シンシアとは?どんなじゃがいも?旬や産地など特徴や料理レシピも紹介!

じゃがいもの品種「シンシア」を知っていますか?貯蔵できる期間が非常に長いのが特徴の品種です。今回は、「シンシア」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。〈ポテトサラダ〉など「シンシア」の食べ方・注意点やレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シンシアの特徴は?どんなじゃがいもの品種?
  2. シンシアは貯蔵できる期間が非常に長いのが特徴
  3. シンシアの味わい・食感
  4. シンシアの値段・価格
  5. シンシアの旬・収穫時期や産地は?
  6. シンシアの主産地はフランス
  7. シンシアの旬・収穫時期は6月〜7月ごろ
  8. シンシアの食べ方は?注意点もある?
  9. シンシアに合う調理法・料理
  10. シンシアが発芽・緑に変色している場合は要注意
  11. シンシアの料理レシピのおすすめを紹介!
  12. ①じゃがいものクリーミーグラタン
  13. ②ポテトサラダ
  14. ③ホワイトシチュー
  15. シンシアを通販でお取り寄せして食べてみよう

シンシアの特徴は?どんなじゃがいもの品種?

じゃがいもはスーパーや八百屋で、メークインや男爵芋など様々な品種を見かける事があるのではないでしょうか。ここからは、その中でもシンシアというフランスが原産国のじゃがいもについて紹介します。

シンシアは貯蔵できる期間が非常に長いのが特徴

シンシアは普通のじゃがいもに比べると、2倍貯蔵できる期間が長い事が特徴です。さらに、貯蔵している間に甘みが増すのも嬉しいポイントとなっています。保存方法も簡単で、新聞紙などでシンシアを包み冷暗所に置いておくだけです。夏の場合は新聞紙に包んだ後に、袋に入れて野菜室で保存しても良いでしょう。

(*じゃがいもの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

シンシアの味わい・食感

シンシアは、ねっとりとした食感が楽しめるメークインとほくほくとした食感が楽しめる男爵芋の中間のような、しっとりとした食感になっています。普通のじゃがいもとは一味違い、滑らかな口当たりで風味がよく、じゃがいもの濃厚な味わいが楽しめる品種です。

シンシアの値段・価格

シンシアは生産地であればスーパーなどで販売されていることがあり、4個で150から200円程度の価格です。一般的なじゃがいもは6個1袋入りで200円から250円ほどの価格が相場なので、シンシアも同程度と言えるでしょう。

シンシアは地域によってはスーパーに売られていないことも多いので、その場合は通販を活用するのもおすすめです。通販先によって違いはありますが、10kgで2500円前後で販売されています。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

シンシアの旬・収穫時期や産地は?

ここまでシンシアの特徴について紹介しましたが、シンシアはどこで生産されているのでしょうか。ここではシンシアの産地のほか、シンシアを美味しく食べられる旬の時期や収穫の時期も紹介するので、是非参考にしてみてください。

シンシアの主産地はフランス

シンシアの原産国はフランスであると紹介しましたが、主産地もフランスです。しかし、シンシアは現在では日本でも栽培されており、青森県やじゃがいもの名産地である北海道を中心に栽培されています。ただし、生産数が少ないことから普通のじゃがいもと比べると珍しい品種です。

シンシアの旬・収穫時期は6月〜7月ごろ

シンシアの収穫時期は、6月~7月頃となっており、この時期がもっとも美味しく食べられる旬の時期でもあります。一般的なじゃがいもは5~6月と10~2月頃の年2回の旬があるのに対し、シンシアは1回だけなので、手に入れたい場合は旬の時期を見逃さないようにしましょう。

シンシアの食べ方は?注意点もある?

しっとりとした食感が楽しめるシンシアに合う調理法や料理を紹介します。またシンシアは、貯蔵期間が長いのが嬉しい特徴ではありますが、注意点があるので是非参考にしてみてください。

シンシアに合う調理法・料理

シンシアに合う調理法や料理を紹介します。

・シチュー
・カレー
・肉じゃが
・コロッケ
・ポテトサラダ
・じゃがバター
・グラタン


シンシアは加熱するとさらに甘みが増すので、じゃがバターなどシンプルな料理でもじゃがいも本来の味わいを楽しむ事ができます。さらにシンシアは、煮崩れしにくいので肉じゃがやカレーなどの煮込み料理にもおすすめです。バターやクリームとの相性も良いので、ホワイトシチューやグラタンなどの料理に使うと甘みが増し、子供も食べやすくなります。

シンシアが発芽・緑に変色している場合は要注意

煮崩れしにくく貯蔵期間が長い程甘みを増すシンシアですが、保存中に発芽したり緑に変色したりしている場合は要注意となっています。発芽している場合や緑に変色している場合は、ソラニンと呼ばれる毒性を持つ成分が増えており、食べると吐き気や嘔吐などの食中毒の症状を起こす危険があります。

発芽していたり緑に変色していたりしている場合の他、中が空洞になっている場合もあまり良い状態とは言えません。空洞になっているのは、急激に大きく育ちすぎてしまったり気温の変化だったりと様々な理由があります。空洞になっている部分は、口当たりが悪くなっているので取り除いてから食べると良いでしょう。

(*じゃがいもの皮が緑や青い場合の危険性について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの皮が緑・青いのは危険?安全な食べ方は?緑化を防ぐ保存法も紹介!

シンシアの料理レシピのおすすめを紹介!

シンシアは、その甘みや濃厚な味わいを活かしたさまざまな料理に使うことができます。メインにピッタリなレシピから後一品足りない時にもおすすめのレシピを紹介するので、是非参考にしてみてください。

①じゃがいものクリーミーグラタン

出典:https://cookpad.com/recipe/3497632

シンシアから出るでんぷんで程よくとろみがつき、滑らかな食感を楽しむ事ができます。水分がなくなるまで煮詰めますが、煮崩れしにくいシンシアで作るとしっかりと形も残ってボリュームがアップして良いでしょう。

じゃがいものクリーミーグラタン◇簡単手軽 by ワタリ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②ポテトサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/1371463

具沢山のポテトサラダは、お弁当のおかずにもおすすめです。甘みが強いシンシアで作る時は、お好みでブラックペッパーを入れるとアクセントになります。シンシアが熱い内に、調味料を入れる事がポイントです。

☆ポテトサラダ☆ by ☆栄養士のれしぴ☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③ホワイトシチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/340598

シチューの素が無くても、簡単にシチューを作る事ができる本格レシピです。甘みが強いシンシアで作ると、野菜が苦手な子供も食べやすくなるので是非試してみて下さい。上手に仕上げるポイントは、火を止めてから小麦粉を混ぜる事です。

シチューの素はもういらない!!これでOK by おりひめママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

シンシアを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://hgsite.net/SHOP/11003-0001.html

フランスが原産地のシンシアは、日本でも栽培されているものの、生産数が少なく珍しいじゃがいもだと分かりました。甘みが強く煮崩れしにくいので、色々なレシピに活用できるじゃがいもです。シンシアは通販でも販売されているので、是非お取り寄せして食べてみてください。

フランス生まれの品種!十勝産じゃがいも「シンシア」煮くずれしずらくキメ細やか

関連する記事