じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

【管理栄養士監修】じゃがいもには多くの種類・品種があることを知っていますか?じゃがいもは種類豊富で、紫色をしたものなどもあります。今回は、じゃがいもの種類15こや、それらに合う料理を紹介します。新じゃがの時期や選び方のポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. じゃがいもはどんな食材?旬や選び方は?
  2. じゃがいもの歴史
  3. じゃがいもが旬・収穫の時期
  4. じゃがいもの選び方のポイント
  5. じゃがいもの品種・種類15こ
  6. ①男爵芋(5月中旬~)
  7. ②メークイン(5月中旬)
  8. ③キタアカリ(5月下旬~)
  9. ④インカのめざめ(5月下旬~)
  10. ⑤とうや(1月中旬~3月中旬)
  11. ⑥マチルダ(1月中旬~3月中旬)
  12. ⑦コナフブキ(5月中旬~)
  13. ⑧アンデス赤(5月下旬~)
  14. ⑨レッドムーン(5月下旬~)
  15. ⑩シャドークイーン(5月中旬~)
  16. ⑪グラウンドペチカ(5月中旬~)
  17. ⑫トヨシロ(5月中旬~)
  18. ⑬ホッカイコガネ(5月中旬~)
  19. ⑭ニシユタカ(5月中旬~)
  20. ⑮ノーザンルビー(6月~)
  21. じゃがいもの肉質別にあう料理を紹介
  22. ねっとり系
  23. ホクホク系
  24. じゃがいもの種類は料理にあったものを選ぼう

じゃがいもはどんな食材?旬や選び方は?

じゃがいもはカレーに入れたりじゃがバターにしたりと使用頻度が多い野菜の一つですが、どの様な特徴を持っているか知っていますか?歴史や旬の時期、選び方についてチェックして行きましょう。

じゃがいもの歴史

じゃがいもの原産地は中南米からアンデス山脈辺りとされており、日本へはオランダ人によって持ち込まれました。じゃがいもは長崎に持ち込まれ、ジャガトラ港を経由していたことからじゃがいもと名付けられたといわれています。

じゃがいもが旬・収穫の時期

じゃがいもは、年に2回収穫時期があるのが特徴です。冬に植えられたじゃがいもは4~5月、夏に植えられたじゃがいもは冬に収穫されています。4~5月に収穫されたじゃがいもは水分が多く柔らかい食感を愉しめるのが魅力で、「新じゃが」とも呼ばれています。新じゃがはビタミンCも豊富なので見かけたらぜひ味わってみましょう。

竹本友里恵

管理栄養士

ビタミンCは熱に弱く、加熱調理で失われることが多いですが、じゃがいもの場合はデンプンがビタミンCを守るため、加熱調理してもビタミンCが失われにくいです。糖質を多く含むと言われていますが、芋類の中ではじゃがいもは低カロリーで低糖質です。芋の特徴に合わた調理方法でダイエットに活用しましょう。

じゃがいもの選び方のポイント

美味しいじゃがいもを選ぶためには、どういった点に着目すれば良いかを見ていきましょう。

・皮が薄いもの
・表面がでこぼこしていないもの
・柔らかくなく、身がしっかりしているもの
・芽がでていないもの

スーパーなどでじゃがいもを購入する際には、上記で挙げた条件に当てはまる物を選ぶのがおすすめです。芽が出ているとそちらに栄養が取られるのでおすすめしませんが、芽が出る直前のものはでんぷんの糖化が進んでおり、甘みが強いとも言われています。

竹本友里恵

管理栄養士

じゃがいもの芽(芽や芽の根本)や皮(光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素のソラニンが多く含まれます。これらを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。また、加熱してもソラニンは分解されないので気をつけてください。じゃがいもはリンゴと一緒に保存すると発芽しにくいです。

じゃがいもの品種・種類15こ

ここからは、じゃがいもの品種や種類を15個紹介していきます。肉質やおすすめ料理・収穫時期も併せて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

①男爵芋(5月中旬~)

男爵芋は、スーパーでよく見かける品種の一つです。ホクホクした食感を愉しむ事ができ、長い間保存しやすいといったメリットも持っています。川田男爵によって広められたことが由来となっている様です。煮崩れしやすいので、煮込み料理にはおすすめしません。

肉質ホクホク系
おすすめの料理コロッケ、こふき芋

(*男爵芋について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

男爵いもの特徴は?メークインなどと違いは?由来や向いてる料理・人気レシピも紹介!

②メークイン(5月中旬)

こちらのメークインも男爵芋と同様、スーパーでよく見かける品種の一つです。つるんとした見た目が特徴で、粘り気があるので煮崩れしにくいのがメリットです。低温環境で保存すると甘みが増しますが、日光に当たると皮が変色を起こしやすくなります。メークインは保存場所に気を付けましょう。

肉質ねっとり系
おすすめの料理カレー、シチュー、おでん、グラタン

(*メークインについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

メークインの特徴とは?男爵との違いや向いている料理は?人気レシピ17選も紹介!

③キタアカリ(5月下旬~)

男爵芋とツニカの交雑から生まれた品種で、男爵芋よりも強い甘みを愉しめるのが特徴です。男爵芋は身が白いですが、キタアカリは黄色い身をしていることから「黄金男爵」と呼ばれることもあります。見た目は男爵芋とよく似ていますが、芽の周りが赤くなっているのが両者を見分けるポイントです。

肉質ホクホク系
おすすめの料理コロッケ、こふき芋、ジャガバター、ポテトサラダ

(*キタアカリについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

キタアカリとは?どんな特徴の品種?収穫時期や向いてる料理・人気レシピも紹介!

④インカのめざめ(5月下旬~)

インカのめざめは、キタアカリやメークインとほぼ同じ時期に収穫されます。ホクホク系とねっとり系の中間の肉質で、濃厚な味わいを愉しむ事ができます。身が山吹色に近い濃い黄色をしているのが特徴で、栗の様な甘さを感じられます。

肉質中間
おすすめの料理ポテトチップス、フライドポテト、カレー、シチュー

(*インカのめざめについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいも「インカのめざめ」とは?どんな特徴の品種?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑤とうや(1月中旬~3月中旬)

北海道の地名「洞爺」の名前を冠した品種です。害虫に強く、早く大きく育つのが特徴です。変色を起こしやすいので、見た目を重視する料理の使用にも向いています。表面のくぼみが少なく、皮も比較的剥きやすくなっています。

肉質ねっとり系
おすすめの料理煮物、カレー、シチュー、炒め物

(*とうやについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいも品種「とうや」の特徴は?保存法や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑥マチルダ(1月中旬~3月中旬)

マチルダはスウェーデンで生まれた品種で、糖分が多いのが特徴です。重機で収穫を行いにくく、収穫量も少ないので流通量が少なく、見かける機会も少ない種類となっています。一般的なじゃがいもですと小粒のものはあまり美味しくないとされていますが、マチルダは小粒でもしっかりしたおいしさを愉しめます。

肉質ねっとり系
おすすめの料理ホールポテト

(*マチルダについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

マチルダじゃがいもとは?幻の品種?旬・主産地など特徴やレシピのおすすめも紹介!

⑦コナフブキ(5月中旬~)

コナフブキは、北海道で最も多く栽培されているじゃがいもの品種です。コナフブキはデンプンが豊富に含まれており、まるで吹雪を思わせる様だ、という事からこう名付けられた様です。一般的なじゃがいもとは違い、かなりパサパサしているので調理に使用されることはあまりありません。

肉質パサパサ系
おすすめの料理焼酎の減量、お好み焼き粉

⑧アンデス赤(5月下旬~)

アンデス赤は皮が赤く身が黄色いのでさつまいもによく似ていますが、味もさつまいもの様な甘みを愉しむ事ができます。二期作を行えるのが特徴で、ネオデリシャスやアンデスレッドといった別名も持っています。生命力が強く芽が出やすいので、手に入れたら早めに調理しましょう。

肉質パサパサ系
おすすめの料理コロッケ、ポテトサラダ、フライ

(*アンデス赤(アンデスレッド)について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください)

アンデスレッドの特徴は?皮が赤いじゃがいも?収穫時期や人気レシピなど紹介!

⑨レッドムーン(5月下旬~)

レッドムーンは細長い形をしており、つるっとした表面が特徴の品種です。皮の赤さから、「レッドメーク」や「紅メークイン」といった名前で呼ばれることもあります。大量生産にはあまり向いておらず、家庭菜園など小規模で生産されることが多いです。

肉質ねっとり系
おすすめの料理カレー、シチュー

(*レッドムーンについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいも品種「レッドムーン」の特徴は??食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑩シャドークイーン(5月中旬~)

シャドークイーンは、黒っぽい皮と紫色の身という特徴的なビジュアルをしたじゃがいもです。この紫色はアントシアニンであり、調理に使用しても鮮やかなままなので彩りとして使用されることもあります。

肉質中間
おすすめの料理コロッケ、ポテトサラダ、フライ

(*シャドークイーンについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

紫じゃがいもの品種「シャドークイーン」の特徴は?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑪グラウンドペチカ(5月中旬~)

グラウンドペチカは、先ほど紹介したレッドムーンが突然変異を起こして誕生した品種となっています。皮は赤と紫のツートンカラーですが、身は鮮やかな黄色をしています。少しパサパサした食感ですが、煮崩れしにくいので煮込みなどにもおすすめです。

肉質パサパサ系
おすすめの料理カレー、煮物

⑫トヨシロ(5月中旬~)

トヨシロは、料理用ではなく加工に向いている種類です。甘みは少なく揚げても変色しにくい特徴から、カルビーのポテトチップスやスナックにも使用されています。収穫量が多いのが特徴で、身も大きく育ちやすいといった特徴もあります。

肉質パサパサ系
おすすめの料理ポテトチップス

(*トヨシロについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいも「トヨシロ」の特徴は?ポテトチップスに加工される品種?食べ方のおすすめも紹介!

⑬ホッカイコガネ(5月中旬~)

ポテトチップスに良く使用されるトヨシロを紹介しましたが、こちらのホッカイコガネはそのトヨシロから作られた品種です。トヨシロと違い糖度が高いのが特徴で、フライドポテトに使用されることが多いです。カットした後も変色を起こしにくいですし、煮崩れしにくいので調理にも使用しやすい品種となっています。

肉質パサパサ系
おすすめの料理フライドポテト、カレー、コロッケ、サラダ

(*ホッカイコガネについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいもの品種「北海こがね」の特徴とは?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑭ニシユタカ(5月中旬~)

ニシユタカは、デジマと長系65号とを交配してできた品種です。ニシユタカは収穫量が多いのが特徴で、西南暖地に適している豊産種であることからこう名付けられました。春に多く流通する新じゃがですが、その新じゃがの多くは、このニシユタカである様です。

肉質ねっとり系
おすすめの料理サラダ、カレー、シチュー

(*ニシユタカについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

じゃがいも品種「ニシユタカ」の特徴は?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑮ノーザンルビー(6月~)

ノーザンルビーは皮も身も赤いのが特徴で、2006年に新しく登録された品種です。この赤さはシャドークイーンと同じくアントシアニンによるものであり、色を活かした調理に活用れます。スープに活用すると、うっすらとしたピンク色のスープに仕上がります。

肉質ねっとり系
おすすめの料理ポテトチップス、ポタージュ

じゃがいもには以下のような品種もあるので、気になる方はみてみてください。

タワラヨーデル
インカルージュ
さやあかね
さやかじゃがいも
タワラマゼラン
十勝こがね
ドラゴンレッド
三方原馬鈴薯
こがね丸
ピルカ
はるか
シェリー
シンシア
ながさき黄金

じゃがいもの肉質別にあう料理を紹介

続いて、じゃがいもの肉質別にピッタリ合う料理を見ていきましょう。じゃがいもにはねっとり系とホクホク系とがあるので、それぞれに分けて紹介します。

ねっとり系

メークイン、とうやといったねっとり食感のじゃがいもには以下の料理がおすすめです。

・カレー
・シチュー
・おでん
・グラタン


ねっとり系のじゃがいもでもそれぞれ特製は違いますが、上記の様な料理に合うことが多いです。ねっとり系のじゃがいもは糖分が多く、コロッケなどにはあまり向いていない様です。

ホクホク系

男爵芋やアンデス赤、グラウンドペチカなどホクホク系のじゃがいもには、以下の様な料理をおすすめします。

・コロッケ
・ポテトサラダ
・フライ
・こふき芋


ホクホクした食感を活かし、上記の様な料理に使用してみましょう。ホクホク食感のじゃがいもは煮崩れしやすいものが多く、煮込み料理にはあまり向いていません。新じゃがもホクホク系の食感を愉しめるので、上記の料理に活用してみましょう。

じゃがいもの種類は料理にあったものを選ぼう

じゃがいもの品種は、今回紹介したもの以外にもあります。種類によっておすすめの調理法が異なっているので、それぞれの特徴を理解して上手に料理に活用してみましょう。

関連する記事