離乳食のエビはいつから?1歳は大丈夫?安全な与え方・注意点など紹介!

エビは何歳から食べれるのでしょうか?エビフライなど<1歳>の子供・赤ちゃんに離乳食で与えてもいいのか心配ですよね。今回は、エビはいつから食べれるのかを、〈アレルギー〉など与える際の懸念・注意点とともに紹介します。エビの安全な与え方や、何歳からあげたか先輩ママの口コミも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. エビは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?
  2. エビは1歳〜1歳半頃が与え始める時期の目安
  3. エビを子供に与える際の懸念・注意点は?
  4. ①十分に加熱する
  5. ②甲殻類アレルギー
  6. エビの子供に安全な与え方は?
  7. ①まずは少量で様子を見る
  8. ②与える量・タイミングに注意する
  9. ③病院にいけるような状況にしておくと安心
  10. エビを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】
  11. エビを使った離乳食レシピ!
  12. ①エビ入りお焼き
  13. ②エビ入り中華丼
  14. エビ以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?
  15. エビを子供に与える際は注意点を守ろう

エビは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?

エビは子供から大人まで人気の魚介類で、エビフライや寿司ネタとしても親しまれています。身近で手に入れやすいエビですが、赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか。ここでは、赤ちゃんにエビをいつから食べさせても良いのかや、エビを使った離乳食などを紹介します。

エビは1歳〜1歳半頃が与え始める時期の目安

エビを赤ちゃんに食べさせる時は、1歳から1歳半頃を目安に与え始めるのがおすすめです。離乳食完了期になる1歳ごろから、赤ちゃんは色々な食べ物を消化できるようになります。ただし、油の多いエビフライなどは、胃腸に負担も多いので注意して、食べやすいおかずから食べさせるようにしてください。

エビを子供に与える際の懸念・注意点は?

エビを何歳から食べさせても良いのか判断しにくい時は、赤ちゃんにエビを与える時の注意点を知っておくと参考になります。ここでは、子供にエビを与える時の懸念点や注意点を紹介します。

①十分に加熱する

赤ちゃんにエビを食べさせる時は、十分に加熱したエビにすることが大切です。大人であれば、エビの刺身なども食べられますが、赤ちゃんは胃腸の発達が未熟で生ものは食中毒が起きる可能性も高いです。エビを食べさせる時は茹でるなどの下ごしらえをして、調理したエビにしてください。

②甲殻類アレルギー

子供がエビを食べたことによる甲殻類アレルギーを発症した時に見られる、代表的な症状を以下に紹介します。

・唇や口の中の腫れ、痛み
・腹痛、下痢
・吐き気や嘔吐
・じんましん
・呼吸困難
・目のかゆみや充血


エビなどの甲殻類は、他の魚介類よりもアレルギーが起こる可能性が高く、注意が必要です。子供がエビでアレルギーを発症した場合、口内や唇が腫れたり、痛みを感じることがあります。じんましんや肌のかゆみ、目の充血などの症状がみられることも多いです。

他にも、腹痛や下痢、嘔吐などの食中毒のような症状が出る場合もあります。アレルギー症状がひどい場合は、呼吸困難などの症状を起こすこともあるので、気を付けてください。子供は不快な症状があっても、うまく言葉で伝えられません。

エビを食べ始める時や離乳食に使った時は、よく子供の様子を観察して、いつもと違う症状が出たら、エビを食べるのをやめさせるようにしてください。

エビの子供に安全な与え方は?

赤ちゃんにエビを食べさせる時は、いつからだけでなく、食べさせ方にも気を付ける必要があります。ここでは、子供にエビを食べさせる時の安全な与え方について紹介します。

①まずは少量で様子を見る

赤ちゃんにエビを初めて食べさせる時は、少量から始めるのがおすすめです。子供に甲殻類アレルギーの症状が出ても、少量であればすぐに対処できます。まずはエビを少しだけ食べて、子供の様子に異変がないことを確認してから残りを食べさせるなどの与え方が安全です。

②与える量・タイミングに注意する

赤ちゃんにエビを食べさせる時は、与える量やタイミングにも注意が必要です。アレルギーを起こす心配もあるので、食べ始めは少量ずつにして、たくさん食べさせないようにしてください。また、普段エビを食べて問題なくても、体調が悪い時は食中毒やアレルギー反応が出やすくなります。

エビを食べさせる時は、子供の体調が良い時にして、少しずつ、胃腸が発達するのに合わせて食べさせるようにしてください。

③病院にいけるような状況にしておくと安心

子供にエビを食べさせる時は、以下のようなすぐに病院に行けないような日時を避けることも重要です。

・病院が空いてない土日祝日などの休日
・午後診療がない曜日
・夜間や早朝
・年末年始
・お盆休み


赤ちゃんにエビを与えるときはすぐに病院に行けるタイミングにしておくことも大切です。土日祝日などの病院が空いていない休日や、午後診療がない日を避けるようにしてください。アレルギーや食中毒などの異変があった時は、すぐに病院に行ける日時を選んで食べさせる方が安心です。

平日でも、夜間や早朝など病院が空いていない時間帯や、年末年始やお盆休みなどは避けるようにしてください。平日の昼前までに与えるようにすれば、エビを食べた子供が体調不良を起こしても、病院の午前中の診察に間に合います。

エビを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】

エビを何歳から食べさせればよいか迷っている人には、以下に紹介するような先輩ママの口コミが役立ちます。

・1歳から1歳半頃
・2歳から
・3歳から
・加工品から知らずに食べていた

エビをいつから食べさせていたかは、人によって異なりますが、ツイッターでのアンケートなどを参考にすると3歳ごろから食べさせている人が多いようです。口コミでは2歳以降という意見があり、1歳ごろから離乳食に加えているという人も見受けられます。

エビせんなどの加工品から知らずに食べていたという意見もあり、明確に何歳からという基準を持っていない人も少なくありません。ただし、食べ始めは蒸したエビなどが多く、エビフライなどの揚げ物を早くから食べさせている例はあまり見られないようです。

麦茶☻🐥1y

@ihi_0322

昨日夫がひとりで子守してた時に
海老入りの普通のおせんべいあげたらしい
えび…2歳からよ…
この前離乳食の○×リスト送ったのに〜
という朝

(Uho)たゆら@般若さん推し推し

@marlboro0908

来月2歳になる娘がいますが
そろそろ『海老』にチャレンジしようかと悩んでるので
お子さんがいる皆さんよければアンケートの協力お願いしますm(__)m

何歳から海老を食べさせましたか?
1歳半~
23.1%
2歳~
15.4%
3歳~
61.5%

MariN

@1112td

生物って何歳から?
3歳くらいになれば大丈夫かな?
今日2歳9ヶ月で蒸海老のお寿司少し食べたんだけど大丈夫だよね??
生じゃないし蒸してるけどヒヤヒヤする😹下の子なんてまだ1歳なのに食べたがるから当分お寿司食べられないなぁ笑

エビを使った離乳食レシピ!

エビは1歳ごろから離乳食に加えて食べさせることもできますが、どんなレシピがあるのでしょうか。ここでは、エビを使った赤ちゃんでも安心して食べられる離乳食のレシピを紹介します。

①エビ入りお焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/7114580

はんぺんとエビをつかった柔らかいお焼きのレシピで、具材に枝豆なども使うと1品で栄養満点の離乳食が作れます。エビは背ワタなどを取り、フードプロセッサーで潰すと手早く美味しいお焼きが作れます。

【離乳食完了期】海老とはんぺんのおやき by 倫敦堂 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが367万品

②エビ入り中華丼

出典:https://cookpad.com/recipe/5411786

豚肉やエビ、野菜を中華風の味付けで加熱した中華丼のレシピです。とろみをつけて食べやすくしていて、冷凍保存も可能なので便利です。具材は小さめに切って、ご飯を柔らかく炊くと赤ちゃんも食べやすい離乳食になります。

中華丼(離乳食完了期〜) by 柴福* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが367万品

エビ以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?

ラーメンのほかにも子供に与えるのに注意が必要な食べ物は、以下の通りです。

・生もの
・揚げ物
・生卵
・カフェインの多い食品


赤ちゃんはまだ胃腸が未発達なので食中毒の危険性が高く、エビを含む魚介類の刺身など、生ものには注意が必要です。3歳未満の子供は生ものを消化する力も弱く、生卵や半熟卵にも注意が必要です。また、1歳未満の赤ちゃんはエビフライなどの揚げ物も消化しにくいのでおすすめできません。手作りの揚げ物は少量であれば1歳ごろから離乳食に加えられます。

他にも、コーヒーやチョコレートなどのカフェインを多く含む食品も、子供の成長に悪影響を与える場合があるので、食べさせるのは控える方がおすすめです。

エビを子供に与える際は注意点を守ろう

エビはアレルギー症状も起こしやすく、子供に食べさせる時は注意が必要です。刺身などの生ものは食中毒も起こしやすいので、必ず加熱して食べさせるようにしてください。注意点を守れば、1歳ごろから離乳食にも加えられるので、紹介したレシピも参考にエビを食べさせてみてください。

関連する記事

×