バターの賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は短い?保存の日持ちするコツも紹介!

バターの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、バターの賞味期限を〈開封後・未開封・手作り〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。バターの日持ちする〈冷凍・冷蔵〉での保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バターの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  2. 賞味期限の定義
  3. バターは腐ることが少なく長期間食べられる
  4. バターの賞味期限はどれくらい?
  5. ①開封後のバターの賞味期限
  6. ②未開封のバターの賞味期限
  7. ③手作りバターの賞味期限は3日程度
  8. バターの賞味期限が切れて腐るとどうなる?
  9. ①賞味期限が切れて劣化してる状態
  10. ②腐っており食べられない状態
  11. バターの日持ちする保存方法は?
  12. ①バターを冷蔵庫で保存する方法
  13. ②バターを冷凍保存する方法
  14. 冷凍バターの解凍方法
  15. バターを使う際の注意
  16. ①乾いた新しいナイフを使う
  17. ②他の調味料やパンくずを避ける
  18. ③バターの銀紙はそのまま使用する
  19. バターの賞味期限に注意しよう

料理中に、炒めていた菜箸や他の調味料などをすくった道具でバターも扱うことがあるでしょう。また、パンをカットしたナイフでそのままバターを取ることもあるかもしれません。 他の素材やその素材の水分が、カビの発生の原因になることもあるため、バターを扱うナイフやスプーンは別のものを使用するようにしてください。

③バターの銀紙はそのまま使用する

購入した時に包んである銀色の紙は、捨てずに最後まで使用しましょう。銀紙はアルミパーチと呼ばれ、アルミ箔と硫酸紙を貼り合わせた硫酸紙です。耐油性と耐水性に加え、光と酸素から守る包装紙になるので酸化されやすく、風味劣化するバターを品質を維持するためについています。

使用する場合には、銀紙を開いてカットするより銀紙ごとカットして使う方が良いでしょう。

バターの賞味期限に注意しよう

バターは適切に冷蔵、冷凍保存することで賞味期限切れの後も使うことができます。品質を保つためには水分が少なく、酸化されにくい環境を作ることが非常に重要です。今回紹介した保存方法をチェックしながら、バターを安全に使いましょう。

関連する記事