余ったパセリを大量消費できる人気レシピ11選!簡単&美味しい使い道って?

余ったパセリを美味しく消費できる方法を知っていますか?今回は、パセリを簡単に大量消費できる人気レシピを〈サラダ&副菜・おつまみ&おかず・主食・スープ・ソース&ドレッシング〉別に紹介します。余ったパセリを大量に保存できる方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 余ったパセリを美味しく消費したい…
  2. パセリを大量消費できるレシピ【サラダ・副菜系】
  3. ①マリネ
  4. ②ホットサラダ
  5. ③ポテトサラダ
  6. パセリを大量消費できるレシピ【おつまみ・おかず系】
  7. ①オムレツ
  8. ②無限パセリ
  9. パセリを大量消費できるレシピ【パスタ・ご飯など主食系】
  10. ①バターライス
  11. ②トマトの冷製パスタ
  12. パセリを大量消費できるレシピ【スープ系】
  13. ①じゃがいものポタージュ
  14. ②豚肉の味噌汁
  15. パセリを大量消費できるレシピ【ソース・ドレッシング系】
  16. ①ジェノベーゼ
  17. ②塩レモンドレッシング
  18. 余ったパセリを大量に保存する方法も知っておこう
  19. パセリの残りも美味しく消費しよう!

余ったパセリを美味しく消費したい…

パセリをたくさん貰ったけれど、使い道に困って余らせた経験のある人も多いでしょう。パセリは一般的に飾り付けに使われることが多く、食卓のメインとして食べられることの少ない食材です。しかし、以下で紹介するパセリのレシピを参考にすれば美味しく調理できるので、パセリが余ったら試してみてください。

パセリを大量消費できるレシピ【サラダ・副菜系】

サラダや副菜はたくさんのパセリを使えて作り置きもできるので、大量消費したい人にはおすすめの調理方法です。以下では、パセリを大量消費できるサラダや副菜のレシピを紹介するので、パセリが余っている人は試してみましょう。

①マリネ

出典:https://cookpad.com/recipe/1795792

爽やかな味が特徴的なマリネは肉料理のような味の濃いものとの相性が良く、色鮮やかなので食卓を華やかにしてくれます。こちらのレシピではパセリを多めに使うので、作り置きにしてパセリの大量消費にも役立てましょう。

人参のパセリマリネ by よもまめころりん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

②ホットサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/6833321

サラダは冷製のものが一般的ですが、ホットサラダにして寒い冬でも美味しく食べてみましょう。豆だけでは単色で色味がないですが、たくさんのパセリを加えることで見た目も華やかになります。

病みつき!お豆とパセリのホットサラダ♬ by Satoco❤ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

③ポテトサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/5563730

ポテトサラダにもパセリを大量に使うことで、いつもとひと味違う独特の風味が楽しめます。さっぱりとしたポテトサラダに仕上がるので、こってりした肉料理の付け合わせにもおすすめです。

パセリ大量消費!ポテトサラダ by ニジノママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

パセリを大量消費できるレシピ【おつまみ・おかず系】

飾り付けとして使われることの多いパセリですが、工夫次第で食卓のメインのおかずやおつまみにもなります。以下では、お酒やご飯にも合うパセリを使ったおつまみやおかず系のレシピを紹介します。

①オムレツ

出典:https://cookpad.com/recipe/2238304

子供から大人まで人気の高いオムレツにもパセリを入れて、いつもと少し違ったアレンジをしてみましょう。こちらのレシピ通りにパセリのみで作るのも良いですが、他にもお好みで野菜を入れても美味しく、色鮮やかになるのでおすすめです。

美容と健康にパセリでオムレツ by oyukidesu 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

②無限パセリ

出典:https://cookpad.com/recipe/5021562

無限パセリは名前の通りパセリを大量に食べたい人におすすめで、お酒にもよく合うのでおつまみとして最適な1品です。具材を混ぜ合わせるだけの簡単な調理方法なので、料理が苦手な人でも手軽に作れます。

パセリ大量消費★自称無限パセリ by たかゆきん。 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

パセリを大量消費できるレシピ【パスタ・ご飯など主食系】

独特の風味や香りが特徴的なパセリは主食にも活用できます。パセリをご飯やパスタなどの主食と一緒に調理することで、いつもと違った華やかな食卓になるでしょう。

①バターライス

出典:https://cookpad.com/recipe/5663922

大量のパセリとバターの風味が組み合わさったバターライスは味だけでなく、香りまで楽しめる1品です。そのまま食べても良いですが、カレーやトマト煮と合わせて食べればさらに美味しく食べられます。

パセリ大量消費に✿パセリバターライス✿ by mari♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

②トマトの冷製パスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/320965

バジルの代わりに余ったパセリを使用して作る冷製パスタも、大量消費におすすめです。さっぱりした味わいは食欲がなくても美味しく食べられ、夏バテ中にも最適です。

ランチに★トマトとパセリの冷製パスタ by Jennnie子 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

パセリを大量消費できるレシピ【スープ系】

いつもの食事のメニューでもう1品追加で料理が欲しい人は、パセリを大量消費できるスープを作ってみましょう。パセリの香り豊かな上品なスープを楽しんでください。

①じゃがいものポタージュ

出典:https://cookpad.com/recipe/3336141

じゃがいもとパセリを使ったポタージュは生クリームや牛乳を使っているので濃厚な味わいですが、爽やかなパセリの風味で夏でもすっきり食べられる1品です。こちらのレシピはパセリの葉を使うので、余った茎の部分はブイヨンとして利用できます。

じゃが芋とパセリのポタージュ by うさぎのシーマ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

②豚肉の味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/1402717

イタリアンなイメージの強いパセリですが、味噌汁に入れて食べると独特なクセが消えてパセリが苦手な人でも美味しく食べられます。いつもの味噌汁にパセリを足すだけでも良いので、使い道に困っている人は1度試してみましょう。

豚とパセリの美人パワーお味噌汁★ by ばじる0803 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

パセリを大量消費できるレシピ【ソース・ドレッシング系】

ソースやドレッシングはパセリを大量消費するには最適で、作り置きもできます。パセリの使い道がない人は以下で紹介するレシピを参考にしてください。手作りのソースやドレッシングを作れば、食卓の彩りも豊かになるので挑戦してみましょう。

①ジェノベーゼ

出典:https://cookpad.com/recipe/389677

パスタソースとしても人気の高いのジェノベーゼはバジルで作るのが一般的ですが、パセリで代用しても簡単に作れます。こちらのレシピではイタリアンパセリを使っていますが、パセリで作るとより強い香りを楽しめるでしょう。パセリの大量消費ができるうえ、作り置きもできる便利なソースです。

イタリアンパセリでジェノベーゼ風 by popo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

②塩レモンドレッシング

出典:https://cookpad.com/recipe/2926122

レモンとパセリを合わせたこちらのドレッシングは材料を混ぜ合わせるだけと簡単なので、凝った料理が面倒な人におすすめのドレッシングです。ドレッシングとしてだけでなく、ソースとしても使えるのでパスタや肉料理など幅広く使ってみましょう。

丸覚え簡単!パセリと塩レモンドレッシング by アキ@ベジビーオ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが358万品

余ったパセリを大量に保存する方法も知っておこう

パセリを大量に入手してすぐに使わない場合は以下の手順で保存して、いつでも調理できるようにしておきましょう。

1、パセリの葉を流水で洗う
2、水気を切って、葉と茎に分ける
3、茎はラップに包む
4、葉と茎をジップロックに入れる
5、真空状態にして冷凍庫で保存する


余ったパセリを消費しきれなかった場合は冷凍庫に入れて保存するのがおすすめです。1ヶ月程度の保存が可能ですが、風味を楽しむには3週間ほどで使い切るようにしましょう。冷凍したパセリは、解凍せずにそのまま料理に使用できます。

(*パセリの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

パセリの保存方法・期間は?生のまま冷凍・冷蔵で長持ちのコツや乾燥・オイル漬けにする方法も!

パセリの残りも美味しく消費しよう!

料理の添えや飾り付けのイメージが強いパセリですが、主食やメインの料理などに活用すれば大量消費も叶います。今回紹介したレシピを参考に、パセリの独特の風味や香りを楽しみ美味しく食べましょう。

関連する記事