アップルパイ向きなりんごの種類・品種は?紅玉以外でも代用できる?

アップルパイに向いているりんごの種類・品種を知っていますか?紅玉が最適とされています。今回は、アップルパイに紅玉が向いている理由と〈ジョナゴールド〉など紅玉以外で代用できる品種を紹介します。アップルパイに向いていない品種や紅玉以外で代用する際のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アップルパイに向いてるりんごの種類・品種って?
  2. アップルパイなど焼き菓子は「紅玉」が向いている
  3. 紅玉以外でアップルパイに向いてるりんごの種類は?
  4. ①ジョナゴールド
  5. ②シナノゴールド
  6. ③あかね
  7. ④きおう
  8. 逆にアップルパイに向いていない種類は?どんなりんご?
  9. アップルパイを紅玉以外の甘めのりんごで代用するポイントは?
  10. りんごを煮つめる時に「レモン汁」を入れるのがおすすめ
  11. 本格アップルパイの作り方・レシピ
  12. 材料
  13. 作り方・手順
  14. アップルパイを作ってみよう

アップルパイに向いてるりんごの種類・品種って?

秋になると多くのりんごが出回りますが、りんごは品種が多い果物です。それでアップルパイを作ろうと思う場合、どの品種を選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。アップルパイを作る時に選びたいりんごの種類と、本格的なレシピを紹介します。

アップルパイなど焼き菓子は「紅玉」が向いている

りんごは多くの品種がありますが、最もアップルパイを含めお菓子作りに向いているのが「紅玉」です。紅玉はアメリカ原産の品種で、一般的なりんごと比べやや小ぶりです。ではなぜ紅玉がお菓子に向いているのでしょうか。

・酸味が強め
・果肉がしっかりとして、煮崩れしにくい


蜜の多い品種は甘く生で食べる時はとてもおいしいですが、加熱すると味がぼやけてしまいます。そのため紅玉のような酸味の強い品種の方が、加熱調理するお菓子作りには向いています。また加熱した時に煮崩れしてしまうと食感が悪くなるので、しっかりとした硬めの品種の方がお菓子作りには適しているでしょう。

(*紅玉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

紅玉(こうぎょく)はどんなりんご?旬の時期・産地や味わいは?レシピのおすすめも紹介!

紅玉以外でアップルパイに向いてるりんごの種類は?

アップルパイを作ろうとりんごを買いに行った時、紅玉がない場合どのりんごで代用できるのでしょうか。一般的に広く販売されている品種で、アップルパイ作りに向いているりんごを紹介します。

①ジョナゴールド

甘味もありますが、酸味が特徴の品種です。生色もおいしいですが、「紅玉」と「ゴールデンデリシャス」の交配種で加熱調理に向いています。しかし多少煮崩れしやすくジャムなどに使われることも多いので、柔らかい食感のアップルパイを作る時におすすめの品種です。

②シナノゴールド

黄色が特徴のシナノゴールドは「ゴールデンデリシャス」と「千秋」の交配種で、強い甘味と共に酸味も程よくある品種です。フルーティーな香りとしっかりと歯応えのある果肉で加熱しても食感がなくなりにくいので、加熱するお菓子作りに向いています。

③あかね

「ウースター・ペアメイン」と「紅玉」の交配種で、甘味や酸味のバランスが紅玉とよく似ています。加熱しても煮崩れしにくく酸味も消えないので、りんごのお菓子作りに適している品種と言えます。

④きおう

「きおう」は「王林」と「千秋」の交配種で、酸味の強さが特徴の品種です。果肉が硬くしっかりとして加熱しても煮崩れが少ないので、アップルパイにしても果肉の食感を十分に楽しむ事ができます。

逆にアップルパイに向いていない種類は?どんなりんご?

関連する記事