から茹でる方法
  20. ③レンジで茹でる方法
  21. とうもろこしのおすすめレシピ
  22. ①簡単焼きとうもろこし
  23. ②とうもろこしのかき揚げ
  24. ③とうもろこしご飯
  25. とうもろこしを美味しく食べよう

とうもろこしはどんな穀物?

とうもろこしの種類と旬

とうもろこしには食用のものから加工用のものまで、様々な種類があります。ここでは食用のとうもろこしの種類を紹介します。

・ゴールデンコーン
・シルバーコーン
・バイカラーコーン


粒の色によって上記のように3種類に分けられているのがスイートコーンです。スイートコーンは食用として用いられ、一般的に「とうもろこし」と呼ばれているもので、6月~9月中旬に収穫されます。収穫の時期が食べ頃の旬となりますので、初夏から夏が旬の時期となります。

(*とうもろこしの旬の時期や、白いとうもろこしと黄色いとうもろこしの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

とうもろこしが旬の時期はいつ?産地別の違いやレシピのおすすめを紹介!
「白いとうもろこし」と「黄色とうもろこし」の違いは?品種や食べ方のおすすめも紹介!

とうもろこしの糖度ランキングTOP13【おすすめ品種】

とうもろこしの7割が炭水化物で出来ているため、甘みを強く感じます。スイートコーンの種類によっても糖度が異なるので、1位から13位まで、ランキング形式でおすすめのとうもろこしを紹介します。

13位:味来(みらい)


*購入サイト|楽天市場*
北海道産 味来 (みらい) 6本入り

味来(みらい)は、サイズが少し小ぶりで、きれいに並んだ濃い黄色の粒が特徴です。

糖度12度
重さ300g程度
栽培日数85日程度
主産地アメリカ
内容量7ml
値段440円

12位:ミルフィーユ


*購入サイト|楽天市場*
とうもろこし10本 Lサイズ ミルフィーユ

ミルフィーユは、黄色と白色の2色の粒が並んでいる品種で、定番の美味しいとうもろこしです。

糖度14度
重さ450g以上
栽培日数85日程度
主産地不明
内容量200粒
値段578円

関連する記事