世界の幻の魚ランキングTOP7を一覧で!一番珍しいのは?

世界の幻の珍魚を知っていますか?海や川には魚がたくさん存在し、中には幻の魚と呼ばれるものもいます。今回は、〈クエ・イトウ〉など、幻の珍しい魚ランキングTOP7を紹介します。世界一珍しい・養殖できない魚なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 世界の幻の魚は?一番は何?
  2. 幻の珍しい魚ランキングTOP7を一覧で!
  3. 7位:アオウオ
  4. 6位:ビワコオオナマズ
  5. 5位:クエ
  6. 4位:アラ
  7. 3位:アカメ
  8. 2位:イトウ
  9. 1位:シーラカンス
  10. 幻の魚を食べてみては?

世界の幻の魚は?一番は何?

地球上には魚が3万6000種類以上存在するといわれており、食卓でおなじみの魚から幻の魚といわれている珍しい魚までいます。世界で幻の魚とされているものには何があり、その中でも一番珍しい魚の種類はどれなのでしょうか。この記事では、珍しい魚について詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

幻の珍しい魚ランキングTOP7を一覧で!

今回は幻の珍しい魚についてランキング形式で7種類、世界一珍しい魚や幻の高級魚についても詳しく紹介します。中には美味しくて食用におすすめの魚もあるので、ぜひ参考にしてください。なお、以下で説明するそれぞれの魚の希少度は☆5つを最大として表しています。

7位:アオウオ

・値段:約2万円
・生息地:利根川
・体長:約1.5m
・重さ:約50kg
・希少度:☆☆

アオウオは食用目的で移入した魚で、中国では四大家魚のひとつとなっています。日本では、繁殖に成功した利根川水系の巨大外来魚となっていますが、その数は少なく幻の魚とされています。そんなアオウオは、小骨が多くほのかに淡水魚の味がするものの、白身でほとんどクセのない上質な肉質となっているため色んな料理に合うと評判です。

6位:ビワコオオナマズ

・値段:約2万円
・生息地:琵琶湖、瀬田川
・体長:1~1.2m
・重さ:約20kg
・希少度:☆☆

ビワコオオナマズは、釣り人の憧れの日本三大怪魚のひとつとなっており、夜行性であることから夜に釣れやすい魚です。また、魚食性であることから、生息地である琵琶湖において食物連鎖の頂点に君臨している幻の魚です。食用としてはあまり価値がないとされており、その味は白身で少し泥臭くなっています。

5位:クエ

・値段:約30万円
・生息地:西日本、東シナ海、南シナ海
・体長:1m越え
・重さ:30~50kg
・希少度:☆☆☆


珍しい魚は生態が分からず、養殖できないことが多いですが、クエは日本でも養殖されています。クエは幻の高級魚と言われており捕獲量が少ないため、出会ったら旬と呼ばれる魚としても有名です。また九州地方では、クエのことをアラと呼ぶことが多く、間違われやすいので注意が必要です。

そんなクエの味わいは絶品で、身はホクホク、皮はとろとろで旨味がしっかりあるとされています。鍋料理や唐揚げが定番とされていますが、刺身にすることで身以外に肝や胃袋も美味しく食べられるのでおすすめです。

長崎県対馬産「幻の魚クエ」一本売り3kg前後 対馬石川水産【楽天市場】

4位:アラ

・値段:約3万円
・生息地:北海道から九州まで
・体長:約80cm
・重さ:約30kg
・希少度:☆☆☆


アラは水深70~400mの層を生息域としており釣ることが難しいため、釣り人からは幻の魚といわれています。また、アラは養殖されている魚ですが、天然物では1kgで1万円ほどするので高級魚となっています。

値段がとても高いだけでなく、その味わいも裏切ることなく美味しいと評判です。秋から冬が旬で体が大きいほど美味しく、鍋に入れたり塩焼きにしたりなどさまざまな料理にアレンジ出来る万能な魚となっています。

アラ 超高級魚 新潟他 約2~3キロ 食通の魚 極上の刺身 冷蔵:Okawari【楽天市場】

3位:アカメ

・値段:約6万円
・生息地:西日本の太平洋地域
・体長:1m
・重さ:30kg
・希少度:☆☆☆☆

アカメは日本三大怪魚のひとつとされており、釣り人が憧れる幻の魚です。暗い場所で目が光に反射して光ることから、この名前が付いています。珍しい魚のため一般的に食べられることが少なく市場に出回ることもあまりないアカメですが、市場へあげられたときは1kgあたり2千円程度の値が付いたといわれています。

そんなアカメの味わいはとても淡白で、釣れる場所や個体によっても異なり、好みが別れるといわれています。また、アカメは大型になると臭みが増してくるため、中型がおすすめです。

【送料無料】アカメ(ラテス ジャポニカス)ワイルド 四万十川産《9cm前後》【marathon】アクアランド まっかちん【楽天市場】

2位:イトウ

・値段:約1万円
・生息地:北海道
・体長:1~1.5m
・重さ:約5kg
・希少度:☆☆☆☆


イトウは日本では北海道でのみ生息が確認されている淡水魚で、絶滅危惧種に指定されている幻の魚です。成魚になるまでには約5年かかり、20年ほど生きることから長寿の魚となっています。また、イトウはビワコオオナマズやアカメに並んで日本三大海魚のひとつとされており、釣り人にとっては憧れの存在です。

サケ科に属するイトウですが、その味わいはサケとは異なり淡白であまり美味しくないとされています。天然のイトウの旬は夏から秋ですが、天然物はあまり食べる機会がありません。一方、養殖されているイトウの旬は冬で、脂が乗っていて美味しいとの評判もあります。

【ふるさと納税】幻の魚イトウのうす造り(真空冷凍パック)170g【魚介類】青森県鰺ヶ沢町【楽天市場】

1位:シーラカンス

・値段:数千万円
・生息地:南アフリカ、ケニア、タンザニア、モザンビーク
・体長:2m以上
・重さ:約90kg
・希少度:☆☆☆☆☆

世界一珍しい魚といわれているシーラカンスは、3億5000万年前と変わらない姿であることから、生きた化石との呼び名が付いています。また、シーラカンスは日本ではまだ発見されていないため、養殖できない魚となっています。

そんなシーラカンスの肉質はゆるく筋膜には筋っぽさもあり、加えてアミノ酸が少ないことから旨味があまりないため美味しくはないようです。

幻の魚を食べてみては?

世界には幻の魚といわれる魚がたくさん存在し、中にはとても美味しい高級な魚もあります。川がたくさんあり海に囲まれた日本でも、イトウなど珍しい魚が釣れることもあります。機会があれば、珍しい魚釣りに挑戦してみたり、高級魚を食べてみたりして楽しんでください。

関連する記事

×