「京くれない」はどんな人参?栄養・味など特徴は?レシピや食べ方のおすすめも紹介!

ニンジンの品種「京くれない」を知っていますか?全体が赤色なのが特徴の品種です。今回は、「京くれない」の〈味わい・食感・見た目・栄養価〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「京くれない」の美味しい食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 京くれないの特徴は?どんな品種?
  2. 京くれないは全体が赤色の見た目が特徴
  3. 京くれないの味わい・食感
  4. 京くれないはリコピンなど栄養価も豊富
  5. 京くれないの値段・価格
  6. 京くれないの旬・収穫時期や産地は?
  7. 京くれないの主産地は九州地方
  8. 京くれないの旬・収穫時期は11月〜3月ごろ
  9. 京くれないの美味しい食べ方・レシピは?
  10. ①京くれないのニンジンジュース
  11. ②京くれないのサラダ
  12. ③京くれないとえのきのお吸い物
  13. 京くれないを食べてみよう

京くれないの特徴は?どんな品種?

市場に流通しているニンジンには様々な品種がありますが、京くれないも独特な特徴を持っています。見た目や味だけでなく、栄養成分にも注目してほしい品種です。ここでは京くれないとはどんな品種かを、その特徴も交えて詳述します。

京くれないは全体が赤色の見た目が特徴

出典:https://shop26-makeshop.akamaized.net/shopimages/asahivege/0000000002112_Og95l7U.jpg

京くれないは一般的なニンジンとは違い、表皮がオレンジではなく鮮やかな赤色をしています。金時ニンジンと五寸ニンジンの間に位置する大きさで、20cmから22cm程度となっており細長いのが特徴です。太さは様々ですが、極端に太くなることはないようです。

京くれないの味わい・食感

京くれないはニンジン特有の匂いが少ないことが特徴で、生で食べても甘味を感じます。また緻密な肉質で食べ応えがあるため、生食から煮込みなどの加熱料理まで活用できると人気です。見た目の赤さも特徴的で、料理に彩りを添えてくれます。

京くれないはリコピンなど栄養価も豊富

京くれないは一般的なニンジンに含まれているカロテンだけでなく、トマトの2倍のリコピンを含んでおり、以下の効果が期待できます。

・アンチエイジング
・日焼け予防
・生活習慣病の予防
・血糖値上昇の抑制


リコピンは強い抗酸化作用を持つ天然色素で、活性酸素の量を適正に保つ働きを担っています。このリコピンの抗酸化作用により、上記のような様々な健康効果があるのです。またリコピンの抗酸化作用により血管の健康が維持できると、血流促進による肥満防止にも役立つとされています。

京くれないの値段・価格

京くれないは産地を除いて一般市場で販売されることはほとんどないようです。ECサイトでは期間限定でニンジンジュース用として、割れたものも含めた京くれないが10kgで3000円前後で販売されたことがありました。一般的なニンジンも10kgで購入すると3000円前後なので、価格はそれほど高くないと考えられます。

(*ニンジンの旬や種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

人参(ニンジン)の旬の時期はいつ?種類別に一番美味しい季節を紹介!

京くれないの旬・収穫時期や産地は?

出典:https://www.eatpick.com/images/a/20210130095610161196817085-resize-2235x1380.JPG

京くれないの名前から、産地は関西方面ではないかと予想する人も多いことでしょう。また市場にほとんど流通しないことから、旬の時期も予想しにくいです。ここでは京くれないの産地や、旬を含めた収穫時期について説明します。

京くれないの主産地は九州地方

京くれないは名前に京都府などの関西地域を連想させる京とついているものの、主な産地は九州地方で、特に熊本県と宮崎県と鹿児島県での栽培が盛んです。温暖な地域で主に栽培されている品種ですが、産地は広範囲にわたっており、青森県や新潟県をはじめ茨城県と千葉県と静岡県も産地として名前を連ねています。

京くれないの旬・収穫時期は11月〜3月ごろ

京くれないは夏まき栽培する品種なので、11月から3月が収穫時期となっています。中でも冬である12月から2月にかけて、旬として食べ頃を迎えるようです。煮込み料理にも向いている品種なので、冬場に温かいスープやカレー・シチューなどに活用するのも良いでしょう。

京くれないの美味しい食べ方・レシピは?

糖度の高い京くれないは、ニンジンが苦手な人でも食べやすい品種です。調理するなら、京くれないの甘味が引き立つ料理に挑戦してみるとよいでしょう。ここでは京くれないの美味しさが際立つ、おすすめのメニューを3つ紹介します。

①京くれないのニンジンジュース

出典:https://cookpad.com/recipe/3182276

皮を剥いたニンジンに火を通し牛乳と水、砂糖とともにミキサーにかけて仕上げます。このレシピでは普通のニンジンを使っていますが、京くれないを使用する際は糖度が高いので砂糖を少なめにするとよいでしょう。

めちゃうま!人参ジュース by クック大好き♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが350万品

②京くれないのサラダ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1420011973/

京くれないとパープルスティックの2種類のニンジンを茹でてから切り、オリーブオイルとポン酢で味付けするレシピです。酸味がニンジンの甘味を引き立て、ツナとの相性もよく、食べやすい仕上がりとなっています。

人参サラダ ◉京くれない・パープルスティック レシピ・作り方 by 西野シオン|楽天レシピ

③京くれないとえのきのお吸い物

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1980023096/

京くれないとえのきをカツオだしで煮て、麺つゆで味付けするお吸い物のレシピです。仕上げに溶き卵を流し込み、かきたま風にすることで彩りも美しく仕上がります。

エノキと京くれないの玉子のお吸い物(o^^o) レシピ・作り方 by xmickyx|楽天レシピ

京くれないを食べてみよう

今回は京くれないの特徴や旬と収穫時期、産地も交えて紹介しました。京くれないはニンジンの中では栽培量が多いとはいえない品種なので、産地から離れていると目にする機会が少ないかもしれません。しかしECサイトなどで予約購入できることもあるので、機会があればぜひ京くれないを食べてみることをおすすめします。

関連する記事