豆乳の賞味期限切れはいつまで?4ヶ月・半年はNG?腐るとどうなるかも紹介!

豆乳の賞味期限はどれくらいか知っていますか?何日まで大丈夫なのでしょうか?今回は、豆乳の賞味期限を<ピリピリ・苦い・固まる・ドロドロ・酸っぱい>など腐るとどうなるのかの特徴と紹介します。期限切れでもいつまで飲めるのかや、腐った豆乳を飲んだ時の対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)

目次

  1. 豆乳の賞味期限はどれくらい?開封前後で違う?
  2. 未開封の豆乳の賞味期限は4ヶ月〜半年
  3. 豆乳は開封後2〜3日を目安に飲むことが推奨されている
  4. 豆乳の賞味期限切れはいつまで飲める?2週間・半年はNG?
  5. 賞味期限の定義
  6. 未開封は期限切れでも飲める場合も多い
  7. 開封後や賞味期限を大きく過ぎている場合は避けた方が無難
  8. 豆乳が腐るとどうなる?見分け方は?
  9. ①匂い
  10. ②見た目
  11. ③味
  12. 腐った豆乳の使い道は?加熱すれば飲めるって本当?
  13. 腐った豆乳の使い道はなく加熱しても飲めないため処分しよう
  14. 腐った豆乳を飲んでしまった!対処法ある?
  15. 体の不調が続く場合は病院へ行こう
  16. 豆乳が日持ちする保存方法は?未開封・開封後別に紹介!
  17. 豆乳が未開封の場合
  18. 豆乳が開封後の場合
  19. 豆乳は腐る前に飲みきろう!

豆乳が日持ちする保存方法は?未開封・開封後別に紹介!

購入した豆乳を日持ちさせるためには、正しく保存する必要があります。ここでは、未開封もしくは開封後の豆乳を日持ちさせる保存方法を紹介します。

豆乳が未開封の場合

未開封の豆乳の保存方法は、以下の通りです。

・直射日光を避ける
・風通しのよい冷暗所で保存する

上記の条件を満たす場所であれば、未開封の豆乳を常温で保存することが可能です。豆乳が入っているパックは雑菌や光、酸素などを遮断する性質がある一方で、内側のアルミは熱伝導率が高いため温度変化に弱いのが特徴です。そのため、温度変化が激しい部屋で豆乳を常温で保存すると、劣化の原因となるので注意しましょう。

豆乳が開封後の場合

開封した豆乳の保存方法は、以下の通りです。

・容器に蓋をする
・冷蔵庫で保存する


開封後の豆乳を上記のように保存すれば、開封後2~3日は日持ちさせることができます。しかし、開封した豆乳を飲むために冷蔵庫から出して、常温に置いておくと温度が変化して劣化の原因に繋がります。豆乳をコップに注いだら、パックに残った豆乳をすぐに冷蔵庫に戻すようにしましょう。

また、冷蔵庫のドアポケットで保存すると、扉を開閉するたびに温度変化が起こるうえに振動の影響を受けて雑菌が豆乳全体に混ざるリスクがあります。そのため、豆乳を保存する際にはドアポケットを避けて、冷蔵室内で保存するようにしてください。

(*豆乳の冷凍方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豆乳は冷凍保存できる!日持ちは?解凍法・食べ方のおすすめも紹介!

豆乳は腐る前に飲みきろう!

今回は、豆乳の賞味期限や豆乳が腐った場合の特徴などを紹介しました。未開封の豆乳は常温でも長期保存ができますが、開封後は数日程度しか日持ちしません。開封した豆乳は正しい方法で保存して、腐る前に早めに飲み切りましょう。

(*豆乳の期限内に消費できるレシピについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

余った豆乳を大量消費できる人気レシピ25選!簡単&美味しい使い道って?

関連する記事

大豆・豆腐のアクセスランキング

人気のある記事ランキング

ランキング情報が取得できませんでした。