手作りクッキーの賞味期限は?冷蔵・冷凍・常温で日持ちする保存法や食感を戻す裏技も紹介!

クッキーの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、クッキーの賞味期限を〈手作り・市販〉別に比較して、期限切れでも食べられるのかなど紹介します。クッキーの日持ちする保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の特徴にくわえ、湿ったクッキーの使い道も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. クッキーの賞味期限は長い?短い?
  2. 手作り・市販商品で大きく変わる
  3. 手作りクッキーの賞味期限はどのくらい?
  4. 手作りクッキーの賞味期限は3日〜1週間程度
  5. チョコ・バター入りのクッキーは賞味期限が短め
  6. 手作りクッキーの日持ちする保存方法は?
  7. ①常温で保存する
  8. ②しっかり密閉する
  9. ③乾燥剤と一緒に保存する
  10. ④焼き上がり後はしっかりと乾かす
  11. ⑤冷蔵庫で保管する
  12. 手作りクッキーを冷凍保存でより日持ちさせるには?
  13. クッキーを冷凍保存する方法・期間
  14. 冷凍クッキーを解凍する方法
  15. 市販クッキーは賞味期限切れでも食べられる?
  16. 賞味期限の定義
  17. 問題がなければ食べられる
  18. クッキーの賞味期限が切れたらどうなる?腐る?
  19. ①匂い
  20. ②見た目
  21. ③味
  22. 賞味期限切れの食感がないクッキーの使い道
  23. ①電子レンジでサクサク食感に戻す
  24. ②砕いてスイーツの材料にする
  25. クッキーの賞味期限に注意しよう

クッキーの賞味期限は長い?短い?

おやつとして人気の高いクッキーですが、賞味期限はどのくらいなのでしょうか。ここでは、クッキーの賞味期限について解説します。

手作り・市販商品で大きく変わる

手作りのクッキーと市販商品のクッキーの賞味期限には大きな差があります。手作りのクッキーの賞味期限は3日から1週間程度なのに対し、市販のクッキーは1ヶ月から半年のものが多く、中には賞味期限が1年以上の商品もあります。このような賞味期限の差は、加工方法や添加物などの違いによるものです。

手作りクッキーの賞味期限はどのくらい?

市販のクッキーに比べて賞味期限が大幅に短い手作りクッキーですが、その賞味期限はどのくらいか解説していきます。

手作りクッキーの賞味期限は3日〜1週間程度

一般的な手作りクッキーの賞味期限は1週間と言われていますが、出来立てのおいしさを保てるのは3日程です。保存時の湿度や温度、日当たりなどの環境や保存時のクッキーの水分量なども賞味期限には大きく関わっています。

しっかりと密封した容器の中で、高温多湿や直射日光を避けて保存すれば、1週間以上でもおいしさを保ちながら日持ちさせることが可能です。

チョコ・バター入りのクッキーは賞味期限が短め

クッキーの中にチョコレートやフルーツ・バターなどの材料が多く含まれる場合には、賞味期限が短くなります。これは、チョコレートやバターなどの水分の多いものがクッキーの中に含まれることで、クッキー自体の水分量が高まってカビが発生しやすくなることが原因です。

手作りクッキーの日持ちする保存方法は?

手作りクッキーは、賞味期限が長くても1週間程度とあまり日持ちしません。ここでは、手作りクッキーを日持ちさせるための保存方法を紹介します。

①常温で保存する

手作りクッキーは焼く時に高温になり、雑菌などは死滅して無菌に近い状態で仕上がるため、常温で保存しても傷みくいのが特徴です。常温で保管する場合は、高温多湿や直射日光を避けた場所で保管しましょう。外気の水分を吸収しないよう、ジッパー付きの保存袋などに入れておくとより長く日持ちさせられます。

ただし、夏場は湿度や温度が高くなりがちなので、冷蔵庫に入れるかなるべく涼しい乾燥した場所で保存することが大切です。

②しっかり密閉する

クッキーを保存するときは、しっかりと密閉できる容器で保存するとクッキーが湿気を吸収せずにサクサクとした食感を保つことができ、カビの発生も防ぐことができます。クッキーは空気に触れるとバターや油分の酸化が進むので、日持ちさせるためにもなるべく空気に触れさせないように保存することが大切です。

③乾燥剤と一緒に保存する

クッキーを日持ちさせたいときは、乾燥剤を活用するのもおすすめです。乾燥剤を入れておくことで湿気が吸収されるため、お菓子が水分を吸収して食感や味が悪くなるのを防ぐことができます。さらに、乾燥材を入れることでカビなどの繁殖を抑えて腐敗も防止できるので、クッキーの保存時はなるべく乾燥剤を使用するようにしましょう。

さらに、乾燥剤に加えて密閉容器を一緒に使うと、より外気からの湿気の侵入を防いで日持ちさせられます。

④焼き上がり後はしっかりと乾かす

焼き上がったばかりのクッキーは水分を多く含んでいるため、焼き上がり後はしっかり乾かすことで、カビや腐敗を防いで日持ちさせることができます。

ただし、焼き上がった後にオーブンのプレートの上に置いたままにすると、クッキーの裏側の水分を飛ばすことができません。焼き上がった後は、網などに乗せてクッキー全体が空気に触れやすい状態を作ることが大切です。

⑤冷蔵庫で保管する

手作りクッキーは、冷蔵庫で保管するとバターなどの酸化を軽減できるため、常温保存よりもより長く日持ちさせることができます。冷蔵庫内は他の食材の影響で湿度が高い場合もあるので、乾燥剤を入れた密閉容器に入れると良いでしょう。なお、冷蔵庫に入れる前はしっかりと粗熱と水分を飛ばしておくことが、日持ちさせるうえでの大事なポイントです。

(*クッキーの冷蔵保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

クッキーは冷蔵庫だとしける?正しい保存法やサクサク食感の復活させ方も紹介!

手作りクッキーを冷凍保存でより日持ちさせるには?

常温や冷蔵庫でも保存ができるクッキーですが、凍らせて保管することでクッキーの酸化や劣化を抑えてより長く日持ちさせられます。ここでは、冷凍庫での保存方法と食べる際の解凍方法を解説します。

クッキーを冷凍保存する方法・期間

焼き上げたクッキーを冷凍保存する際の手順は以下の通りです。

【手順】
1. 焼き上がったクッキーの粗熱と水分をしっかり飛ばす
2.クッキーを密閉容器に入れる
3.冷凍庫に入れて保管する


焼き上がった手作りクッキーを冷凍庫で保管する前には、しっかりと粗熱と水分を飛ばすことでより長期間日持ちさせることができます。保存の際は、密閉容器に入れてクッキーが湿気を吸収しないようにしておきましょう。可能であれば、密閉容器の中に乾燥剤を入れることで焼き立てのサクサクした食感を保つことができ、日持ちも長くなります。

手作りクッキーを冷凍保存した場合の日持ちは約1ヶ月です。また、冷凍することでクッキーに含まれる水分や油分が凍るため、油の酸化やカビの発生も防ぐことができます。

冷凍クッキーを解凍する方法

冷凍クッキーを解凍する際は、電子レンジで1分半程加熱するとサクサクを取り戻すことができます。自然解凍すると、結露の水分などでクッキーが湿って食感が損なわれる場合があるので注意が必要です。

なお、電子レンジを使用する際の加熱時間はクッキーの大きさや薄さによっても変わるので、様子を見ながら解凍しましょう。

市販クッキーは賞味期限切れでも食べられる?

さまざまな食品に記載されている賞味期限は、どのように定義されているのでしょうか。ここでは賞味期限の定義や、賞味期限が切れたクッキーが食べられるのかどうかを解説します。

賞味期限の定義

賞味期限は、メーカーなどが設定した「商品を美味しく食べられる期間」のことです。日本では本来の賞味期限に対して0.8以上1未満の安全係数をかけることが消費者庁によって推奨されており、本来の賞味期限よりも短い期限を表示するのが一般的です。(※1)

そのため、多くの商品は商品に印字されている賞味期限の期限を多少過ぎてもおいしく食べることができます。なお、商品によっては賞味期限ではなく消費期限が表示されている場合があります。消費期限は「未開封で保存した状態で安全に食べられる期限」のことを示しており、消費期限を超えると変質などを起こす可能性があります。(※2、3)

消費期限を超えた商品を消費者が食べて、体調不良を起こしたとしてもメーカーは保証することができません。消費期限を超えた商品は食中毒などの恐れもあるため、食べないようにしましょう。

問題がなければ食べられる

賞味期限は「商品を美味しく食べられる期間」のため、期限が過ぎると多少味が落ちる可能性はあるものの、食べることはできます。ただし、食べる前に見た目や香りなどに異変がないかを確認し、異変を感じた場合には食べないようにしましょう。

また、商品によっては賞味期限ではなく消費期限が表示されています。消費期限を過ぎた商品は体に悪影響を及ぼす可能性もあるので、食べずに処分することが大切です。

クッキーの賞味期限が切れたらどうなる?腐る?

クッキーの賞味期限が切れた後には、どのような変化が起きるのでしょうか。ここでは、賞味期限を過ぎて変質が進んだ場合の匂いや見た目・味の変化について紹介します。

①匂い

匂いの異変はこのようなものがあります。

・油が腐ったような匂い
・バターが酸化した匂い


クッキーに含まれるバターや油分が腐ると、不快な匂いを発するようになります。不快な香りがしたら、変質して傷んでいる証拠なので、食べることは避けた方が無難です。

②見た目

見た目の異変としては、以下のようなものがあります。

・表面にカビが生える
・クッキーを割った時に糸を引く


クッキーにカビが生えると、表面が白色や緑色などに変化します。そのほかにも、割った時に糸を引くような状態は細菌などが繁殖して変質が進んでいる証拠です。見た目が明らかに出来立ての時と異なる場合は、食べずに破棄するようにしましょう。

③味

味の異変としては以下のようなものがあります。

・パサパサで食感が悪い
・湿気ている
・酸っぱいような味がする
・かび臭い味がする


クッキーに含まれるバターや小麦粉が劣化すると、元の風味は大きく損なわれます。また、カビが生えた場合も独特の嫌な風味を感じるでしょう。バターや小麦粉が劣化していたり、カビが生えていたりすると、食べた後に腹痛や下痢などを起こす場合があります。口に入れた後に味の異変に気付いた場合は、飲み込まずに吐き出すようにしましょう。

賞味期限切れの食感がないクッキーの使い道

賞味期限が切れたクッキーは、食感が悪くそのままでは食べられない場合もあるでしょう。ここでは、サクサクした食感がなくなった賞味期限切れのクッキーの使い道を紹介します。

①電子レンジでサクサク食感に戻す

サクサクとした食感がなくなったクッキーは、ラップをせずに電子レンジで30秒ほど加熱することで、余分な水分が蒸発して食感が戻る場合があります。ただし、大きさや食べる量によって加熱時間は変わるので、様子を見ながら時間を調節するのがポイントです。電子レンジで加熱した後は、網などの上で乾燥させて水分と熱を飛ばすようにしましょう。

②砕いてスイーツの材料にする

賞味期限が切れたり湿気で食感が悪くなったりしたクッキーは、細かく砕いてスイーツなどの材料にするのもおすすめです。チーズケーキの土台やティラミスに混ぜることで、湿気で食感が悪くなったクッキーでもおいしく食べることができます。

クッキーの賞味期限に注意しよう

手作りクッキーは、市販のクッキーと違って保存料や添加物などが使用されていないため、賞味期限が短めです。工夫次第で長く日持ちさせることができるので、保存方法などに気を付けながら楽しみましょう。

関連する記事

×