関サバ・関アジの旬の時期はいつ?値段や取り寄せ商品のおすすめも紹介!

関サバ・関アジの旬の時期がいつか知っていますか?今回は、関サバ・関アジの〈旬の時期&シーズン・値段・味わい〉など特徴を、普通のアジ・サバと比較して紹介します。関サバ・関アジの食べ方やおすすめの取り寄せ商品も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 関サバ・関アジとは?いつが旬で美味しいの?
  2. 関サバとは?旬の時期はいつ?
  3. 関サバの生態や味わいの特徴
  4. 関サバの旬の時期・シーズンは10〜翌年3月
  5. 関サバの値段
  6. 関アジとは?旬の時期はいつ?
  7. 関アジの生態や味わいの特徴
  8. 関アジの旬の時期・シーズンは3月から10月
  9. 関アジの値段
  10. 関サバ・関アジの旬の食べ方・レシピのおすすめは?
  11. ①関アジの刺身
  12. ②関サバの味噌煮
  13. ③〆サバ
  14. 関サバ・関アジの取り寄せ商品のおすすめも紹介!
  15. 関サバ|大分 関サバ りゅうきゅう 1袋80g×5人前(7,400円)
  16. 関アジ|一本釣り活け締め 関アジ 400g×2尾(7,000円)
  17. 関サバ・関アジを旬の時期に美味しく食べよう

関サバ・関アジとは?いつが旬で美味しいの?

関サバと関アジは、大分県の豊後水道で獲れるブランド魚として有名です。荒波で知られる豊後水道で育ったマサバとマアジは身が締まっていることで知られ、旬の時期には脂がのって美味しいです。ここでは大分県が誇るブランド魚である、関サバと関アジの旬の時期について説明します。

関サバとは?旬の時期はいつ?

関サバは豊後水道で漁獲されるマサバの中でも、大分県大分市の佐賀関で水揚げされたものをさします。高級ブランド魚として人気が高く偽物が多く出回ったことから、日本で初めて水産品として商標登録されました。ここでは、関サバの特徴や旬の時期について説明します。

関サバの生態や味わいの特徴

関サバは1年を通して水温の変化が少なく、潮流が速いことで知られる豊後海峡に生息しています。関サバの見た目は金色がかっており、お腹に線が入っているのが一般的です。他の地域のマサバと比べると体長が大きく、身が引き締まっているのが特徴となっています。

生息環境が安定しているので季節によって脂肪量が変動することもなく、1年中とろみのある脂が感じられる味わいです。

(*サバの種類や特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

鯖の種類や見分け方は?味・旬など違いある?産地別のブランドも紹介!

関サバの旬の時期・シーズンは10〜翌年3月

水温の変動が少ない豊後水道に生息している関サバの旬は、水温が下がり始める毎年10月から翌年の3月にかけてとなっています。水温が下がった中で泳ぐ関サバは、より身が締まることが理由です。この時期の関サバが一番脂がのっているので、新鮮なものを刺身で食べることをおすすめします。

関サバの値段

関サバ1匹の値段は大きさによって幅があり、2,000円から7,000円が相場です。一般的なマサバより価格が高いのは、関サバが1本釣りで水揚げされているからです。水揚げされた関サバは生け簀で1日泳がせ、目測で魚の重量を判断して値付けされます。

これは人間の手で関サバを触ると、魚が火傷をして質が下がるからです。そのため関サバは出荷する際にも最新の注意を払っており、それが価格にもあらわれていると考えられます。

関アジとは?旬の時期はいつ?

関アジは大分県の大分市や別府市と四国の愛媛県に挟まれた豊後水道で獲れるマアジをさし、高級ブランド魚として人気が高いです。関アジも関サバ同様の1本釣りで漁獲され、出荷にも最新の注意が払われています。ここでは、関アジの旬の時期と特徴について説明します。

関アジの生態や味わいの特徴

関アジは豊後水道に生息するマアジをさし、速い潮流の中で豊富なプランクトンを食べて成長します。頭が小さいにも関わらず尾が大きめの見た目をしており、体表は金色がかっていることが特徴です。関アジは身が締まっているのでコリコリとした食感が楽しめて、脂の甘味も感じられます。

(*アジの種類や特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事

×