魚へんに利「鯏」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

魚へんに利益の「利」という漢字を書いて何と読むか知っていますか?読み方は「アサリ」です。今回は、魚へんに利益の利で「アサリ」と読む由来や意味をアサリの特徴とともに紹介します。魚へんに吉と書く「鮚」など、魚へんがつく漢字の魚・貝をアサリ以外にも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚へんに利益の「利」と書いて何と読む?正しい読み方は?
  2. 魚へんに利と書いて「アサリ」と読む「鯏」の意味・由来
  3. 魚へんに利と書く貝「アサリ」はどんな貝?
  4. アサリは日本で古来より食用として親しまれてきた
  5. 鯏以外に魚へんがつく漢字の魚・貝は何がいる?
  6. ①魚へんに吉(鮚:はまぐり)
  7. ②魚へんに希(鯑:かずのこ)
  8. ③魚へんに冬(鮗:このしろ)
  9. ④魚へんに未(鮇:いわな)
  10. ⑤魚へんに東(鰊:にしん)
  11. ⑥魚へんに神(鰰:はたはた)
  12. ⑦魚へんに包む(鮑:あわび)
  13. 魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんに利益の「利」と書いて何と読む?正しい読み方は?

魚へんに利益の「利」と書いて、何と読むか知っているでしょうか。魚へんの漢字は普段目にする魚や貝を示していても、読み方が分からないことは少なくありません。ここからは、魚へんがつく魚・貝や、漢字の由来と意味について紹介します。

魚へんに利と書いて「アサリ」と読む「鯏」の意味・由来

鯏の読み方は、魚へんに利益の「利」と書いてアサリです。鯏のつくりに構成される「利」は、土を掘り起こすという意味があります。海の浅い砂に埋もれているアサリを獲るためには、砂を掘り起こす必要があるからです。そして、「漁る」から魚へんをあて「利」を組み合わせて鯏と呼ぶようになったといわれています。

(*魚へんの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

魚へんに利と書く貝「アサリ」はどんな貝?

味噌汁やチャウダーなどの具に入れるアサリは、どんな生態の貝なのかあまり多く知られていません。アサリとは具体的に、どのような特徴を持っている貝なのでしょうか。

アサリは日本で古来より食用として親しまれてきた

アサリはマルスダレガイ科に属し、食用として重要な役割を持つ二枚貝の一種です。日本では古来からアサリは食用され続け、貝塚などでは多くの貝殻が見つかっています。また、成貝の生態は淡水と海水が混じり、浅くて塩分の薄い砂などに分布していることが特徴的です。

鯏以外に魚へんがつく漢字の魚・貝は何がいる?

鯏のように魚へんがつく漢字は非常に数が多く、その種類は200近くに及びます。また、これらの魚へんがつく漢字には、鯏の「利」のような由来があるのでしょうか。ここでは、鯏以外に魚へんがつく漢字の魚・貝について7つ紹介します。

①魚へんに吉(鮚:はまぐり)

はまぐりはマルスダレガイ科に属し、アサリと同じく昔から多く食用されてきました。名前の由来は形が栗に似ていて、浜辺に分布しているため浜栗となったとされています。なお、漢字は魚へんに「吉」で、口を閉じる(結ぶ)二枚貝の意味で「吉」にしたという説が有力です。

②魚へんに希(鯑:かずのこ)

かずのこはにしんの卵で、粒の多いかずのこが子孫の繁栄を思わせることから、江戸時代より縁起食として用いられてきました。鯑のつくりである「希」は「晞」を省略したもので、「晞」は乾かすという意味があります。かずのこはにしんの卵は乾かして作るため、これが漢字の由来になっている理由です。

③魚へんに冬(鮗:このしろ)

このしろは戦国時代に多く獲れ、飯代わりにする魚の意味から「飯代魚(このしろ)」と呼ぶようになったといわれています。なお、漢字の由来は諸説ありますが、このしろが冬に穫れる魚のため「冬」をつくりにしたという説が一般的です。

④魚へんに未(鮇:いわな)

河川の岩陰などに生息するいわなは、岩場に棲む魚としていわな(岩魚)と呼ぶようになったといわれています。なお、魚へんのつくりに「未」をつけた漢字の由来は明らかになっていません。ただ、いわなは生息地によって形態が異なり、亜種もいくつかに分類されるため、識別しきれずに「未」をつけたという説があります。

⑤魚へんに東(鰊:にしん)

春に産卵で北海道沿岸に現れるにしんは、春告魚(はるつげうお)とも呼ばれています。名前の由来は身を二つに裂いて食べるため、二身(にしん)と呼ぶようになった説が有名です。魚へんの「東」は若いという意味で、30cmほどの細身であるにしんを指す漢字として当てられました。

⑥魚へんに神(鰰:はたはた)

冬の秋田県で雷が鳴ると沿岸に押し寄せるはたはたは、別名カミナリウオとも呼びます。激しい雷を指す「はたたがみ(霹靂神)」からはたはたと呼ぶようになり、冬に神が恵みを与える魚として魚へんに「神」を当てたと伝えられています。

⑦魚へんに包む(鮑:あわび)

平均15cmほどの大きな巻き貝であるあわびは、楕円形の殻に覆われて岩礁に生息しています。魚へんに「包」という漢字を当てる由来は、身を包んでいるように見えるためです。また、「包」には身を包む以外に魚のはらわたという意味もあり、塩漬け時にはらわたを取ることからも由来になっています。

魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんは読みにくい漢字が多いですが、読み方や由来を知っていればその魚の知識が深まり、人に教えることもできます。アサリ以外や今回紹介した魚・貝以外に、魚へんがつく漢字は色々あるので参考にしてみてください。

関連する記事