チョコぺンの使い方のコツは?文字の綺麗な書き方やデコレーション案を紹介!

チョコペンを使うコツを知っていますか?クッキー・プレートに上手く書きたいですね。今回は、チョコペン・デコペンの使い方のコツを<基本編・文字の書き方編・イラスト&キャラクターの書き方編>に分けて紹介します。<コルネ>などチョコペンの代用品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チョコペン・デコペンの使い方のコツは?可愛くデコレーションできる?
  2. まずはチョコペンを用途に合わせて選ぼう
  3. チョコペンの使い方のコツ|基本編
  4. ①温めながら使う
  5. ②一定のスピードで書く
  6. ③文字の太さは力加減で調整する
  7. ④ペンの切り口の位置を揃える
  8. ⑤細かい部分はつまようじを使うのがおすすめ
  9. チョコペンの使い方のコツ|文字の書き方編
  10. ①書く前にイメージを固めておく
  11. ②一文字ずつゆっくり書く
  12. チョコペンの使い方のコツ|イラスト・キャラクターの書き方編
  13. ①プレートのサイズに合わせた下絵を用意する
  14. ②クッキングシートで練習をする
  15. チョコペンでのデコレーション作品例!
  16. ①チョコペンで作る立体的なハート
  17. ②不思議の国のアリス
  18. ③お花のプレート
  19. チョコペンがない…代用品は何がある?
  20. ①チョコペンを手作りする
  21. ②コルネ
  22. チョコペンの使い方・書き方のコツを抑えよう!

③お花のプレート

チョコペンを使ってお皿を大胆にデコレーションする例で、誕生日のお祝いなどに豪華なプレートが作れます。一つ一つの柄は簡単なイラストで構成しているので初心者でも真似がしやすく、アイスやクッキー、ケーキなどを盛り付ければ華やかなプレートが手作りできます。

チョコペンがない…代用品は何がある?

チョコペンは100均などでも手軽に購入できますが、使いたい時に手元になくても身近なもので代用品が作れます。ここでは、チョコペンがない時に簡単に作れる代用品を紹介します。

①チョコペンを手作りする

チョコペンが手元にない時は、簡単な方法で手作りすることができるので、以下に作り方を紹介します。

1.クッキングシートを1/2の幅の長さにカットする
2.さらに半分に切り、正方形を作る
3.対角線でカットし、二等辺三角形を作る
4.底辺に当たるいちばん長い辺の1/4の場所を起点に円錐形にくるくる巻く
5.溶かしたチョコレートを入れ、開き口を止める
6.先端部分を少し切り、チョコレートが出るようにする


チョコペンがない時は、クッキングシートと市販のチョコレートでチョコペンを手作りできます。描きやすいサイズに切ったクッキングシートで、先端をとがらせた円錐形を作り、チョコレートを流し入れます。使うチョコレートは少量であれば、お湯につけずに電子レンジにかけて溶かすと便利です。

先端の切り方次第で、線の太さが決められます。使うチョコレートは市販の板チョコなどで構いません。

②コルネ

出典:https://www.cotta.jp/special/sweets/decolesson.php

チョコペンがない時はクッキングシートで円錐形のコルネを作り、代用できますが、アイシング用のコルネを使うとより便利です。OPPシートなどで作られたアイシング用のコルネに、溶かした市販の板チョコなどを流し込み、開き口を止めて使います。コルネの切り口によって太さが変えられるので、市販のチョコペンより細かい線を書きたい時もコルネが便利です。

チョコペンの使い方・書き方のコツを抑えよう!

チョコペンはクッキーやデザートプレート、チョコレートプレートなどのデコレーションに便利なグッズですが、使い方が難しいイメージがあります。しかし、使い方のコツをつかめば、簡単にオリジナルのデコレーションが楽しめるので、ぜひ試してみてください。

関連する記事